言わずと知れた茅乃舎から新発売された、燻した国産鶏使用の「鶏だし」

言わずと知れた茅乃舎から新発売された、燻した国産鶏使用の「鶏だし」

記事詳細


紹介している商品


うまみの秘密は、“鶏の削り節”。鶏肉そのもののうまみが味わえる新登場のだしです。

言わずと知れた茅乃舎から新発売された、燻した国産鶏使用の「鶏だし」

こんにちは。料理研究家/食のトータルデザイナーの小野孝予です。

 

先月のレッスン時、料理教室の生徒さんからクリスマスプレゼントに茅乃舎のだしを頂きました。もともと茅乃舎のだしはどれも好きなので、「わ~、嬉しい!」と開けてみてこの「鶏だし」を発見しました。このだしの存在、知りませんでした。いつの間にか「鶏だし」が新発売になっていたようです。

 

茅乃舎の商品はどれも完成度が高くて美味しく人気商品なので、多くの方がご存知です。ですから私があえてご紹介することもないか?!とも思いましたが、もしかして私のように茅乃舎ラヴァーの方で「鶏だし」のことをまだ知らない方がいるかもしれないので、この度記事にしました。

言わずと知れた茅乃舎から新発売された、燻した国産鶏使用の「鶏だし」

早速お鍋に水とだしパックを入れ、火に掛けてみました。他のおだしと同様に沸騰してから数分煮立たせると、澄んでいて上品な美味しい鶏のだしが取れるのです。簡単です!

 

鶏ガラで取る時には、ねぎ、生姜、にんにくと共に長く煮て、その間何よりもアクの除去が大変なのですが、その必要はもちろんありません。

言わずと知れた茅乃舎から新発売された、燻した国産鶏使用の「鶏だし」

まずはほんのひとつまみのお塩を加えて、そのまま飲んでみました。鶏そのもののおだしですが、臭みや雑味は一切感じません。

 

その次にはレシピ集を参考に、卵スープを作りました。レシピ通りには作らず、冬なので水溶き片栗粉を入れてとろみを付けました。こうすると卵も浮いて綺麗ですし、冷めにくくなります。

言わずと知れた茅乃舎から新発売された、燻した国産鶏使用の「鶏だし」

にんにくや生姜を入れてごま油を垂らして熱々を飲めば、寒い冬でもポカポカに体が温まり、スタミナもついて益々美味しくなりそう!レシピ集のメニューはどれも美味しそうですが、だしを破って入れる炒飯に興味津々!私ならこれにどう私自身のオリジナルを加えようか?等と卵スープを飲みながら、色々とアイデアが湧いて来て楽しいです。

言わずと知れた茅乃舎から新発売された、燻した国産鶏使用の「鶏だし」

「鶏だし」は只今人気商品なのか、オンラインショップではタイミングが悪いと売り切れの場合もあるようです。ですから、在庫があれば迷わずポチッとすべきです。手元にあって困る品物ではないですからね。また大きさも価格も手頃なので、ちょっとしたプレゼントにも最適ですよ!

※掲載情報は 2017/01/17 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
言わずと知れた茅乃舎から新発売された、燻した国産鶏使用の「鶏だし」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

小野孝予

料理研究家/食トータルデザイナー

小野孝予

株式会社クオリア取締役社長 料理教室クオリア主宰  
航空会社在職中、各地滞在先で様々な本場の味や食材に出会い、食の世界に興味を抱く。また田崎真也氏に師事してソムリエ、きき酒師の資格を取得。退社後は料理学校、フードコーディネーター養成スクール、テーブルコーディネートスクールにて食全般に関する知識を深める。2006年より横浜市青葉区の自宅で、家庭料理をテーマにしたサロン形式の料理教室を主宰。スーパーで買える食材と調味料を使って作る健康に配慮したメニューを、日本文化の特徴である季節感、気配り、おもてなしの心を取り入れたアイデアで提案。教室へは30代~60代を中心とした主婦層が中心に、延べ3,000人以上の生徒が訪れる。一方、ソムリエ、チーズプロシェッショナルとしてワインやチーズの講座も開催し、流行に敏感でおしゃれな女性が参加。WEB、雑誌のコラム執筆やレシピ紹介、企業へのレシピ開発も行なう。日本橋三越、新宿伊勢丹でのイベント講座やNHK総合テレビ、ラジオ文化放送など様々なメディアにも出演。2010年秋よりシノワテイストのテーブルウエア通販サイト『モダンシノワ』をオープン。

次へ

前へ