愛知県豊橋市 ボンとらやの地元で人気の1日3,000個売れている「ピレーネ」

愛知県豊橋市 ボンとらやの地元で人気の1日3,000個売れている「ピレーネ」

記事詳細


紹介している商品


「地元認知度120%?」の理由とは?

愛知県豊橋市 ボンとらやの地元で人気の1日3,000個売れている「ピレーネ」
愛知県豊橋市 ボンとらやの地元で人気の1日3,000個売れている「ピレーネ」

私の地元豊橋市にある和洋菓子のお店「ボンとらや」の「ピレーネ」は、ホームページに「地元認知度120%」と書かれているくらい、豊橋の地元民に愛されているお菓子。その理由は、豊橋の小学校では、子ども会やPTA関係等、様々なイベントがあると、必ずといっていいほど、おやつ的に配られるのがピレーネだからなのです。

 

そんな誰もが一度は口にしているお菓子は、スポンジにクリームがはさんであるだけのすごくシンプルな作り。ケーキだと、フォークを使って食べなければいけなくて面倒なときもあるかもしれませんがが、ピレーネは、1個ずつ個包装になっていて、利便性もバツグン。

愛知県豊橋市 ボンとらやの地元で人気の1日3,000個売れている「ピレーネ」

また、季節ごとにいろいろな味が売られ、いちごの季節には、いちごのクリームが入ったものが食べられます。抹茶やチョコ等、いろいろな味がありますが、やっぱりシンプルなプレーンが好きです。

 

特徴としては、スポンジはとても柔らかくふわふわの食感。生クリームも、優しい感じの甘さでくどくなく、ちょうど食べきれるサイズ。

 

どこかに行く際に、人数分買っていって、小分けすると喜ばれること間違いなし。ケーキだと、カットして分ける手間がありますが、その場で食べ切れなくても、袋に入っているので持ち帰れるので、職場などで配るのもいいかもしれません。

 

通常は冷蔵で購入できますが、お取り寄せのときは冷凍で届きますので、ほど良く解凍してお好みの状態でお召し上がりいただけます。

 

このピレーネを作っている洋菓子屋ボンとらやは、ピレーネのような洋菓子だけではなく、和菓子も扱っているので、地元では、「ボンとら」という愛称で親しまれ、ケーキも和菓子も「ボンとら」で買えるお店として愛されています。

 

ピレーネが誕生して50年。昔ながらの製法を変えず、ひとつひとつ丁寧に絞り、包まれていて、シンプルなのに食べたことのない美味しさにぜひ出会ってみてください。

愛知県豊橋市 ボンとらやの地元で人気の1日3,000個売れている「ピレーネ」
愛知県豊橋市 ボンとらやの地元で人気の1日3,000個売れている「ピレーネ」

※掲載情報は 2017/03/28 時点のものとなります。

  • 19
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
愛知県豊橋市 ボンとらやの地元で人気の1日3,000個売れている「ピレーネ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

鈴木明子

プロフィギュアスケーター

鈴木明子

愛知県豊橋市出身。6歳からスケートを始め、体調を崩してスケートを離れた時期もあったが、2004年に見事復帰。そして2010年バンクーバーオリンピックで8位に入賞し、多くの感動を生んだ。持ち前の表現力と世界観で2011年GPファイナル銀メダル、2012年世界選手権銅メダル、現役最後の2013年全日本選手権では悲願の優勝を果たし、ソチへの切符を手にする。ソチオリンピックでは2大会連続となる8位入賞。
現在は、プロフィギュアスケーターとしてアイスショー出演を軸に、テレビ出演や全国各地での講演活動を精力的に行っている。また2015年、本郷理華選手のSP「キダム」を振り付ける等、念願の振付師としてのキャリアをスタートさせた。

※直近の著書※ 2015年12月発売
「プロのフィギュア観戦術」(PHP新書)
「等身大で生きる-スケートで学んだチャンスのつかみ方」(NHK出版)

※著書
「壁はきっと超えられる~夢をかなえる晩成力」(プレジデント社)
「ひとつひとつ。少しずつ。」(KADOKAWA)

次へ

前へ