うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

  • 12
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2017/02/03 公開

記事詳細

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

瀬戸内海に面した四国の北東に位置し、高松市が県庁所在地の香川県。全国一小さい県だそうです。瀬戸内海式気候で、晴天の日が多く雨量が少ないので、日照時間が長いことが特徴です。そのため塩の生産・発展に役立ち、「塩田王国香川」と言われました。雨量の少ない気候は地中海と似ており、小豆島は1907年(明治40年)に日本で始めてオリーブの生産に成功した場所だそうです。そして讃岐うどんで知られる香川県のうどんの生産量は日本一。そんな香川県の名産品や地元のならではのお菓子などをご紹介します。

香川県民なら知っている!?400年の歴史のある山下おいり本舗の「さぬきのおいり」

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

香川では400年以上前から嫁入り道具のひとつとして用いられ、“炒って”作られることと“お嫁入り”をかけて「おいり」と呼ばれているお菓子です。中は空洞で、サクッとした歯ざわりの後にはすでにとけている、軽く繊細な食感だそうです。関東では知名度の低いお菓子なため、ちょっとした手土産に使うと、「何これ? お菓子なの? かわいい!」と喜ばれるそうです。

 

【店舗名】山下おいり本舗

住所:香川県三豊市高瀬町新名1018ー20

営業時間:10:00〜18:00

定休日:不定休

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

香川の本場の「ぶっかけうどん」のだしが決め手の「もり家」の讃岐うどん

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

香川県高松市にある「もり家」。一つずつ丁寧に作られるこちらの手打ちうどんは、表面はツルツルしていて、しっかりとしたコシが感じられるのが特徴です。讃岐うどんの麺のこしを楽しめるのが「ぶっかけ」ですが、この「もり家」のうどんを一番美味しく頂くのは、通販で購入する一緒に入ってくる「ぶっかけだし」。茹で上げたうどんの上から、薄めずそのままかけて使えるストレートだしが入っているので、いつでも本格的な讃岐うどんが楽しめます。

 

【店舗名】もり家本店
住所:香川県高松市香川町川内原1575-1
営業時間:10:30~20:00
定休日:毎週木曜日(祝日の場合は営業)

 

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

「るみおばあちゃん」の笑顔が浮かぶ!?池上製麺所の讃岐うどん

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

香川県高松市にある池上製麺所には、「るみおばあちゃん」という名物おばあちゃんがいます。るみおばあちゃんのうどんは、ものすごくコシが強いということもなく、柔らか過ぎるということもない、誰にでも食べ易い素朴な「讃岐うどん」なのだそうです。程よいうどんの食感と、親しみやすいダシ醤油の旨味が合わさって、食べた瞬間、思わずホッとするそうです。るみおばあちゃんの笑顔が見えてきそうな絶品うどん、是非お土産にしませんか?

 

【店舗名】池上製麺所
住所:香川県高松市香川町川東下899-1
営業時間:10:00~14:30
定休日:火曜日(祝日の場合営業、翌週月曜休み)、元旦

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

小豆島の自然と気候をまるごと味わえる! 粒ぞろいな金両株式会社の「オリーブ塩漬け」

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

小豆島のオリーブそのものが味わえる商品をご紹介します。日本で唯一のオリーブの品評会【ORIVE JAPAN】でも金賞を獲得したことがある金両株式会社の「とれたてオリーブの塩漬け」です。小豆島で築100年以上の蔵で伝統調味料の醤油を製造する『金両醤油』が栽培から手掛け、丁寧に一粒ずつ手摘みで収穫しています。収穫時だけでなく、塩漬け時、瓶詰時と三回にわたり選別されるので、見事な粒が揃っています。毎年収穫できる分だけの数量限定販売です。

 

【店舗名】金両醤油
住所:香川県小豆郡小豆島町馬木甲842-1
営業時間:9:00~17:00
定休日:なし

 

※季節(数量)限定商品
毎年収穫分しか作らないので、数に限りがあります。通常11月頃から販売され、売り切れたら翌年まで待たなければいけないようです。

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

小豆島のオリーブ農家・井上誠耕園が辿り着いた「エキストラヴァージンオイル」

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

小豆島でオリーブ畑を手がける『井上誠耕園』が品質にこだわりつくして、たどり着いたのがこの「エキストラヴァージン緑果オリーブオイル」。小豆島はオリーブ畑の面積が小さく収穫数にも限りがありますが、もっとたくさんの人に食べてほしいという想いから、オリーブ大国スペインで提携農家を探すところから始めて出来上がった渾身の品。絞りたての色と香りをぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

【店舗名】井上誠耕園
住所:香川県小豆郡小豆島町池田2352
営業時間:9:00~17:00
定休日:日曜日

小豆島産オリーブをたっぷり使ったタケサン株式会社の「和風タプナード」

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

小豆島で収穫された新鮮なオリーブと小豆島で仕込まれた天然醸造丸大豆醤油もろみが出会い生まれたのが、この「島のディップソース」。トマトの酸味にニンニクの香りともろみの甘さが、オリーブオイルによってしっかりと融合された和風“タプナード”です。タプナードとは、オリーブの産地・南フランスのプロヴァンスの郷土料理でオリーブをたっぷり使ったペーストのこと。肉や野菜はもちろんパンとの相性も抜群だそうです。

 

【店舗名】タケサン株式会社
住所:タケサン株式会社
営業時間:9:00~17:00
定休日:土・日曜日、祝日、年末年始

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

子どもも大人も夢中になる!夢菓房たからの白あんと果実のハーモニー「フルーツ大福」

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

高松市で昭和11年創業の老舗和菓子店『夢菓房たから』には、一風変わった大福がずらりとならんでいます。その大福は、季節ごとに異なる「フルーツ大福」。イチゴやミカンは見たことがあるという方も、パイナップル、ブドウ、マンゴー、柿、モモなどは見たことがない方も多いのでは?フルーツは季節ごとに変わるので、お気に入りの大福を毎年楽しみに待つというファンもいるそうです。写真はイチジク大福。みずみずしいイチジクの果肉が楽しめるフルーツ大福です。

 

【店舗名】 夢菓房たから
住所:香川県高松市春日町214
営業時間:8:30~18:30
定休日:水曜日

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

コーヒーとの相性抜群なプシプシーナ珈琲の「ショウガトウ」

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

こちらは、高松市の自家焙煎の珈琲豆店プシプシーナ珈琲の「ショウガトウ」。四国の高知産の生姜を使った、表面はカリカリ、内側はゼリー仕立てでプリッとした新食感のお菓子です。自家焙煎の珈琲豆店が手掛ける珈琲との相性抜群だそうです。お土産に持って帰れば、職場での珈琲タイムにおすそ分けできて、喜ばれること間違いナシですよ。

 

【店舗名】
プシプシーナ珈琲
住所:香川県高松市朝日町2-19-16
営業時間:11:00~18:00
定休日:水・木曜日

うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産

※掲載情報は 2017/02/03 時点のものとなります。

  • 12
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
うどんだけじゃない!?香川県に行ったら絶対買いたい香川土産
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ