静岡産100%の茶の実から丁寧に絞ったティーオイル「茶ノ実油」

静岡産100%の茶の実から丁寧に絞ったティーオイル「茶ノ実油」

記事詳細


紹介している商品


さっぱりとした口当たりでナッツのようなコクのティーオイル

茶について、唐の時代の陸羽は「南方の嘉木なり」と、鎌倉時代に栄西は「養生の仙薬なり」と記しています。古くは薬として、やがて嗜好品として広く愛されてきたのが茶です。
特に、不発酵茶である緑茶は、冬に流行る風邪やインフルエンザの予防にも良いとか。冬にはあったかい緑茶を飲むといいですね。


今回は茶葉ではなく、その実からゆっくり丁寧に絞った食べるオイル「茶ノ実油」を紹介します。

私はこのオイルを静岡で見つけました。シックなダークグリーンのパッケージの上部には茶の枝と実のイラスト、下部には小さな茶の坊やがちょこんと座るイラストが入っています。「茶の実の精」のようでキュートな坊やに何だか惹かれて、手に取りました。白形傳四郎商店という茶の老舗の商品。100%静岡県産のお茶の実から絞ったオイルってどんな風味何だろうと思い味わってみることにしたのです。

静岡産100%の茶の実から丁寧に絞ったティーオイル「茶ノ実油」
静岡産100%の茶の実から丁寧に絞ったティーオイル「茶ノ実油」

パッケージ上部の写実的なイラストと下部にあるかわいい茶の坊やのイラスト

茶の実のオイルは、一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸が多く、二価不飽和脂肪酸のリノール酸はオリーブオイルの2倍以上あるそうです。ビタミンEも多く、Bカロテン、CoQ10も含むため、体にうれしいオイルです。

 

茶は照葉常緑樹ですから、凍てつく冬にも生き生きとした色を見せてくれます。新幹線の車窓から見る深緑色の茶畑の姿にいつもエネルギーをもらっている私ですが、静岡の茶園の面積は年々減少しているそうです。日本の美しい景観のひとつである茶畑を守り、その恵みを十二分に活用するために生まれたのが「茶ノ実油」です。また、実の収穫は茶葉の収穫を行わない冬の間に行うことで、茶生産農家のサポートにもなるのです。

 

ボトルを開けると、草に似た茶の種の香りがします。口に含むとサラッとした感覚の中に、ナッツのような濃厚な甘さと味が広がります。

静岡産100%の茶の実から丁寧に絞ったティーオイル「茶ノ実油」

ベビーリーフのサラダ用ドレッシングに、ステーキには最後に一掛けして
まず、サラダのドレッシングオイルとして使うと味と香りを生かせます。あっさりとした
赤身ヒレのペッパーステーキの焼き上がりにも一掛けしてみました。
タコのカルパッチョは、ビネガーでマリネして、塩・胡椒、「茶ノ実油」で炒めたガーリック、ナッツを散らし、パセリと鷹の爪を振り、「茶ノ実油」を回しかけます。ナッツを加えるのがポイントです。

静岡産100%の茶の実から丁寧に絞ったティーオイル「茶ノ実油」

ナッツとの相性がとても良い

冷奴にも一掛けするとコクが出ていいですよ。時々、朝食の味噌汁にスプーン一杯加えることもあります。一日の良いスタートが切れるように思います。茶の実から絞ったオイルなので、食事中の日本茶との相性もバッチリです。

静岡産100%の茶の実から丁寧に絞ったティーオイル「茶ノ実油」

冷奴に一掛けするだけで、いつもと違った一品に!

静岡産100%の茶の実から丁寧に絞ったティーオイル「茶ノ実油」

具沢山の味噌汁にも最後にも一掛け コクが出てエネルギーもチャージ!


ナッツ入りクッキーを焼くなら、バターを控えめにして「茶ノ実油」を少し加えると、ナッツの味と香りをグンと引き立ててくれます。

 

105ml入りボトルはスリムで小ぶりなので、卓上に置いても邪魔にならず、すぐに何にでもサッとかけることができます。開封後は早めに使い切ったほうが、酸化や劣化の心配がないと思います。劣化が気になるようなら、パッケージに入れ光を遮断して涼しいところで保管するといいですね。
住所:静岡市葵区神明町96-1
電話番号:0120-17-1046

紹介しているお店
株式会社白形傳四郎商店

※掲載情報は 2019/01/28 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
静岡産100%の茶の実から丁寧に絞ったティーオイル「茶ノ実油」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

長尾典子

ライフスタイルデザイナー

長尾典子

日本伝統の知恵と美を取り入れた心地良く美しく暮らし”Nippon Stylish Life”を提唱。
西宮市のサロンを中心に全国各地で、テーブルコーディネート・料理・英語・食文化の各種レッスンとセミナー、イベント等で幅広く活動中。
季節ごとに開催の「Japan Cool Seminar in Tokyo」は日本伝統美味食をテーマに、レストラン・料亭を会場に、その日だけのオリジナル料理を味わいながら学ぶCoolな講座。
旅館・ホテルの食空間提案、英語による日本の食と文化の講師、オリジナル食器デザイン販売も手掛ける。
著書『12か月のLifestyle Book 食卓からしあわせは始まる』エピック
食卓文化研究家、食空間コーディネート資格認定講師、卓育インストラクター、カラーコーディネーター、英語講師。
京都文教短期大学、大阪夕陽丘短期大学非常勤講師、大阪調理製菓専門学校講師。
奈良女子大大学院 生活環境修士を経て、博士後期課程 伏木亨研究室在籍。
イベント・セミナー等詳細はHP http://www.a-de-v.com
お問い合わせはnagao@a-de-v.com まで。

次へ

前へ