レシピに大活躍!自然の恵みが詰まった100%国産天然ハチミツ「百花はちみつ」

レシピに大活躍!自然の恵みが詰まった100%国産天然ハチミツ「百花はちみつ」

記事詳細


紹介している商品


自然の恵みと小さな力が結集された蜂蜜

蜂蜜は、世界各国にて重宝されている食材のひとつ。その歴史は古く、平安時代には献上品として使われ、また旧約聖書にも「心地良い言葉は、蜂蜜のように魂に甘く、身体を健やかにする」と記述されているようです。また仏教においても、観無量寿経の「王舎城の悲劇」の中に蜂蜜の記述があります。昔からさまざまな場面において蜂蜜が重宝されていたことがよくわかります。

 

農林水産省の発表によると、平成26年の蜂蜜国内消費量は40,680トン (対前年比97.2%)、 自給率は7%となっており、ほとんどが海外からの輸入になっているようです。
蜂蜜は、養蜂などによって蜂が集めてきた蜜をもとにして作ります。しかし実は、一匹の蜂が一生をかけて集めてくる蜂蜜の量は、ティースプーン1杯程度、わずか5gほどしかないそうです。
国内で4万トン以上のはちみつが消費されていることを考えると、とても多くの蜂のおかげで私たちが美味しくはちみつをいただけているかがお分かりになると思います。

 

農林水産省WEBサイト内の「特集2 食材まるかじり「愛しのハニー」2(http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/0908/spe2_02.html)」によると、蜂蜜は、自然が与えてくれるサプリメントともいえるほどの高い栄養素を含んでいることが分かります。ビタミンB群など多くのビタミン類、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラル、アミノ酸、クエン酸、ポリフェノールなど、なんと、150種類以上もの栄養成分が含まれているそうです。
また、蜂蜜の効能は多様で、殺菌力、抗菌力にすぐれ、傷ややけどなどの薬として使われ、古代エジプト文明などの記録にも、蜂蜜を薬として使った記録が残っているそうです。保湿力も備わっているので、スキンケアでもパワーを発揮し、化粧品や石けんなどにも使われているとのことです。

百種類ほどの花々を掛け合わせた味「百花はちみつ」

「百花はちみつ」とは、いくつもの種類の花から集められた蜂蜜のことを指します。またニホンミツバチが採取した蜂蜜のことを「百花蜜」と呼んでいる養蜂家もいます。

 

今回紹介する『はちみつ工房ロータス』の蜂蜜は、100%国産天然蜂蜜です。蜂蜜特有の香りは、食欲を増進させるだけでなく、疲れた時に心を癒してくれます。味は濃厚で舌ざわりがある食感にも拘らず後味がスッキリしているので、そのまま味わうことはもちろん、パンにつけていただくことや調味料として利用することもオススメです。
蜂蜜の利用方法はあまり知られていませんが、実はあらゆる場面で活躍する食材なのです。
例えば、カレーの隠し味に使うことはご存じの方も多いと思いますが、他にリンゴなどの果物につけると旨味が増したり、お肉が固くなるのを抑えたり、魚の臭みを消したりとさまざまな使い方が出来ます。お米との相性も良く、お米をふっくら炊き上げる際にも利用されています。
また、飲み物に入れることでまろやかさが増すことから、緑茶やウイスキーに入れて味わうことも出来るのです。
ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

レシピに大活躍!自然の恵みが詰まった100%国産天然ハチミツ「百花はちみつ」

黄金色に輝く蜂蜜は、とても身近にあるにもかかわらず、小さな蜂の力を借りていただく、とても奥が深い食材なのです。そのため、まだ知られていない蜂蜜の利用方法を探すのも、楽しいのではないでしょうか。

※掲載情報は 2017/12/15 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
レシピに大活躍!自然の恵みが詰まった100%国産天然ハチミツ「百花はちみつ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

岩室茂樹

僧侶、ソムリエ、唎酒師、MBA

岩室茂樹

1974年東京生まれ。北九州市立大学大学院卒。
ホテル旅館の経営にも携わり、全国47都道府県を練り歩いた。その後、京都にて2年間の修行を行い僧侶になる。
唎酒師とソムリエの資格を持ち、僧侶として生活を送りつつ、経営学を学び、地域における寺の在り方を模索中。
あらゆる縁に感謝をし、生かされていることへの感謝をどのようにして伝えていくかを考える。

次へ

前へ