知る人ぞ知る北海道のスイーツ店「ほんだ」は林檎スイーツの宝庫!

知る人ぞ知る北海道のスイーツ店「ほんだ」は林檎スイーツの宝庫!

記事詳細


紹介している商品


ホワイトチョコのほのかな甘みとリンゴの味わいが絶妙

知る人ぞ知る北海道のスイーツ店「ほんだ」は林檎スイーツの宝庫!

北海道は砂川市。札幌と旭川のちょうど中間にあるその小さな町で生まれた私は子供の頃、誕生日やクリスマスの買ってきてくれるケーキがとても楽しみだったんです。
そのケーキはいつも「ほんださん」。
今や北菓楼や岩瀬牧場など名だたるスイーツブランドが有名になっていますが、子供の頃の記憶を呼び起こす「ほんださん」のお菓子は、年を取ったおじさんになってもいつも特別で、そして幸運にも身近な存在なんです。

 

私の高校の後輩でもある本田啓輔さん(読みはイタリアのサッカー選手と同じですね)が跡を継ぎ、地道にコツコツと商品を開発し、そしてゆっくりと広まりつつあります。

 

ほんださんのお菓子の特徴は「りんご」。
医者いらず、とも言われるりんごを様々な形に変えたスイーツが所狭しと並ぶお店はとても魅力的。市内とその近隣市町村にしかないお店は、いつも昔からのファンの足が途絶えず、いまもゆっくりと甘い時間をプレゼントしてくれます。なんか、あくせくしていないのんびりした北海道の魅力そのままのお店なのです。

 

その中でもこれは!と思ってご紹介したいのが「林檎ロマン」です。生で食べるとほのかな酸味が特徴の紅玉を使った林檎ロマンは、一言で表現すると「北海道のやさしさ」。二口程度でいただける食べやすいサイズで、さくっとしたクッキーの部分とほんだオリジナルのホワイトチョコレートに包まれたリンゴの相性のいいこと!

 

この瞬間って何にも代えがたいんだなあ。

ホワイトチョコのほのかな甘みとリンゴの味わいがすーっと溶け込み、とても幸せな気分。ひとつ食べて、もう1個いっちゃおうかな、と思い、せっかくだからもう1個……
で、結局3個位食べちゃいました。
マーガリンや保存料なども入っていないのでヘルシー感もあり、後味もすっきり。決して甘いなあというものではありません。食べ飽きないのはそのせいなのかもしれません。

 

北海道から冷凍で届きますが、個数はいろいろと選べるようになっています。北海道からの送料は少し高くなってしまいますので、いろいろ取り交ぜてもいいかもしれません。箱の中にはスイーツと北海道の空気も入っていると思えば、楽しみはさらに広がるでしょう。

 

林檎ロマン、ちょっとしたブレイクの予感です。

※掲載情報は 2017/04/01 時点のものとなります。

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
知る人ぞ知る北海道のスイーツ店「ほんだ」は林檎スイーツの宝庫!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

嶋啓祐

フードビジネスデザイナー

嶋啓祐

全国の農村漁村をくまなく巡り、そこで使うホンモノの素材を探すことをライフワークにしています。ホンモノはいつも隠れているものです。全国の肥沃な土地で、頑固で不器用な生産者が作る「オーガニックな作品」を見つけて、そこ料理人が少し手を加える。それが「ホンモノの料理」です。注目しているのは島根(出雲、石見、隠岐)、石川(能登)、佐渡、岩手(釜石、紫波、雫石)、宮城(石巻)北海道(網走)など。毎月足を運び、民泊に泊まり、地元の方々とのコミュニケーションを作るのが楽しみです。総合情報サイト、オールアバウトでフレンチを書き続けて13年になり、書いた記事は380本に上ります。趣味は全国の神社巡りとご朱印集め。自然豊かな日本全体が食の宝庫です。自然、風土、生産者、素材、そして流通と料理人とその先にいる顧客。食に関わるすべての方が幸せになるような「デザイン」を仕事にしています。1963年に北海道は砂川(日本一美味しいお米がとれる)で生まれ、18歳上京。大好物はイクラ、クレソン、納豆、ハーブ、苦手なのは天津丼(食べたことがない)、奈良漬、豚足、酢豚、焼酎。

次へ

前へ