野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2018/05/17 公開

記事詳細

野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供

健康に良いとはわかっていても、野菜中心の食生活を実践し続けるのは、なかなか難しいものです。そんな中でも、気軽に食べられる野菜を使ったヘルシーなお菓子や、手軽に作れるサラダなどの野菜料理がぐっと美味しくなるような調味料があれば、今よりももっと野菜が近い存在になるのではないでしょうか。そこで今回は、野菜そのものの味わいを大切にしたベジタブル菓子と、いつも以上に野菜が食べられてしまうサラダのお供をご紹介。まずは野菜との距離を縮めるところから始めてみませんか?

 

いろんな野菜や果物をチップスで!彩りも楽しい吹き寄せ菓子「宴の華」

野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供
野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供

こだわりの製法と上品な味わいに、芸能界や政界にもファンが多いという贅沢なチップス「宴の華」。蓮根、南瓜、人参、オクラ、りんごなど、野菜やフルーツのチップスに、10種類以上のおかきや豆菓子を詰め合わせた吹寄せ菓子です。写真の大筒はファミリーや職場など大人数でいただくのに最適な大容量タイプ。もっと少ない袋入りや、缶入りタイプもあります。油っぽさはなくライトな味わいで、素材に合わせた味付けが施されているため、飽きずに食べられるのも人気の秘密。1カ月以上日持ちもするので、ヘルシーなお菓子として手土産としても重宝すると思います。

野菜の美味しさを再認識!北海道十勝生まれのドライベジタブル「十勝糖彩」 はっy

野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供
野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供

コーヒー店が、コーヒーにとびきり合うよう開発した甘い野菜菓子。それが「珈琲専科ヨシダ」のシュガード・ドライベジタブル「十勝糖彩」です。北海道・十勝に本社のある「珈琲専科ヨシダ」は、高品質のコーヒーを焙煎から販売まで一貫して行っている地元の有名店。「十勝糖彩」は、十勝産の野菜を低温乾燥させることで、野菜の栄養分や色合いを生かしながら、それぞれの食感も楽しめるよう研究を重ねて完成したという自信作。十勝産のビート糖に漬け込み、表面に薄い砂糖の幕を纏っています。じゃがいも、人参、トマトといったお馴染みの野菜を始め、お菓子として口にするのは珍しい長いも、大根、ルバーブ、ブロッコリー、ラワンぶきもあります。コーヒーに合わせるのはもちろん、子どものヘルシーなおやつにもおすすめです。

 

ブランド名:珈琲専科ヨシダ

商品名:十勝糖彩 にんじん(お取り寄せ可)

サスティナブルな発想から生まれた「金沢のピクルス」は豊富な種類が魅力!

野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供
野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供

「金沢のピクルス」は、石川県金沢産のさまざまな野菜を使って作られている瓶入りのピクルス。定番ものだけで20種類以上、季節ものも20種類以上あり、その中には、加賀れんこんや源助だいこんなど、石川県が誇る「加賀野菜」も含まれています。つまり、洋野菜だけではなく地元で古くから伝わる伝統野菜もピクルスの素材として使われていて、バルサミコ、赤ワインビネガー、マスタード、カレーなど、味付けや風味もそれぞれの野菜に合わせて考えられています。そのため、価格は550円〜800円と素材によって異なります。使われている野菜は、いわゆる規格外のもの。流通には乗せられないけれど味は全く問題のない新鮮な野菜たちを、ピクルスに加工することで無駄にせず使い切り、長期保存が可能な形で楽しめるようになっています。

高知の野菜のクオリティを実感!「KOCHI GOOD FOODS」のベジタブル加工品

野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供
野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供

高知県は様々な食材の宝庫として知られていますが、そんな名産品のひとつである生姜を使って作られているのが「KOCHI GOOD FOODS」の「ジンジャーキャンディー」です。生姜特有のピリッとした刺激と香りが効いていて、生姜好きな人には特におすすめ。「KOCHI GOOD FOODS」ではもともと、形が不揃いなために流通の対象外となってしまった野菜を有効活用した商品を展開していて、他には「ドライトマト」もあります。天日干しする事で旨みや甘みが凝縮されたドライトマトは、ヘルシーなおやつとしてはもちろん、水に戻して料理に使う事も可能です。

ドレッシングよりヘルシー?!スーパーフード満載のサラダ専用ふりかけ

野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供
野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供

熊本には、地元の人たちにとってのソウルフード的なふりかけがあります。それが「フタバ」のふりかけ。大正初期のカルシウムが不足していた時代に、薬剤師である吉丸末吉が魚を骨ごと細かく砕いて使ったふりかけ「御飯の友」を考案したのがはじまりなのだとか。そんな「フタバ」が地元企業とのコラボで開発したのが「FuReFuRe FURIKAKE(ふれふれふりかけ)」です。ドレッシング代わりにサラダにかけて食べるのがコンセプト。キヌアやチアシード、モリンカ、アマランサス、クコの実、もち麦などのスーパーフードをふんだんに使い、ここ数年大人気の米麹も使われています。サクサクに近い歯ごたえも小気味よく、いつものサラダがいつも以上にモリモリ食べられそうですね。

野菜をちょっと贅沢にとびきり美味しく!グルメな味わいのクラフトマヨネーズ

野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供
野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供

旅行作家でコラムニストの山下マヌーさんがプロデュースしたマヨネーズ「MAGIC MAYONNAISE」。世界各地で出会った香辛料を使って作られているクラフトマヨネーズです。味わいのバリエーションが豊富で、ハワイのマウイ島産のマウイシュガーがブレンドされたちょっと甘めのマヨネーズ「MAUI SUGER(マウイシュガー)」のほか、チリパプリカ、ガラムマサラ、黒七味を使ったタイプもあります。だから、マヨネーズとしての使い方を超えて、料理のソース感覚で使えてしまいます。サラダなどの野菜料理なら生野菜、ゆで野菜、葉野菜から根菜まで、いろいろ組み合わせてお好みの味を見つけるのも楽しそう。パン、肉や魚にも合わせやすく、そのまま食卓にも出せる洗練されたデザインの瓶も魅力です。

 

ブランド名:スパイスアンドピースマヨネーズファクトリー

商品名:スパイスクラフトマヨネーズ4個入りセット(お取り寄せ可)

※掲載情報は 2018/05/17 時点のものとなります。

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
野菜を食べるのが楽しくなる!野菜スナックとサラダのお供
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ