ふわっと広がる自然な甘みが美味しい『俺のBakery&Cafe』の食パン

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

ふわっと広がる自然な甘みが美味しい『俺のBakery&Cafe』の食パン

紹介している商品

紹介しているブランド


こだわりの食パン専門店の自信作!

先日、恵比寿を訪れた際に目に止まった『俺のBakery&Cafe』。食パン専門店で、販売されているのは、こだわりの食パン3種類のみ。

 

一斤がたいたい1,000円くらいで、私は「香」と焼印が押されている“生食パン”を買ってみました。

 

「俺の生食パン 香」はトーストせずに、生でそのまま食べるのがおすすめだそうで、早速、切り分けて食べてみました。

 

ひとくち食べると、牛乳の甘みが感じられ、生地はしっとり、もちもちの食感です。こだわっているのは、最高品質の素材。
岩手県中洞牧場の脱脂粉乳と北海道産小麦キタノカオリなどの4種類の粉を独自にブレンドしていて、食パンの豊かな風味を生み出しています。

 

「香」と名付けられたのも納得。焼き上がりの香ばしい香りはなんともいえません。トーストせずに、そのまま食べて欲しいというのも、この香りを堪能して欲しいからだと思います。


食パンブームといわれるほど、最近では食パンの専門店が増えてきました。素材にこだわり、毎日焼きたてを買って食べられる幸せ。

 

焼きたてのしっとり感ともっちりとした食感は、多少の行列も我慢できると思ってしまうほどの美味しさを提供してくれます。

 

ぜひ、皆さんもこだわりの食パンで美味しい朝食を楽しんでみては、いかがでしょうか?

ふわっと広がる自然な甘みが美味しい『俺のBakery&Cafe』の食パン

※掲載情報は 2018/05/08 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ふわっと広がる自然な甘みが美味しい『俺のBakery&Cafe』の食パン
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

向井聡美

フリーパティシエ

向井聡美

北海道出身。製菓学校在学中から、食品メーカー主催のパティシエコンテストでグランプリを受賞。現在は、フリーランスとして製菓学校の講師や企業のレシピ開発などを行っている。積極的に製菓コンクールに参加し、2013ジャパン・ケーキショー東京 プティ・ガトー部門連合会会長賞(優勝)、2011年・2012年BUKOクリームチーズコンテスト優勝、クープ・デュ・モンド2017日本予選チョコレート細工部門 銀賞(第2位)等数々のコンテスト受賞歴を持つ。

次へ

前へ