日本1号店が青山にオープン!美意識のショコラティエ ジャン-シャルル・ロシュー

日本1号店が青山にオープン!美意識のショコラティエ ジャン-シャルル・ロシュー

記事詳細


紹介している商品


日本1号店が青山にオープン!美意識のショコラティエ ジャン-シャルル・ロシュー

フランスのショコラティエ ジャン-シャルル・ロシュー(JEAN-CHARLES ROCHOUX )の日本1号店が、2018年1月18日に東京・南青山にオープンしました! オープン初日には多くのお客様が列をなして並んだそうです。

 

こちらは「TABLETTE DU SAMEDI AUX FRUITS FRAIS」。 季節のフレッシュフルーツを贅沢に使った「フルーツタブレット」です。

日本1号店が青山にオープン!美意識のショコラティエ ジャン-シャルル・ロシュー

パリ本店で人気のある、フレッシュフルーツを使用した「フルーツタブレット」を毎週土曜日に30個限定で販売するそうです。 土曜日にしか出会えないスペシャルなショコラ。 希少価値が高いですよね。ぜひ、いただいてみたいです。

日本1号店が青山にオープン!美意識のショコラティエ ジャン-シャルル・ロシュー

スタイリッシュな店内に入ると、びっくり。 ジャン-シャルル・ロシュー氏の伝統的な技術とセンス、情熱と伝統、美意識と思いやりを持って作られるショコラから生まれたのは、今にも動き出すのではないかと思ってしまうくらい、イキイキしている動物のショコラたち。

 

クロコダイル、ハリネズミ。 抱きしめたくなるくらい、かわいらしいクマ。 そして人間の赤ちゃん。

 

パリの本店にはショコラで作られた鹿の頭や大きな金の卵がディスプレイされているとのお話をスタッフから伺ってさらにびっくり。

 

今後、日本1号店にも大きなディスプレイが登場するそうです。 何が飾られるのか楽しみですね。

日本1号店が青山にオープン!美意識のショコラティエ ジャン-シャルル・ロシュー

ショコラティエのジャン-シャルル・ロシュー氏は16歳から修業をスタートして、18歳でパリに。その後10年間ショコラティエのミッシェル・ショーダン氏に学び、2004年に独立。3歳から持ち続けた夢を実現し、『ジャン-シャルル・ロシュー』をオープン。 素晴らしいですね。

 

ドゥーセーヴル県のバター、マルコナ(スペイン産)のアーモンド、ピエモンテヘーゼルナッツ(イタリア産)、ペルーやマダガスカル、エクアドルやベネズエラ産のカカオ豆といった高品質な素材にこだわりつつ、彫刻家として、職人として、情熱と伝統、美意識と思いやりをもちながら、幸せをもたらすショコラをつくりあげています。

 

私がいただいたショコラをご紹介しますね。

 

【TRUFFE】

日本1号店が青山にオープン!美意識のショコラティエ ジャン-シャルル・ロシュー

男性に人気のあるカカオのビターパウダーをまぶしたトリュフ。
6粒入り 680円(税抜)、32粒入り3,300円(税抜)、55粒入り5,500円(税抜)

 

スッキリした後味のショコラです。アルコールとマリアージュするとより楽しめそう。 滑らかな口どけでブランデーにも合いそうですよ。

 

【SANSYO】

日本1号店が青山にオープン!美意識のショコラティエ ジャン-シャルル・ロシュー

日本らしい食材の山椒を使ったボンボンショコラSANSYO。 山椒のツンとした香りがしっかりします。チョコレートの甘い香りに負けていません。

 

【LOJA】

日本1号店が青山にオープン!美意識のショコラティエ ジャン-シャルル・ロシュー

華やかな印象のボンボンショコラLOJA。 バラのガナッシュです。お口のなかでほのかにバラの香りが漂い、ドライフルーツのような印象もします。

 

ボンボンショコラはすべて1粒350円(税抜)。なんと23種類ものラインナップ。

日本1号店が青山にオープン!美意識のショコラティエ ジャン-シャルル・ロシュー

写真左から
「BOACO」(キャラメルムースショコラ)、「CARIPE」(コーヒーのガナッシュショコラ)、「LOUISE」(フレッシュバジルのプラリネガナッシュショコラ)、「MAKER'S MARK」(バーボンウイスキーMaker's markのガナッシュショコラ)

日本1号店が青山にオープン!美意識のショコラティエ ジャン-シャルル・ロシュー

「MACAS LAIT」(炒りアーモンドとヌガティーヌでコーティングしたプラリネミルクショコラ)、「MACAS NOIR」(炒りアーモンドとヌガティーヌでコーティングしたプラリネビターショコラ)、「MANOUROS」(山々の蜂蜜のガナッシュショコラ)、「MARABA」(フランボワーズのガナッシュショコラ)

日本1号店が青山にオープン!美意識のショコラティエ ジャン-シャルル・ロシュー

「MEDAN」(ラムとキャラメルレーズンのガナッシュショコラ)、「NOVILO」(オレンジの木の花風味のガナッシュショコラ)

 

そのほかにも、選び抜かれた素材で作ったタブレットタイプも豊富に揃っています。

「TBLETTE NOIR」(ビタータブレット)80%ココア・マダカスカル・メキシコ・ペルー・コーヒー・アーモンド・ノワゼット・ピスタチオ・香辛料・生姜・山椒・オレンジ

「TABLETTE LAIT」(ミルクタブレット)ミルク・アーモンドミルク・ノワゼットミルク・ピスタチオミルク・香辛料ミルク・山椒ミルク

 

待ちにまった『ジャン-シャルル・ロシュー』日本1号店、想像以上に素敵なブティックでした。

 

■店舗情報
住所:東京都港区南青山5丁目12-3 NOIRビル 1F
TEL:03-6805-0854
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休

※掲載情報は 2018/01/24 時点のものとなります。

  • 25
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
日本1号店が青山にオープン!美意識のショコラティエ ジャン-シャルル・ロシュー
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

石田奈緒子

エグゼクティブ・アシスタント

石田奈緒子

財閥系企業で役員秘書、民放系テレビ制作会社でイベントプロモーション、国会議員秘書、PR会社の社長秘書を経て、現在は1部上場企業のエグゼクティブ・アシスタント。

国際イメージコンサルタント(AICI東京チャプター所属)、 国際ボディランゲージ協会認定講師の資格を保有し、エグゼクティブのパーソナルブランディングサポートに従事。

日本フードアナリスト協会認定主任講師、1級フードアナリスト、食育講師・箸認定講師、リプトンブルックボンドハウス・ティーコーディネーター・デュプロマ等、フードに関する資格を多数保有し、世界の食にまつわる文化や歴史をテーマに研究、執筆、研修・講演活動を行う。

ウェブサイトを中心に、接待に好まれるレストランやスイーツなど、秘書とPRプランナーの目線で多彩な食の情報を発信中。

■直近のメディア掲載掲載 2019年1月12日 
テレビ東京の報道番組「モーニングサテライト」の「三つ星手みやげ」のコーナーに出演 https://bit.ly/2XsbIsZ
■https://ameblo.jp/ganbare-gekinakochan/

次へ

前へ