入手困難!?在庫限りで販売終了のチョコレートの組合が作る巨大板チョコ!

入手困難!?在庫限りで販売終了のチョコレートの組合が作る巨大板チョコ!

記事詳細


紹介している商品


巨大な板チョコの正体は?

今から10年程前だったか、イベントの来場者へお渡しする手みやげを探しているときに、たまたま見つけたチョコレートがありました。それが日本チョコレート工業協同組合のデラックスミルクチョコレート。

入手困難!?在庫限りで販売終了のチョコレートの組合が作る巨大板チョコ!

この特製板チョコ、30cm×90cm、重さ350gというビッグサイズ。しかもかなり分厚い! 一般的な板チョコの5、6倍サイズで、パソコンのキーボードに匹敵する大きさといえば、わかりやすいでしょうか。カカオ豆から一貫した品質管理のもとに作られており、カカオの香りが感じられる、まろやかなミルク風味。子供の頃から慣れ親しんだ、安心できる“正しきチョコレート”の味がします。

日本チョコレート工業協同組合とは?

日本チョコレート工業協同組合は、昭和24年に設立された、メリー、ヨックモック、モロゾフなど全国のメーカー32社が加盟する団体。美味しいチョコレート作りのため、共同出資で原料チョコレートを生産しています。当然、それは一般には流通してないのですが、実は毎年10月になると数量限定で、電話による通販と東京・板橋区にある組合の窓口でのみ販売をしています。但し、通販は1ケース単位(板チョコレート×30枚入り)でしか申し込みを受け付けていません。毎年販売を心待ちにしている人もおり、過去には早々に売り切れてしまうこともありました。このサイズの板チョコ30枚となると、なかなかハードルが高いかもしれませんが、そのまま贈り物にしても、この板チョコをご存じない方には「珍しい!」と喜ばれること間違いなし。また、元々材料用ということでスタンダードなお味ですから、ガトーショコラやトリュフなど、お菓子作りの材料に使ったり、溶かしてホットチョコレートにしたりとなかなか使えますよ。

入手困難!?在庫限りで販売終了のチョコレートの組合が作る巨大板チョコ!

※掲載情報は 2015/02/12 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
入手困難!?在庫限りで販売終了のチョコレートの組合が作る巨大板チョコ!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

椿

ご当地グルメ研究家/日本外食リサーチ&PR協会理事​

椿

日本全国の美味しいモノを世の中に残すために日々奮闘中。「その地域で長く愛されているローカルフード」を探し、そこに如何に根付いているのかを研究。職業は“テレビの中の人”。WEB、雑誌などでも、グルメ情報に関するリサーチ・取材・レシピ提供・寄稿を行っている。耕作放棄地を再び田んぼにして酒米を作り純米酒にする「僕らの酒プロジェクト」に参加。
日本外食リサーチ&PR協会理事​

次へ

前へ