まるで果汁!オーストラリアの国立公園で育った「マウントゼロオリーブのオイル」

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

まるで果汁!オーストラリアの国立公園で育った「マウントゼロオリーブのオイル」

紹介しているブランド


新鮮!果汁のように風味豊かなオーストラリア産オリーブオイル

マウントゼロオリーブのオリーブ畑はオーストラリアのビクトリア州のグランピアンズ国立公園の北端にあります。化学肥料を使用せずに、自然の力によるバイオダイナミック農法(ドイツやスイスなどで普及している有機農法の一種)を取り入れ、6,000本ほどのオリーブを栽培しています。1940年代に植えられた「マウント・ゼロ・オリーブ・グローブ」はオーストラリアで最も古いオリーブ畑のひとつです。

 

高品質なオリーブはオーストラリアの豊かな土壌と環境がもたらす自然の産物。そんなオリーブから造られるエキストラバージンオリーブオイルは搾りたての新鮮さを保持することが最も重要です。マウントゼロオリーブのエキストラバージンオリーブオイルはまるで果汁のようなフレッシュな風味が特長です。品質を損なわないコールドプレスで、フレッシュな風味の豊かなオイルに仕上げていきます。

 

高品質なオリーブオイルは食用として販売されていますが、サラッとしていて、肌につけてもすっと馴染んでいきます。

 

フルーティーで苦味と辛味のバランスがとれたエキストラバージンオリーブオイルのほかに、「ライム」と「レモン」、「マンダリン」などのフレーバーがあり、サラダ、スープ、魚料理、肉料理と用途も様々。柑橘系の爽やかな香りはバニラアイスなどにかけて、ちょっとした香りのアクセントにもオススメです。

 

オーストラリアでは、オリーブだけではない、爽やかな風味を手軽に楽しめるフレーバータイプのオリーブオイルも人気を集めています。フレッシュなオリーブ果汁そのままのようなフレッシュな風味のマウントゼロオリーブのエキストラバージンオリーブオイル。是非、皆さんもオリーブの果汁そのままの風味を体験してみませんか?

まるで果汁!オーストラリアの国立公園で育った「マウントゼロオリーブのオイル」

■お問い合わせ先
輸入元: Grampians株式会社
住所: 〒251-0045 藤沢市辻堂東海岸1-7-41
電話: 0466-36-3645

 

マウントゼロ エキストラバージンオリーブオイル 各種

輸入元:Grampians株式会社

※掲載情報は 2017/10/11 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
まるで果汁!オーストラリアの国立公園で育った「マウントゼロオリーブのオイル」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

オーストラリア大使館

オーストラリア大使館

オーストラリアには北部の熱帯から南部の温帯へと大陸を縦断して多様な気候があります。広大な土地と豊かな自然環境を生かして、畜肉、大麦、小麦、野菜や果物、チーズやバター、アイスクリーム、魚介類、菓子、ジュース、ビール、ワインなど生産しています。日本とは季節が真反対の為、時期によって日本国内で調達することが難しい産品も供給可能です。更に、日豪経済連携協定により肉やワインなど多くの産品の関税が撤廃もしくは削減されお求め安くなりました。特殊な地理的条件と豊富な原材料、食品の安全性や品質保証に関する厳格な基準や制度、高度な加工技術により、高品質な産品を世界各国へ安定供給してきたオーストラリアは、クリーンで安全な食料輸出国として認知され国際的に評価されています。また、多民族・異種文化が共存するオーストラリアには、それぞれのニーズに合った食品を幅広く供給する独特な基盤があります。食品認証制度・基準のHACCPやISOは勿論のこと、オーガニック、バイオダイナミック、コーシャーやハラールなど特定の条件を持つ製品にも対応し、最近では、グルテンフリー・アレルギーフリー食品や機能性食品なども多く生産しています。

次へ

前へ