沖縄に行ったらこのお土産!買って帰ったらきっと喜ばれるスイーツ!

沖縄に行ったらこのお土産!買って帰ったらきっと喜ばれるスイーツ!

記事詳細


南国沖縄は中学や高校の修学旅行や、プライベートなど、身近なバカンスにはもってこいですよね。紅芋やラフテー、名産品もたくさんあります。そこで今回は沖縄に行ったらお土産にしたい商品をピックアップしました。ちんすこうや紅芋、黒糖など沖縄ならではの名産品をたっぷりと使用した商品がそろっていますよ。見ているだけで沖縄に行きたくなるはずです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

「ぬれちんすこう」食べたことありますか?

沖縄に行ったらこのお土産!買って帰ったらきっと喜ばれるスイーツ!
沖縄に行ったらこのお土産!買って帰ったらきっと喜ばれるスイーツ!

ちんすこう、と聞くと小麦粉、砂糖、ラードを原料としたザクザクしたビスケット菓子をイメージされる方が多いと思いますが、こちらの「ぬれちんすこう」は、無塩バターやアーモンドプードルを加え、低温でじっくり焼き上げ、独特のしっとりした食感を生み出しています。常温でたべるとねっとり、さらに冷やして食べるとホロホロ、そのおいしさはまるで焼き菓子の「ブール・ド・ネージュ」のようです。

ブランド名:石垣島 美味食彩 花 HANA

商品名:石垣島発 美味食彩 花 HANA 原田シェフのオリジナル ぬれちんすこう(お取り寄せ可)

見た目も美しい久米島産の「紅芋シュークリーム」

沖縄に行ったらこのお土産!買って帰ったらきっと喜ばれるスイーツ!

見るからにカラフルなこちらのシュークリーム、沖縄名産、久米島産の紫芋「沖夢紫」を使用シュークリームです。私も知らなかったのですが、紫芋は本土(沖縄以外)では食べることができません。何故なら、持ち出すことが禁止されているからだろうですよ。つまり、このような加工食品でのみ、食べることができるのです。生クリームの比率を最小限に抑えてヘルシーな点は嬉しいですよね。とてもライトな食感は、あっという間に1箱食べられてしまいます。

仕入れても即完売!奄美大島の「幻のかりんとう」

沖縄に行ったらこのお土産!買って帰ったらきっと喜ばれるスイーツ!
沖縄に行ったらこのお土産!買って帰ったらきっと喜ばれるスイーツ!

奄美名物、「凪屋」の「黒糖かりんとう」は奄美大島のお土産屋さんでも大人気です。入荷をするとすぐに売り切れてしまうため、付いた呼び名は「幻のかりんとう」。幻、と聞いたら食べてみたくなりますよね。これはギフトやお土産にぜひ贈りたくなりますね。奄美大島の北部に位置する笠利町という町でわずか4人という少人数体制で作られている、この黒糖かりんとう。沖縄に訪れた際にぜひご利用ください。

新石垣空港オープン記念に作られた黒糖バウムクーヘン

沖縄に行ったらこのお土産!買って帰ったらきっと喜ばれるスイーツ!
沖縄に行ったらこのお土産!買って帰ったらきっと喜ばれるスイーツ!

新石垣空港の誕生を記念して製造された商品がこちらの「石垣島エンジェルブラウンケーキ」です。地元で生産された素材をふんだんに使い、バターのかわりに名産の黒糖をたっぷりと入れ、ふわっとしたおいしさが地元でも大人気のお菓子です。口の中に入れると黒糖独特の甘みがダイレクトに広がっていきます。考案したのは1997年創業、地元の「那覇ベーカリー」になります。アットホームなお店で地元でも大人気のようですよ。

塩の味がしっかりとする雪塩を使用した「雪塩ばうむくーへん」

沖縄に行ったらこのお土産!買って帰ったらきっと喜ばれるスイーツ!
沖縄に行ったらこのお土産!買って帰ったらきっと喜ばれるスイーツ!

塩スイーツ、流行っていますよね。こちらの商品は沖縄・宮古島の雪塩を使った「雪塩ばうむくーへん」。こちらの商品は塩が甘さを際立たせるためにあるわけではなく、塩が主役のスイーツなんですよ。だからといって塩味が強いわけではないのですが、しっかりと塩の存在の主張があり、クセになるおいしさです。使用されている雪塩は、宮古島の海そのままをギュッと凝縮したお塩なのだそうです。沖縄の海の恵みを感じましょう。

※掲載情報は 2018/04/11 時点のものとなります。

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
沖縄に行ったらこのお土産!買って帰ったらきっと喜ばれるスイーツ!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ