お土産は一番人気の「焼きぼこ」に決まり!老舗小田原鈴廣(第二弾)

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

お土産は一番人気の「焼きぼこ」に決まり!老舗小田原鈴廣(第二弾)

紹介している商品

紹介しているブランド


箱根「鈴廣かまぼこ博物館」で大人気の「ちくわ作り教室」に親子で参加してきました。
そもそもなぜ「ちくわ」という名前なのか、ご存知でしたか?
答えは、「竹」に魚のすり身を巻きつけて焼くから「竹輪(ちくわ)」というのだそうです。
「そうか! だからテーブルに竹の棒が置いてあるのね」と恥ずかしながら、私は今回、初めて知りました。

 

写真:ちくわ作りに使うのは、竹の棒、魚のすり身、刃のない長い包丁。龍聖くんは、「この竹もらえるの?」と竹が気になって仕方がない様子。

写真:包丁で竹にぐるっと巻きつけるのが難しかったので、 裏技で手を使ってみたら、ちくわらしい形になりました。

お土産は一番人気の「焼きぼこ」に決まり!老舗小田原鈴廣(第二弾)

 

写真:成形したちくわは、その場で竹の棒ごと焼いてもらいます。

お土産は一番人気の「焼きぼこ」に決まり!老舗小田原鈴廣(第二弾)
お土産は一番人気の「焼きぼこ」に決まり!老舗小田原鈴廣(第二弾)

写真:焼き上がったばかりのちくわを博物館そばの河原でパクリ。

 

魚のすり身を竹の棒にぐるっと巻きつけて、その場で焼いてもらい、出来立てホカホカのちくわを口にすると、外側が香ばしくカリッとしていて、中がふわっ。
旨味が広がって、「え!これが、ちくわ??いままで食べたちくわと全然ちがう」とびっくりしてしまいました。

 

これは絶対にお土産に買わなくちゃ、と「焼きぼこ」を買って帰りました。家で早速、フライパンにごま油を引いて、軽く焼き、龍聖くんは何もつけずにそのままで、私はワサビ醤油で頂きました。お酒にも合いますし、幼稚園のお弁当にも◎だと思います。

 

お魚好きの龍聖くんは、
「もっと食べたい、ちくわ、ちくわ」
とあっという間に全部を平らげてしまいました。

 

幼児から大人まで、夢中になってしまう「焼きぼこ」。
魚の本来の旨みを生かして、化学調味料を一切使っていないのも魅力です。本当にびっくりしますよ。ぜひ召し上がってみてくださいね。

 

写真:一番人気の「焼きぼこ」。手頃なお値段でお土産に最適です。

お土産は一番人気の「焼きぼこ」に決まり!老舗小田原鈴廣(第二弾)

※掲載情報は 2018/02/02 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
お土産は一番人気の「焼きぼこ」に決まり!老舗小田原鈴廣(第二弾)
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

宇佐美総子

北鎌倉 天使のパン・ケーキ Gateau d'ange

宇佐美総子

俳優・MC/ライフスタイルアドバイザー

化学調味料や食品添加物を使わない
地球とからだに優しい食べものを選んでいます。
次世代へ美しい地球をバトンできるように、
頑張っている生産者をこれからも応援してゆきたいです。

化粧品モデル。「月刊Diver」「山と渓谷」モデルとして国内、海外の海に潜り、3000m級の山々に親しむ。

舞踏家、俳優としても多くの舞台に出演。

「EXPO愛地球博2005」「エコプロダクツ展」
「アースデイ」「アースピースフェスティバル」司会者として

長年、環境問題、平和問題にも関わる。
2005年。結婚直後に夫がレース事故で寝たきりとなり、

リハビリとして自宅でパン・ケーキ作りをはじめる。

食べる人を思い浮かべながら多以良 泉己が

一度にひとり分だけを手作りするパンやケーキは

「天使のパン・ケーキ」と呼ばれるようになり、

待ち時間が14年待ちとなっても注文が後を絶たない。

2012年。41歳の時に男の子を出産。

北鎌倉の自宅で夫のサポート&子育てをしながら、

全国各地で講演活動を行っている。

著書『幸せをはこぶ天使のパン』(主婦と生活社)

次へ

前へ