【食べ納め】冬の食卓のド定番をあえてお取り寄せ“激うま鍋”7選

【食べ納め】冬の食卓のド定番をあえてお取り寄せ“激うま鍋”7選

記事詳細


長い冬もそろそろ終わりの見えてきた季節。寒い日に食べたいものと言えばやっぱり鍋料理。手軽にできて少人数でも大人数でもわいわい食べられるのが嬉しい鍋ですが、冬の食卓の定番とも言えます。そんな鍋を冬が終わる前に、一度お取り寄せしてみませんか?今回おすすめするのは全国各地の有名店が販売するお取り寄せ鍋。お料理の必要はなく鍋にセットするだけで名店のごちそうが味わえるという優れものです。新鮮なお肉を使ったすき焼きや水炊き、または一風変わったあの鍋まで。お取り寄せグルメには興味があるけどこれまで使ったことがない、種類が多すぎてどれをえらべばいいのかわからない。そんな方におすすめする鍋料理を集めてみました!

1:自由が丘の人気薬膳レストランの豆乳薬膳鍋

【食べ納め】冬の食卓のド定番をあえてお取り寄せ“激うま鍋”7選

自由が丘のカジュアル薬膳レストラン「ZEN ROOM」。「薬膳は、特別な日だけでなく、日常的に無理なく食べ続けられることが何より大切」をモットーに、手軽にとれる薬膳メニューを提供しています。こちらの「おうちで薬膳」は、そんなZEN ROOMの人気メニュー【薬膳鍋・スープと漢方食材セット】。季節に応じて漢方薬剤師が調合した18種類の漢方食材を使ったスープは、奥深い味わいが特徴。豆乳、西京味噌、白ごまなどをベースにしてあるので、豆腐や白菜、きのこ類など普段の鍋と同じ具材で楽しめます。薬膳理論に基づきつつも、食べやすいように和の調味料や食材も活用しているので、クセが強い料理が苦手という方も楽しめます。

2:これが本場秋田県のきりたんぽ鍋!

【食べ納め】冬の食卓のド定番をあえてお取り寄せ“激うま鍋”7選

全国の郷土鍋の中でも特に有名な料理と言えば、秋田県のきりたんぽ鍋。鍋にしては珍しいお餅が主役のお料理は見た目にもおいしそうですよね。名前は知っているけど、実際食べたことがないという人も多いのでは?そんな人におすすめするのが「料亭北秋クラブ」のお取り寄せきりたんぽ鍋。かの有名な文豪も通ったと言われる老舗。お取り寄せのきりたんぽには、お餅はもちろん、きりたんぽの味を左右すると言われる比内鶏やマイタケなどの根菜類も入っています。食材も調味料も不要なので、お料理が苦手な人にもおすすめです!

3:ごちそう鍋と言えばやっぱりすき焼きでしょう!?

【食べ納め】冬の食卓のド定番をあえてお取り寄せ“激うま鍋”7選

ごちそうの鍋料理と言えば、やっぱり牛肉が主役のすき焼き!銀座吉澤の「すき焼」セットは、クール便の折詰で送られてくるという、ごちそうお取り寄せグルメの代表格。折詰の【一の重】は黒毛和牛、【二の重】には長葱、春菊、白滝、椎茸、高野豆腐、玉葱、竹の子、えのき、人参と野菜などの具が。もちろん、すき焼きの味の決め手となる銀座吉澤特製の「割り下」もついています。すき焼きのおかみさながらまずは肉だけ焼いて食べるもよし、手軽に全部一度に煮込むのもあり。好きなように食べられるのもお家ならではですね。

4:この季節だけの楽しみ。ちょっと苦めの春野菜鍋

【食べ納め】冬の食卓のド定番をあえてお取り寄せ“激うま鍋”7選

京都に数ある料亭の中でも、和食通をうならせているのが「和久傳」です。そんな「和久傳」のこの季節だけの楽しみが「春の苦み鍋」。その名の通り春に食べられる苦みのある食材を鍋にしたものです。具材は花わさび、蕨(わらび)、芹(せり)、茗荷(みょうが)、蕗の薹(ふきのとう)、などの山菜と牛のロース肉。新鮮な山菜の苦みは舌がピリピリせず、日本ならではの春を感じさせます。霜降りの牛肉は少し脂身が多すぎるように感じますが、山菜の苦みとのバランスがちょうどよく、さすが「和久傳」。ファンが多いお取り寄せ鍋です。

5:もつ鍋なのに驚くほど臭みがない茅野屋の「もつ鍋」

【食べ納め】冬の食卓のド定番をあえてお取り寄せ“激うま鍋”7選

六本木ミッドタウンなどに店舗を持つだし専門店「茅野舎」。色々な種類の出汁が楽しめ、自宅でも簡単に本格的な出汁がとれると、出汁ブームの先駆けとなったお店です。そんな茅野舎の隠れたヒット商品が「もつ鍋」。出汁がおいしいのは言わずもがな、セットになったモツはお肉屋さんも驚くほど新鮮で臭みがないそうです。モツ鍋は匂いがあって苦手という方もいますが、新鮮なモツを使えば匂いはまったく気にならないとのこと。ぜひたっぷりのキャベツと一緒にお召し上がりください。

6:今度のホームパーティー、すっぽんにしない?

【食べ納め】冬の食卓のド定番をあえてお取り寄せ“激うま鍋”7選

滋養強壮や美肌などで話題になるものの実際にすっぽんを食べたことがある人ってそんなにいないですよね。そもそもすっぽん料理ってどこで食べるの?どうやって食べるの?甲羅は食べられるの??など、食べたことがない人にとって謎に包まれたかのような食べ物。それなら今度のホームパーティーはすっぽん鍋を食べよう!をテーマにしてみませんか?京都舞坂の「特選すっぽん鍋」はすっぽんを丸ごと一匹たいたものが、そのままの姿でチルドされています。一見グロテスクなその見た目からは想像も出来ない淡泊で上品な味。みんなでワイワイ楽しみたい方におすすめのお取り寄せグルメです。

7:濃厚な鶏出汁が自慢の博多風水炊き鍋

【食べ納め】冬の食卓のド定番をあえてお取り寄せ“激うま鍋”7選
【食べ納め】冬の食卓のド定番をあえてお取り寄せ“激うま鍋”7選

関西風のあっさりとした水炊きに比べ、濃厚な鶏出汁が自慢の博多風水炊き。寒い冬にぴったりのポタージュ状のスープは濃い味が好きな男性にも人気の鍋料理です。2014年にミシュランガイド福岡・佐賀版のビブグルマンに選ばれ、水炊き専門店が多い福岡で注目を集めている「とり田」のお取り寄せ水炊きは、骨付きもも肉とむね肉、つみれの3種類のお肉が入っています。好みがわかれるところですが、モモ肉と砂肝を合わせたつみれは絶品と評判だそうです。特性ポン酢と柚子胡椒も入っているので、あとは白菜などの定番野菜を合わせるだけ。〆のごはんかちゃんぽんはどちらも甲乙つけがたいですね。

※掲載情報は 2017/02/19 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
【食べ納め】冬の食卓のド定番をあえてお取り寄せ“激うま鍋”7選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ