驚きのチーズケーキが北海道に隠れていた。

驚きのチーズケーキが北海道に隠れていた。

記事詳細


紹介している商品


北海道のふわふわとしたパウダースノーをイメージ

私のふるさと、北海道は砂川市。その小さな町には全国区のHORIや北菓楼のほかローカルで有名なスイーツショップが並ぶまさにスイーツロードなんです。

今回ご紹介する岩瀬牧場はその名の通り、「牧場」です。まさに牧場直結のスイーツ。多くの個性的な商品が並ぶ中、私のベストはこの「牧場の淡雪」であります。

 

まず目に留まるのはその白さ。クッキーの風味を効かせたタルトに岩瀬牧場で搾乳された
新鮮な牛乳とクリームチーズ、ヨーグルトを加えた牧場の淡雪。北海道のふわふわとしたパウダースノーをイ

メージした上品なスイーツに仕上げられています。

 

牧場の淡雪の魅力は、ふわふわとした雪のような食感とヨーグルト風味のやさしい味わいにあります。中には刻んだ黄桃が入っていて、その甘さは極めて控えめ。そのせいか、しつこさも少なく、食べ飽きることもありません。ですので、食べ過ぎてしまいます(笑)!お取り寄せするなら2つ以上で注文することをおススメします。

 

手土産やホームパーティーの〆のスイーツにぴったり。初夏に爽やかなスイーツとしてぜひ楽しみたい逸品です。

※掲載情報は 2019/05/03 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
驚きのチーズケーキが北海道に隠れていた。
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

嶋啓祐

フードビジネスデザイナー

嶋啓祐

全国の農村漁村をくまなく巡り、そこで使うホンモノの素材を探すことをライフワークにしています。ホンモノはいつも隠れているものです。全国の肥沃な土地で、頑固で不器用な生産者が作る「オーガニックな作品」を見つけて、そこ料理人が少し手を加える。それが「ホンモノの料理」です。注目しているのは島根(出雲、石見、隠岐)、石川(能登)、佐渡、岩手(釜石、紫波、雫石)、宮城(石巻)北海道(網走)など。毎月足を運び、民泊に泊まり、地元の方々とのコミュニケーションを作るのが楽しみです。総合情報サイト、オールアバウトでフレンチを書き続けて13年になり、書いた記事は380本に上ります。趣味は全国の神社巡りとご朱印集め。自然豊かな日本全体が食の宝庫です。自然、風土、生産者、素材、そして流通と料理人とその先にいる顧客。食に関わるすべての方が幸せになるような「デザイン」を仕事にしています。1963年に北海道は砂川(日本一美味しいお米がとれる)で生まれ、18歳上京。大好物はイクラ、クレソン、納豆、ハーブ、苦手なのは天津丼(食べたことがない)、奈良漬、豚足、酢豚、焼酎。

次へ

前へ