すべての和菓子が糖質1個当たり10g以下に抑えられている驚きの「ロースイーツ」

すべての和菓子が糖質1個当たり10g以下に抑えられている驚きの「ロースイーツ」

記事詳細


紹介している商品


甘さを抑えてもしっかりとした旨みが感じられる和菓子

  • すべての和菓子が糖質1個当たり10g以下に抑えられている驚きの「ロースイーツ」
  • すべての和菓子が糖質1個当たり10g以下に抑えられている驚きの「ロースイーツ」

甘さを抑えた和菓子がこのところ小さなブームを呼んでいます。スイーツは甘いに限る!という時代に育った私は最初どんなものかなと思っていました。

 

ところが。

 

甘さを抑えた分、小豆や葛練りの味わいに、スーパーフードを忍ばせたしっかりとした旨みが閉じ込められて、物足りなさを感じることはありません。

 

今回ご紹介するロースイーツは2種類ありまして、「福もちセット」と「葛ねりん」。

福もちセットは4種類の味わいが楽しめます。食物繊維が含まれたもち麦、ミネラルを手軽に補給できる竹炭パウダーうを使った竹炭‐福など、1個当たりのカロリーもほとんどが81kcal以下に抑えられています。

 

「葛ねりん-抹茶」はカテキンなどの栄養素を含み、「葛ねりん-焙茶」はリラックス効果のあるテアニン成分が含まれています。プリンとは違う、ふにゃっとした食感はとても印象的です。

 

 

すべての和菓子が糖質1個当たり10g以下に抑えられているのも驚きです。インパクトよりも上品さをしっかり感じ取ることができます。このロースイーツの仕掛人は日本橋でカンターフレンチビストロのシェフを務めていた岩田朱理さん。結婚、出産のタイミングをみながら連日大盛況だった小さな人気ビストロをあっさりと閉めて、落ち着いたところで兼ねてよりプランを温めていたロースイーツだったのです。

 

現在のガストロノミーは味わいのはっきりとしたインパクトのある料理ばかりになってしまっています。強い塩で素材を締める、またはしっかりと煮詰めて強いソースに仕上げる。そういった流れの中にいると味覚は「濃いもの」にどんどんシフトしていきます。

 

そのような流れの中に登場したロースイーツ。甘さを抑えてもしっかりとした旨みが感じられる和菓子はこれからのスイーツのトレンドになる気がしています。

 

いくつか組み合わせはありますが、4種類の「お餅」と2種類の「葛ねり」を詰め合わせた

「ちょっとお得なセット(3,500円)」がおススメです。

 

※掲載情報は 2019/12/13 時点のものとなります。

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
すべての和菓子が糖質1個当たり10g以下に抑えられている驚きの「ロースイーツ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

嶋啓祐

フードビジネスデザイナー

嶋啓祐

全国の農村漁村をくまなく巡り、そこで使うホンモノの素材を探すことをライフワークにしています。ホンモノはいつも隠れているものです。全国の肥沃な土地で、頑固で不器用な生産者が作る「オーガニックな作品」を見つけて、そこ料理人が少し手を加える。それが「ホンモノの料理」です。注目しているのは島根(出雲、石見、隠岐)、石川(能登)、佐渡、岩手(釜石、紫波、雫石)、宮城(石巻)北海道(網走)など。毎月足を運び、民泊に泊まり、地元の方々とのコミュニケーションを作るのが楽しみです。総合情報サイト、オールアバウトでフレンチを書き続けて13年になり、書いた記事は380本に上ります。趣味は全国の神社巡りとご朱印集め。自然豊かな日本全体が食の宝庫です。自然、風土、生産者、素材、そして流通と料理人とその先にいる顧客。食に関わるすべての方が幸せになるような「デザイン」を仕事にしています。1963年に北海道は砂川(日本一美味しいお米がとれる)で生まれ、18歳上京。大好物はイクラ、クレソン、納豆、ハーブ、苦手なのは天津丼(食べたことがない)、奈良漬、豚足、酢豚、焼酎。

次へ

前へ