11月22日はりんごの日。気軽に食べられるりんごフード

11月22日はりんごの日。気軽に食べられるりんごフード

記事詳細


11月22日はりんごの日です。「1日1個のりんごは医者いらず」といわれているように、昔からりんごは健康にも大変良いとされてきました。1個のりんごを1人で食べるのは多いと感じている方には、少しずつ食べられる加工品もオススメです。小分けの包装になっているものや日持ちがするものなど、気軽に食べられるアイテムが揃っています。今回は、そんな食べやすいりんご加工品をピックアップしてみましたよ。

珍しい品種も!100%果汁の贅沢ジュース

11月22日はりんごの日。気軽に食べられるりんごフード
11月22日はりんごの日。気軽に食べられるりんごフード

こちらの「マップルジュース」は、ジュースには珍しい品種のりんごが使用されているのが特徴のストレート果汁100%のジュースです。「ふじ」「ふじすりおろし」「ジョナゴールド」「ジョナゴールドすりおろし」「紅玉」の5種類があり、それぞれのジュースの味が特徴を引き出しています。甘みが強いのが「ふじ」、甘みと酸味のバランスが良いのが「ジョナゴールド」、程よい酸味があるのが紅玉です。

パンにたっぷりつけて!すりおろしりんごの「りんごバター」

11月22日はりんごの日。気軽に食べられるりんごフード
11月22日はりんごの日。気軽に食べられるりんごフード

『TURUYA』というスーパーのオリジナル商品の「りんごバター」です。りんごを砂糖やバター、香辛料などと一緒に煮たアップルレザーブを、バター感強めの仕上がりにしたもの。よりバター感があることで、パンとの相性が最高。糖度30%と通常のジャムより低いので、たっぷりパンに塗ってもしつこくなく食べられます!

りんごをフリーズドライした新食感の「ソフトりんご」

11月22日はりんごの日。気軽に食べられるりんごフード
11月22日はりんごの日。気軽に食べられるりんごフード

こちらは、『はとや製菓』の「ソフトりんご」です。生のりんごを厚さ1cmに切ってフリーズドライしたもので、さくっとした歯ざわりながらふわっとした食感が魅力です。2枚ずつ包装されているので、少しずつ食べることができます。 35kcalと、大変低カロリーなところもうれしいですね。酸化防止に入っている塩が味のアクセントになっています。

インスタ映え間違いなし!アップル&ローゼスタルト

11月22日はりんごの日。気軽に食べられるりんごフード
11月22日はりんごの日。気軽に食べられるりんごフード

『アップル&ローゼス』のタルトは見た目が美しすぎ! 見た目だけでなく、味わいもジューシー。リンゴに火を通すことで、味と色に変化を出し、美しいリンゴのバラに形成しています。プレゼントにも自分へのご褒美としても最適な一品です。

水を使わないゼリー!素材そのまま「紅玉りんごゼリー」

11月22日はりんごの日。気軽に食べられるりんごフード
11月22日はりんごの日。気軽に食べられるりんごフード

こちらは、北海道の『ほんだ菓子司」の「紅玉りんごゼリー」。通常、ゼリーは水を使用して作られていますが、こちらは水をまったく使用していません。りんごそのものの素材を最大限に生かされた贅沢なゼリーといえるでしょう。ひと口食べてみると、違いがよく分かると思います。その食感は、つるりとしていてゼリーというよりもまるでジュレのよう。爽やかなりんごの香りとやさしい味わいがたまりません。

 

※期間限定販売。現在は販売終了しています。

※掲載情報は 2017/11/22 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
11月22日はりんごの日。気軽に食べられるりんごフード
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ