デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮

デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮

記事詳細


年末年始、義父母へのご挨拶には気の利いた手土産を持参して、「なかなかやるじゃない」と思っていただけたら嬉しいですよね。そうなると、何を選ぶかあれこれ悩んでしまいそう。あまりカジュアル過ぎてもいけないし、でも、日々の暮らしに添うような、親しみやすく温かみのあるものにしたい!そこで今回は、食卓にのぼればご飯が進むこと間違いなしの、最強漬物と佃煮をラインナップします。どれも素材のよさを生かした、とっておきの味わいばかりです。

全国各地から選りすぐった新鮮素材の味が生きている佃煮

デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮
デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮

100年以上の昔から続く老舗『佃茂』。選りすぐった新鮮素材に上質な醤油・砂糖・みりんで味付けをし、豊かな風味を引き出した佃煮は東京土産として高い人気を誇ります。中でもおすすめなのが、あみ・こぶ・わかさぎ・しらす・えび・あさりの6種類の味が楽しめる詰め合わせ。木箱入りですのでそのまま手土産用に購入できる手軽さも助かります。熱々の「ごはん」に甘辛く旨みたっぷりの佃煮は、魅惑のコンビですよね。もう、おかわりが止まりません。

こちらの商品はオンラインにて購入いただけます>>

これぞ伝統的「ディップ」です!

デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮
デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮

生野菜との相性もいい味噌。居酒屋さんでも目にする野菜と一緒にでてくる味噌、食べたことありますよね?これが自宅でも味わえます。名前は「なめ味噌」と言って、麦味噌をベースに、カシューナッツや野沢菜がブレンドされています。なかなか複雑な味わいがあります。これさえあれば、好きな野菜と一緒にいつでも自宅で味わえてしまいます。自分の好きな野菜と一緒に食べてみるのはいかがでしょうか。

こちらの商品はオンラインで購入いただけます>>

炊き上げた後にじっくり寝かせて、椎茸の旨みを引き出す

デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮
デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮

佃煮といえば、後を引く甘辛さと、噛めば噛むほど引き出される旨みが魅力ですよね。素材も多彩で、魚介や肉、野菜などがおいしい“ご飯の友”に変身します。今回ご紹介するのは、京都の河原四条に本店を構える『永楽屋』の「一と口椎茸」です。肉厚で小粒の冬菇(どんこ)をじっくりと炊き上げた後にしばらく寝かせるため、醤油と椎茸が一体となったまろやかさがたまりません。お茶漬けにしてもおいしいので、お酒の後のお夜食にも喜ばれそうです。

古くから伝わる種を守り、育てられた紫蘇の風味を味わう

デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮
デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮

京都を代表するおいしい漬物、「しば漬け」。昭和初期に創業した『志ば久』の「赤志ば」は、良質な茄子と、古くから伝わる種を守った自家栽培の赤紫蘇を使用して作られています。塩を振った茄子と紫蘇は漬け蔵の中で熟成し、自然乳酸発酵するため、自然な酸味と旨みがたっぷり蓄えられていきます。そのままポリポリとお茶請けとして食べるのもよし、あるいは少し刻んで醤油や鰹節、ちりめんじゃこと合わせてもまた味わいに深みが増すのでおすすめです。

糀の香り高い味噌でじっくり漬け込んだ味を堪能する

デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮
デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮

漬物は数あれど、味噌漬けが何より好物、とう方も多いようです。口に含めば鼻にふんわりと抜けていく、糀の香り。「日本酒でもあれば、なおよし!」という声が聞こえてきそうですね。江戸年間文化文政創業の『杉田味噌屋』では、糀を作る際に麦ではなく米を贅沢に用いるため、ふくよかな香り高い味噌漬けに仕上がります。じっくり漬け込んだ大根や胡瓜などはそれぞれの素材の味がきちんと生きており、炊きたての白いご飯の上に乗せれば“無敵”です。

「一流料亭の味を食卓で気軽に味わえる至福」を贈る

デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮
デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮

一度は食事をしてみたい憧れの高級料亭、『和久傳』の手土産となれば、贈る側も受け取る側も気分が高揚してきますよね。「貝柱の生姜煮」「鯛の味噌茶漬け」「ちりめん山椒」など、ご飯の上に乗せるだけではなく、様々な料理にアレンジできるのも嬉しいところです。例えば「貝柱の生姜煮」ならきのこと一緒に卵とじにしたり、蓮根の薄切りと炒めてきんぴらにしたりと、どれもおいしいそうです。食卓で一流料亭の味を気軽に楽しめるため、喜ばれること間違いなしですね。

※掲載情報は 2017/12/26 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
デキる女は義実家へコレを持っていく!最強漬物&佃煮
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ