地球とカラダと財布に優しい!美味な自然・有機栽培農産物のあんしん食材クラブ

地球とカラダと財布に優しい!美味な自然・有機栽培農産物のあんしん食材クラブ

記事詳細


紹介している商品


自然栽培に特化した食材をリーズナブルに宅配してもらえる

地球とカラダと財布に優しい!美味な自然・有機栽培農産物のあんしん食材クラブ

自然栽培・無農薬・有機農産物をいただくことが当たり前になっている私ですが、こちら群馬県甘楽の強矢さんが運営する「あんしん食材クラブ」さんの農産物や加工品は、美味な上、申し訳ないくらいリーズナブルにいただけてしまう有り難い宅配サービスをしています。

 

・穀物類
主食となるお米や小麦ですが、私たちにとって穀類は最も多く、食す食品なるので安心して良いものを食したいものです。
米:お米は無農薬で作るには、かなり骨が折れる作業となります。そして自然栽培のお米は肥料を使わないので、一生懸命栄養を摂ろうと根が地中深くにしっかりと太く根付いて、丈夫で強いお米が出来上がるのです。しっかりとミネラルを取り入れ、甘やかされていない健康で丈夫なお米をカラダに入れたいですね。「甘楽の自然米」は、さっぱりとした自然な旨味を感じられるお米です。「イセヒカリ」は伊勢神宮の“神田”で発見された珍しい品種で、こちらも自然栽培米です。MOA認証もとっています。
小麦:自然栽培地粉として販売されていて、なかなか手に入らない自然栽培の小麦がリーズナブルにいただけしまう有り難い商品です。農林61号といい、昔ながらの小麦粉の品種になります。ヨーロッパをはじめ、生産性やコスト重視で品種改良が繰り返されてきた小麦が、私たちの健康に今、様々な影響を及ぼしています。栽培方法に加え、品種も安心できるおすすめの小麦粉です。そして、この小麦を使った麺も、なんと購入できるのです。こちらも有り難い一品です。ひもかわ(平打ち太麺)、うどん、冷や麦、そうめんの4種があって年中安心して食すことができます。

 

・果物 
農薬が一般的に多く使われる果物。無農薬が少なく、栽培が難しいといわれますが、こちらでは季節ものが手に入ることがあります。今回、私が購入したのは、有機栽培のキウイでなんと11個(1㎏)入って600円。驚くべき安さ。しっかりとした大きさと実です。こちらは植物性堆肥を若干使っていますが、人口のエチレンガス(熟れさせるために使用するもの)を使わずリンゴで自然な方法を使っているとのことです。果物は特に季節によって手に入るものが限られますので、その季節ごとの楽しみとして食せるとよいですね。

 

・鶏卵 
卵はビタミンC以外を含む「完全食品」といわれますが、豊富な栄養を摂取できる食品です。健康な鶏が産んだ卵をカラダに取り入れたいと思わないでしょうか?こちらの卵は、鶏が食べる生の餌、雑草やミミズがいる開放的な場所に居る鶏が産む卵です。10個で350円とは、これまた申し訳ないほどのお値段です。なかなか割れない殻と、簡単には崩れず濃厚な味の黄身。本来、“鶏が食すべきもの”を食べ、“自然界の動物が健全に生きるための環境“で育つ鶏の卵は本物です。

その他、ここには掲げきれない、季節の農産物がたくさんあります。本物の食材を旬ごとに美味しくいただくことが出来るので、一消費者として本当に本当に感謝しています。

自然な農産物から作られた加工食品

地球とカラダと財布に優しい!美味な自然・有機栽培農産物のあんしん食材クラブ

この「あんしん食材クラブ」では、野菜や穀類などだけでなく、それらを使って作られた加工食品も購入することが出来ます。毎日使うお味噌や醤油や油などの調味料から、ときどき楽しみたい梅ドリンクや蜂蜜などもあります。

 

・椎茸(原木椎茸)
キノコは種ごまをもとに作られますが、その種ごま、一般的には廃材が使われます。廃材といってもいろいろあるでしょう。こちらの椎茸の製法は、日本でも珍しく、ナラの木を使っています。肉厚でしっかりとした香り、そしてなんといっても味が濃い。一枚でどれだけの旨味成分がとれるのかと想像してしまうほど美味しいです。

 

・味噌 
もともと農協に勤めていた方が、新たに美味しく安全で美味しい味噌を作りたいと始めたとのことです。大豆は自然栽培で青大豆が多く、白大豆に比べると、ほんのり甘味とまろやかさがあります。市販の普通の味噌は熟成期間3か月以下が多く、あっても1年が普通です。こちらの味噌は、最低でも2年は熟成している深みのある味わいが特徴です。 

 

・こんにゃく 
こんにゃくは非常に病気になりやすい農産物で、実は普通、大量のお薬を使うようです。それが雨に流れると環境にも影響を与えます。また、連作により土に力がなくなるので、薬を繰り返し使わなければならないというわけです。こちらの生産者さんは、これを避けたく、輪作(間隔をおいて栽培する)し、薬のかわりに石灰を使っています。環境や人体に良いものを作りたいという熱意から出来上がったとても貴重なこんにゃくです。どれも歯ごたえがあり美味しいのですが、一番分かりやすかったのが、刺身こんにゃく。しっかりとしていながら、もちもちとしていて食べ応えがあります。是非、おすすめしたい逸品です。 

 

その他、梅干し、梅酒や甘酒、お漬物、納豆など自然栽培や有機栽培の農産物を原料に、一から心を込めて作られた商品も購入することが出来ます。スーパーなどでは、手に入れることができない製造者さんの情熱が込められた加工食品を食せることは、現代では“本物の贅沢”といえるでしょう。

本当の食を家庭で楽しみたい

地球とカラダと財布に優しい!美味な自然・有機栽培農産物のあんしん食材クラブ

こちらで購入した農産物や加工食品、卵などを有り難く使って料理にし、美味しくいただけること、なんて豊かなのでしょう。一生懸命作ってくださる方々を支えるのは、やはり消費者です。より多くの人にこの豊かさ美味しさを伝えられればといつも思いながら、食に携わる仕事をしています。本物の美味しい食材を少量いただいて“足りる”を知る、そんな食生活は素敵だと思いませんか。

※掲載情報は 2019/03/21 時点のものとなります。

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
地球とカラダと財布に優しい!美味な自然・有機栽培農産物のあんしん食材クラブ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

麻乃じゅん

自然派栄養士・ソムリエ

麻乃じゅん

国内の航空会社に国際線客室乗務員として在職中、ソムリエ資格を取得。退職後、栄養士養成大学で学び、管理栄養士免許をはじめとする食や健康に関する資格を取得。自治体や民間企業、クリニックなどで公衆栄養、栄養教室、個別栄養相談などの業務にあたり、過去3000人以上のカウンセリング経験も持つ。現代栄養学や西洋医学の現場で”真の健康”や“幸せのための食”を追求する。しかし自身を含め、お客様も心身共に健康になり切れない現実より、自身のアドバイスや講義に疑問を持ち始める。そして「食物と自然」「心と体」などの切っても切り離せない関係を重視した東洋医学的な視点より、食や心身の健康について学ぶ。そこで現代人が忘れている「自然に生かされていること、自然と調和することの大切さ」などに気付き、フリーランスとしての活動をスタートする。また、福島県に生まれ育った者として、2011年の原発事故以後、その思いが強くなり、更に活動の範囲を広めている。現在は、講演活動、講座や教室、ワインセミナーなどを通し、現代人の食との向き合い方、自然栽培やオーガニック食品の素晴らしさ、手作りや料理の大切さなどを様々な場で伝えている。

次へ

前へ