ひと粒108円の贅沢☆表参道キャラメル店NUMBER SUGAR発の素敵なギフト

  • 68
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

ひと粒108円の贅沢☆表参道キャラメル店NUMBER SUGAR発の素敵なギフト

紹介している商品

紹介しているブランド


キャラメルにもパッケージにも、手間ひまかけて。

子どもはもちろん、大人も大好きなキャラメル!

今回はそんなキャラメルの専門店、表参道の『NUMBER SUGAR』を紹介します。

キャラメル専門店ってなかなかないですよね。珍しい!

ひと粒108円の贅沢☆表参道キャラメル店NUMBER SUGAR発の素敵なギフト

NUMBER SUGARのキャラメルは香料、酸味料、着色料は一切使わず、無添加で仕上げている為、家族みんなで安心して食べることができます。

 

キャラメル作りの工程にもこだわりを持っていて、火加減や火から下ろすタイミングなど細かい工程に気を配り、本当に納得いく仕上がりのモノのみを販売しているんです。

 

子どもとお菓子を食べる習慣のない私のような人にも、「これなら食べてハッピーになれるから、良いよね♪」と思わせてくれる逸品。

ひと粒108円の贅沢☆表参道キャラメル店NUMBER SUGAR発の素敵なギフト

そしてこのかわいいバラのボックス!

このバラは、スタッフさんがスタンプで手押ししているんだそう。

だから、よく見るとひとつひとつ表情がちがう。

手作業が入ることで、気持ちが伝わるギフトになると思うんです。

そのひと手間がうれしいですよね~。

ひと粒108円の贅沢☆表参道キャラメル店NUMBER SUGAR発の素敵なギフト

他にも様々な大きさのギフトボックスが用意されています。

こちらは洗練されたデザインのボックスだから、ビジネスシーンでの手土産にもぴったり。

もちろん、ホームパーティの手土産でも喜ばれることまちがいなしです。

フレーバーも豊富でお手ごろ。プチギフトにもってこい!

ひと粒108円の贅沢☆表参道キャラメル店NUMBER SUGAR発の素敵なギフト

フレーバーもたくさんあって、好きなものを好きなだけ選んで買うことができますよ。

塩キャラメルやオレンジピール、シナモン&ティーなど、あまり他ではみないようなフレーバーに目移りしちゃう人も多いみたいですが、私は特定の味に固執するタイプなので(苦笑)、ラムレーズン、アーモンドなどを多めに購入♪

繊細でビターな味も揃っているから、大人も一緒に楽しめます。

 

ボックスに好きなキャラメル8個詰めて、1,000円でおつりがくるって、お手ごろですよね。

お母さん同士でちょっとしたお礼をする時にもいいなって思ってます。

内装もオシャレでこだわりがたくさん

ひと粒108円の贅沢☆表参道キャラメル店NUMBER SUGAR発の素敵なギフト

NUMBER SUGARは表参道からちょっと入ったところにあります。

真っ白な壁が印象的!

 

一歩足を踏み入れるともう、ワクワクが止まりません~♪

ひと粒108円の贅沢☆表参道キャラメル店NUMBER SUGAR発の素敵なギフト

まっすぐ店内を入った突き当りは、濃い茶色が印象的な可愛らしいレジ・梱包スペースが。

そして、右サイドはガラス張りになっていて、キャラメル造りを至近距離で楽しめるんです。

ひと粒108円の贅沢☆表参道キャラメル店NUMBER SUGAR発の素敵なギフト

つくっている姿を包み隠さず、全て見せているところにも安心感があります。

 

ち・な・み・に……販売しているのは上のキャラメルだけじゃないんです。

キャラメルを使った商品が他にも色々あって、私が特に好きなのはこちら!

ひと粒108円の贅沢☆表参道キャラメル店NUMBER SUGAR発の素敵なギフト

キャラメルスムージーです~♪♪♪

さくさくっと上にのったビスケットの歯ごたえを感じながら、柔らかーい質感に仕上がったスムージーを飲んでみると……

味が絶妙~!

 

すこーし苦みもあるから飽きることなく、いや、むしろ

美味しくてニタニタ笑いながら飲み干しました★

 

こちらはお土産用ではないので、甘いものが欲しくなったらぜひ、自分用にどうぞ!

※掲載情報は 2017/07/01 時点のものとなります。

  • 68
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ひと粒108円の贅沢☆表参道キャラメル店NUMBER SUGAR発の素敵なギフト
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

大澤美保

PRスペシャリスト

大澤美保

東京生まれ東京育ちで生粋の下町っ子。

2009年に、激務の中にあって体調を崩し、その後出会ったオーガニックコスメの魅力にどっぷりとハマり、ジョンマスターオーガニックやエルバビーバ、シン ピュルテなどのPR担当に。

食やライフスタイルもオーガニックを取り入れる中で体も心も本来の元気な姿に戻ることができた経験もあり、より多くの方に”オーガニック”という選択肢を持ってこの気持を味わってほしい!と奔走中。

『食』へのこだわりも並々ならぬものがあり、”オーガニックで体にも心にも良いもの”を求めて常にアンテナを張っています。

2014年に娘を出産してからはさらにその気持も高まり、娘とともに楽しめるオーガニックライフを模索中。あらゆる面でサスティナブルな未来を創造して、娘にも楽しく生きていってほしいと願っているところです。

2017年末より、フリーランスのPRとして”organic”や”beauty”にまつわるものを広めています。

次へ

前へ