兼ねてから評判!金沢銘菓『うら田』が作る不思議なお菓子「愛香菓(あいこうか)」

  • 16
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

兼ねてから評判!金沢銘菓『うら田』が作る不思議なお菓子「愛香菓(あいこうか)」

紹介している商品

紹介しているブランド


美味しさの秘訣はアーモンド&シナモン&レモンの洋風テイストに落雁の口溶け感?!

皆さま、こんにちは。
料理研究家/食のトータルデザイナーの小野孝予です。
今日は金沢出身の生徒さんにもらった、『金沢 うら田』の銘菓「愛香菓」をご紹介します。

 

もうかれこれ半年前の料理教室レッスンの時にお土産で頂いて、気に入ったお菓子です。機会を見つけてippinに載せたいとずっと思っていたので、この度ご紹介出来て嬉しいです♪

兼ねてから評判!金沢銘菓『うら田』が作る不思議なお菓子「愛香菓(あいこうか)」

「愛香菓」は洋風和菓子という位置付けだそうです。小麦粉と砂糖、アーモンドをベースにしたサイコロサイズの焼菓子を、レモンとシナモンで風味付けた洋風テイストになっています。しかし口に含んだ時にサッと溶けていく「ホロホロ感」は、正に和菓子の落雁のような口溶け感です。その上、生菓子のようなしっとり食感もありつつ、焼菓子なので日持ちもして好都合です。

 

元はスペイン アンダルシア地方の伝統菓子で、「幸せを呼ぶお菓子」と呼ばれる「ポルボローネ」を参考にして開発されています。形やサイズはポルボローネと異なり、可愛いサイコロ状にして、女性でも一口で食べ切れるサイズになったとか。

 

パッケージは、色や形に工夫が凝らされていて素敵です。ひとつずつ正方形の包装紙に絞るようにして包み、丸い箱に収められています。まるでアジサイのように小さな花がいくつも咲いているようで美しいです。

 

うら田で「愛香菓」を発売後、徐々にファンが増えて売れ行きがじわじわと伸び、現在はファンの多い人気の一品だそうですよ。

※掲載情報は 2018/03/02 時点のものとなります。

  • 16
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
兼ねてから評判!金沢銘菓『うら田』が作る不思議なお菓子「愛香菓(あいこうか)」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

小野孝予

料理研究家/食トータルデザイナー

小野孝予

株式会社クオリア取締役社長 料理教室クオリア主宰  
航空会社在職中、各地滞在先で様々な本場の味や食材に出会い、食の世界に興味を抱く。また田崎真也氏に師事してソムリエ、きき酒師の資格を取得。退社後は料理学校、フードコーディネーター養成スクール、テーブルコーディネートスクールにて食全般に関する知識を深める。2006年より横浜市青葉区の自宅で、家庭料理をテーマにしたサロン形式の料理教室を主宰。スーパーで買える食材と調味料を使って作る健康に配慮したメニューを、日本文化の特徴である季節感、気配り、おもてなしの心を取り入れたアイデアで提案。教室へは30代~60代を中心とした主婦層が中心に、延べ3,000人以上の生徒が訪れる。一方、ソムリエ、チーズプロシェッショナルとしてワインやチーズの講座も開催し、流行に敏感でおしゃれな女性が参加。WEB、雑誌のコラム執筆やレシピ紹介、企業へのレシピ開発も行なう。日本橋三越、新宿伊勢丹でのイベント講座やNHK総合テレビ、ラジオ文化放送など様々なメディアにも出演。2010年秋よりシノワテイストのテーブルウエア通販サイト『モダンシノワ』をオープン。

次へ

前へ