夏の新潟・長岡花火が待ち遠しくなる!大輪の花のような3尺玉をイメージしたパイ

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2018/10/25 公開

記事詳細

夏の新潟・長岡花火が待ち遠しくなる!大輪の花のような3尺玉をイメージしたパイ

紹介している商品

紹介しているブランド


100万人が見る長岡花火のパイ

夏の新潟・長岡花火が待ち遠しくなる!大輪の花のような3尺玉をイメージしたパイ

新潟は花火王国だ。信濃川に広がる長岡の花火大会、日本一の4尺玉の上がる片貝花火大会、海面に扇のように広がる柏崎花火。プロポーズや結婚式、還暦祝いに、一回忌など、なにかの節目に花火を自分たちで上げる風習がある。大きな花火大会がある所には、花火貯金があるくらいだ。花火に並ならぬ情熱と思い入れがあるのが新潟県民だ。

 

スケールの大きさで言ったら、長岡花火が一番かも知れない。毎年、8月の2、3日の2日間に100万人がやってくる。駅はヒトで溢れ、新幹線ホームになかなかたどり着けない。一年で一番人口が密集するのがこの日なのだ。

 

もともとは、長岡大空襲の鎮魂と平和への願いを込めた花火大会だったが、信濃川に広がるパノラマの花火のスケールが話題を呼び、今や、世界からインスタグラマーがやってくるイベントとなっている。画伯、山下清の「長岡花火」はパノラマを上手く表現し、有名となった。その長岡花火のパイがある。

夏の新潟・長岡花火が待ち遠しくなる!大輪の花のような3尺玉をイメージしたパイ

赤い箱の中には

夏の新潟・長岡花火が待ち遠しくなる!大輪の花のような3尺玉をイメージしたパイ

個包装された厚手のパイ。開けてみると

夏の新潟・長岡花火が待ち遠しくなる!大輪の花のような3尺玉をイメージしたパイ

大輪の花、3尺玉をイメージしたパイ。放射線状に広がるパイ層が、花火の星の様だ。クラニュー糖が輝きにさえ見えてくる。サクッ、ではなく、カリッとする、しっかり系のパイである。

 

口の中で噛み砕く音が、長岡のスターマインのように連打で響く。食べていて楽しくなる。この記事がアップされる前日、10月24日には長岡花火のことが放送されていた。

 

時期は過ぎたが、少し物寂しくなった頃に、花火を思い出にするには丁度いい。花火を思いながら、パイを砕いて、口内スターマイン。長岡花火のクライマックスに流れるジュピターを聞きながら、花火パイで一人花火大会。口蓋から脳への振動が身体を夏にしてくれそうだ。新潟県長岡市の花火大会。一生に一度は見て頂きたい絶景。四季を通じて場所を問わず、花火に浸れる長岡花火パイ。

 

長岡土産を頂きながら、来年の花火見物の計画を練ってみてはいかがだろう?秋冬期限定のホワイトチョコレートコーティングの長岡花火パイもあるらしい……

 

これも気になる。一生に一度は見たい絶景、長岡花火。来年こそ、是非。
待ちしています。

※掲載情報は 2018/10/25 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
夏の新潟・長岡花火が待ち遠しくなる!大輪の花のような3尺玉をイメージしたパイ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

大桃美代子

タレント

大桃美代子

新潟県魚沼市出身。魚沼特使。雑穀エキスパート、ジュニア・野菜ソムリエ、おさかなマイスター・アドバイザー、パンコーディネーターと、食に関わる資格を取得するなど食育や農業に関心が高く、地元の新潟にて古代米作りもする。タレントとして、ニュースをはじめ、料理、クイズ、バラエティ、情報番組と、幅広い分野で活躍。韓流にはまり、韓国に語学留学をするほど韓国好き。訪問回数も非常に多く、映画・ドラマ・文化・観光名所だけでなくグルメからパワースポットまで幅広い韓国情報通で、大邱観光広報委員、K_CURTURE支援委員にも任命されている。「阪神・淡路大震災」、「中越地震」は現地で被災し、災害と復興について考えるきっかけに。風化させないことをテーマに情報発信や、復興の為の地域活性化にも携わり、イベント等の他に地域再生大賞の選考委員も務める。また、ちょっとしたアイデアとデザイン、クラフト(手作り)で、身の回りをハッピーにすることを目的に、DIY普及のプロジェクトを立ち上げ、『Team Omomo』として活動中。

次へ

前へ