隠れ家的古民家の料亭仕込み!絶品いわしの糠炊き

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2017/07/15 公開

記事詳細

隠れ家的古民家の料亭仕込み!絶品いわしの糠炊き

市内から一時間の非日常空間古民家で絶品の糠炊き

福岡市内から車で一時間、周りを海と山に囲まれた空気が澄んだ静かな場所、赤米生産地でも有名な二丈吉井に古民家を改装したお店「浮岳茶寮」はあります。

隠れ家的古民家の料亭仕込み!絶品いわしの糠炊き

お店は懐石料理処とその横に喫茶処があり、昭和20年ごろに建てられた古民家と馬小屋を改装したものだそうです。
一歩中に踏み入れたとたんに広がる、ゆっくりくつろげる非日常空間は、時間が経つのを忘れさせてくれます。この懐かしさにも似た温かくホッとする空間は、まさにここ「浮岳茶寮」の女将のお人柄が創り上げる女将そのものです。

 

女将の実家は北九州市小倉の茶懐石料理小倉「向陽庵」。女将の料理は一つ一つが繊細で上品、いつまでも眺めていたくなるくらい美しい。料亭の器も受け継いで使われているそうで、料理と器の品格が女将の世界観をつくりあげています。

隠れ家的古民家の料亭仕込み!絶品いわしの糠炊き

そんな女将が作る、お土産用としても販売されている「いわしの糠炊き」は、奥深い甘辛さがクセになる絶品です。
糠炊きとは、女将の実家小倉の郷土料理で、実家「向陽庵」の丹精込めた糠味噌と、「浮岳茶寮」の地元糸島で明治から続く「北伊醤油」の本醸造特吟醤油で作られているそうです。
驚いたのは、いわしの骨までホロホロで丸ごと全て食べることができるのです。独自の製法でこだわって作られています。

隠れ家的古民家の料亭仕込み!絶品いわしの糠炊き

「糠炊き」は、お母さんが作る家庭料理で、ほっこりしたお惣菜というイメージでしたが、このいわしの糠炊き、これまで食べてきた糠炊きとは一線を画す、総菜とはいえない上品で格式高い凜とした、こんな糠炊きと出会ったのは初めてかもしれません。上品に切って盛り付けるのも良いですが……。

隠れ家的古民家の料亭仕込み!絶品いわしの糠炊き

ごはんの上に、1尾どーーーんとのせて、がつがつ食べるのも何とも贅沢であります。

 

お取り寄せができますので、自宅で「浮岳茶寮」のお味が楽しめます。ぜひこの機会にお試しください。

隠れ家的古民家の料亭仕込み!絶品いわしの糠炊き
隠れ家的古民家の料亭仕込み!絶品いわしの糠炊き

※掲載情報は 2017/07/15 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
隠れ家的古民家の料亭仕込み!絶品いわしの糠炊き
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

今橋幸子

食卓コーディネーター

今橋幸子

母親譲りの器好きが高じて習い始めたテーブルコーディネートで、いくつかのコンテスト入賞を機に、食卓を通して感性に磨きをかけ、より素敵なライフスタイルを愉しむことを提案するおもてなしサロンを開く。
2013年1月、食空間を通して自分らしいライフスタイルをクリエイトする「essenza style」設立。
2013年6月、お魚ごはん&カフェと料理教室「今橋家」をオープン。
2014年3月より、お魚の美味しさや健康・美容に良いお魚ごはんをもっと身近なものにしてほしいという思いで、鮮魚のお土産付きのお魚料理教室を開催中。お魚さばきも、テーブルコーディネートも、おもてなし術も学べる「お魚料理おもてなしレッスン」は人気講座で、どこでも手に入る食材を使って、簡単だけど豪華に見える料理レシピは、老若男女問わず好評を得ている。
カフェや料理教室で使用する鮮魚は、魚市場の仲買人である父から仕入れ、毎朝魚市場に出向いては魚の目利き修業中でもある。

次へ

前へ