霊験あらたかな月光を連想する、甘美極まりないピエール・エルメ・パリのムーンケーキ

霊験あらたかな月光を連想する、甘美極まりないピエール・エルメ・パリのムーンケーキ

記事詳細


紹介している商品


4種類のカラフルなパティスリー(生ケーキ)に仕立てられた、オリジナル月餅です

霊験あらたかな月光を連想する、甘美極まりないピエール・エルメ・パリのムーンケーキ

皆さま、こんにちは。
料理研究家/食のトータルデザイナーの小野孝予です。

 

今年は猛暑で夏が長くて9月に入ったもののまだまだ暑そうですが、気分はそろそろ秋にシフトですよね!

 

さて9月と言えば、中秋の名月(十五夜)です。今年(2018年)は9月24日になります。日本では月見団子を供え、米の豊作、家族の健康と幸せを祈願します。

 

中国圏では「中秋節」。お供え物をして月を見ながら家族団欒を楽しみます。お供え物の代表的なものと言えば月餅です。家族の皆で食べるのも習わしです。

 

この時期に中国本土だけではなく、香港、台湾、シンガポール、ベトナムなどに行くと、至る所で月餅の山積みを目撃します。しかし中秋節が終わると、パッタリ街から消えます。日本では1年中販売しているので、ちょっとびっくりします。

 

伝統的な月餅は焼いた饅頭の中に餡子が詰まっています。ナッツ、ハスの実、家鴨の卵の黄身入りなどもあり、種類も豊富です。最近は冰皮(スノースキン)月餅と言う、大福のような皮の生月餅もあります。香港やシンガポールでは有名ホテルや、はたまたスターバックスやコンビニなどでもカラフルで可愛い月餅が販売されているようです。この冰皮月餅が私は好きなのですが、日本ではまだあまり手に入らないので、仕方なく自分で作ったりしています。

霊験あらたかな月光を連想する、甘美極まりないピエール・エルメ・パリのムーンケーキ

他にもこの時期になると、様々な月餅が出回ります。この度ご紹介する物もそのひとつで、「パティスリー界のピカソ」と言われるピエール・エルメのアーディスティックな月餅(ムーンケーキ)です。ピエール・エルメが創作するとこうなるのかと驚きます!所謂伝統的な月餅とも冰皮月餅とも全く別物で、色々なフレーバーが巧みにミックスし、カラフルなビスキュイ(スポンジ生地)がベースになっているパティスリー(生ケーキ)です。独創的な美しさと様々な要素が散りばめられた繊細なお味は、誰が見ても食べても嬉しく幸せになります。そういう意味では、家族の団結と絆の象徴が月餅なのだ!と言う本来の目的は果たせているのかな~と感じます(笑)。

霊験あらたかな月光を連想する、甘美極まりないピエール・エルメ・パリのムーンケーキ

基本的にはこの時期だけの限定販売です。4種が1つずつ入った4個の詰め合わせと、同種類が2つずつ入った8個の詰め合わせがあります。月をイメージしたボックスも素敵!賞味期限は冷蔵保存で約14日間です。数量限定の為なくなり次第早期終了、この点が要注意ですね!

※掲載情報は 2018/09/08 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
霊験あらたかな月光を連想する、甘美極まりないピエール・エルメ・パリのムーンケーキ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

小野孝予

料理研究家/食トータルデザイナー

小野孝予

株式会社クオリア取締役社長 料理教室クオリア主宰  
航空会社在職中、各地滞在先で様々な本場の味や食材に出会い、食の世界に興味を抱く。また田崎真也氏に師事してソムリエ、きき酒師の資格を取得。退社後は料理学校、フードコーディネーター養成スクール、テーブルコーディネートスクールにて食全般に関する知識を深める。2006年より横浜市青葉区の自宅で、家庭料理をテーマにしたサロン形式の料理教室を主宰。スーパーで買える食材と調味料を使って作る健康に配慮したメニューを、日本文化の特徴である季節感、気配り、おもてなしの心を取り入れたアイデアで提案。教室へは30代~60代を中心とした主婦層が中心に、延べ3,000人以上の生徒が訪れる。一方、ソムリエ、チーズプロシェッショナルとしてワインやチーズの講座も開催し、流行に敏感でおしゃれな女性が参加。WEB、雑誌のコラム執筆やレシピ紹介、企業へのレシピ開発も行なう。日本橋三越、新宿伊勢丹でのイベント講座やNHK総合テレビ、ラジオ文化放送など様々なメディアにも出演。2010年秋よりシノワテイストのテーブルウエア通販サイト『モダンシノワ』をオープン。

次へ

前へ