平成の節目に味わいたい!創業150年の老舗がつくった「平成」という名の特別な醤油

平成の節目に味わいたい!創業150年の老舗がつくった「平成」という名の特別な醤油

記事詳細


紹介している商品


甘味料無添加。熊本で馴染みの「赤酒」と高級砂糖「和三盆」で味わい深い甘さを実現

こんにちは、熊本マイスターの大平みなです。九州の醤油といえば、甘くてトロッとした濃い醤油を思い浮かべる方も多いかもしれませんね。

平成の節目に味わいたい!創業150年の老舗がつくった「平成」という名の特別な醤油

今回ご紹介する甘口醤油は、そんな常識を覆すような新しい時代にぴったりの甘口醤油。その名も「平成」。
フンドーダイの特醸甘口醤油です。九州の人はもちろん、甘口醤油未体験の方にも是非味わっていただきたい逸品です。

平成の節目に味わいたい!創業150年の老舗がつくった「平成」という名の特別な醤油

2019年3月に、創業150年を迎える「フンドーダイ」は、地元熊本の人たちに愛され続ける醤油・味噌づくりの老舗。最近では、独自の技術でつくるアルコールフリー醤油の海外進出や透明醤油の開発など、新しいことにも挑戦し続けています。

平成の節目に味わいたい!創業150年の老舗がつくった「平成」という名の特別な醤油

そんなフンドーダイが時代の節目に、これまで150年で培ってきた技術の集大成とも言える極上の味を追求した醤油が、特醸甘口醤油「平成」です。

平成の節目に味わいたい!創業150年の老舗がつくった「平成」という名の特別な醤油

無添加の甘さにこだわった「平成」は、九州の甘さに慣れていない人にも楽しんでもらえるよう、何度も試行錯誤を重ねて作り上げられました。

平成の節目に味わいたい!創業150年の老舗がつくった「平成」という名の特別な醤油

材料は、九州産の大豆と小麦、さらに高級砂糖の和三盆。そして古くから熊本に伝わる地酒の一種「赤酒」。

平成の節目に味わいたい!創業150年の老舗がつくった「平成」という名の特別な醤油

「赤酒」は熊本では馴染み深いもので、郷土料理はもちろんお正月にはお屠蘇の定番にもなるんですよ。

平成の節目に味わいたい!創業150年の老舗がつくった「平成」という名の特別な醤油

「平成」を味わってみると、深いコクがありながら後味スッキリとした甘さが、香りとともに広がります。

平成の節目に味わいたい!創業150年の老舗がつくった「平成」という名の特別な醤油

このスッキリとした後味は、九州生まれの私でも驚くほど。優しい甘さは、かけてもつけても素材の味にぐっと深みを与えてくれるので、シンプルなお料理とも相性抜群。

平成の節目に味わいたい!創業150年の老舗がつくった「平成」という名の特別な醤油

意外にも、ホットケーキやアイスクリームなどスイーツのシロップ代わりとしても楽しめるんです。

平成の節目に味わいたい!創業150年の老舗がつくった「平成」という名の特別な醤油

取材中、長年醤油をつくり続ける職人さんと開発に携わる若い社員さんが穏やかに話をしていたのがとても印象的でした。次の時代へ繋がる新しい商品が生まれる瞬間だったかもしれませんね。
創業150年の老舗がつくる後世に繋ぎ続ける極上の味を是非味わってください。

平成の節目に味わいたい!創業150年の老舗がつくった「平成」という名の特別な醤油

※掲載情報は 2019/02/27 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
平成の節目に味わいたい!創業150年の老舗がつくった「平成」という名の特別な醤油
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

大平みな

フリーアナウンサー/ナレーター

大平みな

1999年、(株)熊本県民テレビに入社。情報ワイド番組「テレビタミン」のリポーターとして、美味しいモノ・コト・ヒトをみつけるため、熊本県内を駆け巡る日々を送る。

また報道記者としても活動。熊本の「教育」や「福祉」をテーマに取材する。2009年に退社し、ナレーションを勉強するため上京。東京で、熊本県の食材が多くのレストランや料亭で愛されていることを知る。

2016年、熊本に戻り、リポーターの活動を再開。「食」と「医療」に精通しているディレクターとともに「くまもと プレミアム セレクション」と題して、まだまだ県内に眠っている美味しくて体によいモノを探すテレビ企画を展開中。

プライベートでは二児の母。趣味は、読み聞かせ・温泉・熊本お取り寄せグルメ探訪。

次へ

前へ