都立大学のパティスリーで大人気の猫缶クッキー!

都立大学のパティスリーで大人気の猫缶クッキー!

記事詳細


紹介している商品


可愛い猫がいまにも話しかけてくるような、個性的なイラスト

都立大学のパティスリーで大人気の猫缶クッキー!

都立大学駅近くを走る八雲通りの商店街は賑やかな自由が丘や学芸大学に挟まれた静かで品あるエリア。その一角に東京スイーツの中でも一目置かれるスイーツの人気店がアディクト オ シュクルです。シンプルで飽きのこないフランス菓子の香りに浸ると気持ちも身体もウキウキしてきます。

 

そのアディクト オ シュクルで今、とても人気があるのが猫缶に入ったクッキーなんですね。『ボワット レ シャ』と『ボワット ブルー』と呼ばれる焼菓子が詰められた缶には可愛い猫のイラストが。その絵は、可愛い猫がいまにも話しかけてくるような、個性的なイラストです。

 

単に可愛いから人気が出たというものではありません。オーナーパティシエの石井英美さんは数々の有名人気店で腕を磨き、独立前はマカロンで有名なラデュレで2年間マカロン製造部門長を務めた方。まさに焼菓子のスペシャリストなんですね。その石井さんは大の猫好き。いま生活を共にしている愛猫を知人に描いてもらったところ、すぐに反響があり、アイデアはどんどん膨らみ猫缶に到達したとのこと。

 

1,728円(税込)というお手ごろなお値段もあって手土産に購入される方が後を絶たずと聞きます。最近は色やデザインのバリエーションも増えてきたようです。店内はシンプルに、味わいの特徴がはっきりしたスイーツが並びます。棚には猫缶入りの焼菓子が並びますが、押しつけがましさはまったく感じられないところに石井さんのセンスの良さを感じます。

都立大学のパティスリーで大人気の猫缶クッキー!
都立大学のパティスリーで大人気の猫缶クッキー!

地元のお客様に愛されているというベースがあるからこそのお菓子屋さんですね。猫好きのみならずたくさんのお客さんで賑わうアディクト オ シュクル。散歩するのも楽しい八雲の商店街までわざわざ足を延ばしたくなりますね。

都立大学のパティスリーで大人気の猫缶クッキー!

※掲載情報は 2018/09/28 時点のものとなります。

  • 22
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
都立大学のパティスリーで大人気の猫缶クッキー!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

嶋啓祐

フードビジネスデザイナー

嶋啓祐

全国の農村漁村をくまなく巡り、そこで使うホンモノの素材を探すことをライフワークにしています。ホンモノはいつも隠れているものです。全国の肥沃な土地で、頑固で不器用な生産者が作る「オーガニックな作品」を見つけて、そこ料理人が少し手を加える。それが「ホンモノの料理」です。注目しているのは島根(出雲、石見、隠岐)、石川(能登)、佐渡、岩手(釜石、紫波、雫石)、宮城(石巻)北海道(網走)など。毎月足を運び、民泊に泊まり、地元の方々とのコミュニケーションを作るのが楽しみです。総合情報サイト、オールアバウトでフレンチを書き続けて13年になり、書いた記事は380本に上ります。趣味は全国の神社巡りとご朱印集め。自然豊かな日本全体が食の宝庫です。自然、風土、生産者、素材、そして流通と料理人とその先にいる顧客。食に関わるすべての方が幸せになるような「デザイン」を仕事にしています。1963年に北海道は砂川(日本一美味しいお米がとれる)で生まれ、18歳上京。大好物はイクラ、クレソン、納豆、ハーブ、苦手なのは天津丼(食べたことがない)、奈良漬、豚足、酢豚、焼酎。

次へ

前へ