山口県萩市の柚子を使って作られる爽やかな「柚子マーマレード」

山口県萩市の柚子を使って作られる爽やかな「柚子マーマレード」

記事詳細


紹介している商品


パンに付けるだけでなく色々な料理と合わせ楽しめる

山口県萩市の柚子を使って作られる爽やかな「柚子マーマレード」

山口県萩市にある川上村は昔から柚子の産地で栽培が盛んだそうです。柚子の大木が数多くあり毎年見事な果実を実らせます。柚子と言えば日本の柑橘の中でも香りもよく、皮を擦って和食料理の仕上げに使用されたり、冬至にはお風呂に入れて香りを楽しんだりします。最近では柚子茶なども多く出回り、体が温まると実家でよく私も飲んでいます。

 

今回はこの山口萩市にある柚子を使った柚子マーマレードを紹介します。

 

このマーマレードは柚子屋本店さんのもの。香り高い柚子のピールが特有の心地よい苦みを感じ、深みのある仕上がりになっています。透明感のある、さらっとした蜜がなんだか優しい口当たりです。甘すぎず、上品な味わい。もちろんパンに付けて美味しく頂けますが、ドレッシングとしてサラダにも。紅茶やお茶に入れても美味しいです。また、お肉のソテーなどにも合わせて楽しめます。

山口県萩市の柚子を使って作られる爽やかな「柚子マーマレード」

チーズにのせてオードブルにも。さらっとした味わいだからこそいろいろな料理に合わせやすいのです。

 

柚子屋本店さんでは『萩の空から 萩の土から』をテーマとし、産地で育った柑橘を原料に自然の味づくりを心掛けているそうです。原料は主に地元で栽培されている柑橘類。 このうち、一部は契約農家から仕入れているものもありますが、自社農園で柚子の栽培も行なっています。もちろん化学調味料、食品添加物は一切使っていません。安心安全な食品作り。消費者として嬉しい限りです。

 

果実の搾汁工程では柑橘本来の味や香りを生かすために一玉ずつ丁寧に搾汁し、果汁の一部は味にまろやかさとコクを出すために10ヶ月間定温熟成させる工夫もしているそうです。そのため生産効率は低くなってしまいます。でも、これも製品価値を高めるためだと。よりよい果汁、高品質のプレミアム果汁を提供出来るように工夫と努力を重ねてくれているのです。果皮は丁寧にピールやスライスに加工し柑橘のまろやかな酸味と香り、柑橘本来の色を生かしたオリジナル製品。日常使いにも。贈答品にも喜ばれる商品です。

※掲載情報は 2017/05/02 時点のものとなります。

  • 10
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
山口県萩市の柚子を使って作られる爽やかな「柚子マーマレード」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

尾田衣子

料理研究家/オリーブオイルソムリエ

尾田衣子

ル・コルドンブルー東京校卒業。料理ディプロムを取得。 その後、イタリア・フィレツェに渡り、家庭料理を学ぶ。 現在、フランス・イタリア家庭料理ベースの簡単にできるおもてなし料理、オリーブオイル中心の食事ヘルスケア料理、食育を取り入れた親子教室を中心に杉並区(西荻窪)にて料理教室「Assiette de Kinu(アシェット ド キヌ)」を主宰。
また、外部講師を始めTV出演、雑誌・企業へのレシピ提供なども行う。著書に『あまったパンで魔法のレシピ』世界文化社。『うち飲み女子の友』ぶんか社。『家族がよろこぶ「スマイル弁当」』土屋出版 等
薬味食堂(朝日新聞出版)ねぎ、大葉、生姜……そして今、人気のパクチーなど、おなじみの薬味を使った組み合わせが絶妙な料理を豊富に紹介。「ただのせる」だけではない薬味ざんまいの絶品レシピが満載。
http://books.rakuten.co.jp/rb/14282970/

次へ

前へ