酸味、苦味、甘味のバランスの良さが魅力の「GUANAJA 70% Cacao」

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

酸味、苦味、甘味のバランスの良さが魅力の「GUANAJA 70% Cacao」

紹介している商品

紹介しているブランド


プロをも魅了するこだわりのヴァローナの「チョコレート」

酸味、苦味、甘味のバランスの良さが魅力の「GUANAJA 70% Cacao」

お店『パティスリー ラヴィアンレーヴ』でもお客様に愛され、自分にとっても大切な「テリーヌ ショコラ」、「ショコラ・スペシャリテ」などにも使用している、なくてはならないチョコレートを紹介します。

酸味、苦味、甘味のバランスの良さが魅力の「GUANAJA 70% Cacao」

ヴァローナ ジャポン株式会社さんで販売されている「チョコレート」です。業務用及び、小売用のチョコレート商品を主要取引先を通じ各地の製菓材料卸問屋、大規模高級洋菓子店、ホテル、レストラン、パティスリーショップ、デパートなどに販売されています。種類も豊富にあるので、生菓子や焼き菓子でも使い分けて使用してきました。その中でも「テリーヌ ショコラ」、「ショコラ・スペシャリテ」などで使用しているのが、「GUANAJA 70% Cacao」(グアナラ)です。

 

チョコレートが持つ、酸味、苦味、甘味のバランスが良く、甘味を追加しているお菓子つくりにとっても、とても使いやすさがあります。使い分けてはいますが、自分でも一番美味しいチョコレートだと思っています。

 

プロの方に向けた商品ではありますが、一般の方でも購入がしやすいように販売先も増えていますので、自宅でお菓子を作る方などもぜひ試してもらいたいですね。

 

また、ギフトや手土産などにもぴったりな、口溶けのよさを追求した、斬新なデザインの「タブレット」、薫り立つ芳香。ひと口サイズのショコラ「キャレ」、さまざまなショコラを味わえる、ボックス詰めのセレクション「コフレ」など、用途に合わせて選べるようになっているのも嬉しいですね。

※掲載情報は 2018/10/11 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
酸味、苦味、甘味のバランスの良さが魅力の「GUANAJA 70% Cacao」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

北西大輔

ラヴィアンレーヴ オーナーパティシエ

北西大輔

富山県出身。高校卒業後、パティシエの世界へ進む。22歳より複数の有名ホテルで修行し、その間も国内最大のコンクール「ジャパン・ケーキ・ショー東京」も優勝も果たす。

その後に渡仏。パリの有名パティスリーにて1年半の修行中も、複数のコンクールにおいて準優勝や入賞する。本場フランスにて、本物の洋菓子に出会い、常に最新のことを学ぶフランス人の姿勢に感銘を受け、自身スタイルを確立。

帰国後は有名ホテルに勤務し、2014年には足立区梅島にオーナーパティシエとして【パティスリー ラヴィアンレーヴ】オープン。

お客様に洋菓子とともに、夢の様な時間を過ごしてもらいたいという想いをもち、日々お菓子作りをしています。

次へ

前へ