やばい!深夜にお腹がすいてしまった!我慢できない時の罪悪感の少ないグルメ6選

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2016/12/26 公開

記事詳細

やばい!深夜にお腹がすいてしまった!我慢できない時の罪悪感の少ないグルメ6選

年末も近づき、仕事の追い込みや忘年会などもあり、不規則な生活になってしまっている方もいるかと思います。そのため、食生活も時間がずれてしまい、仕事を終わった後や飲んだ後など、深夜に夜食を食べたい方もいるかと思います。ガッツリ食べて満腹感をえるのもいいですが、今回は、胃にも優しくて罪悪感も少ない、消化の良さもあるそんな食材をご紹介いたします。12月に入って飲みすぎたり食べ過ぎたりしてしまった人で、ダイエットやカロリーを気にする方にも、ぜひ参考にしていただければと思います。

ヨーグルト:空気に触れる機会が少なくて開封しても鮮度が落ちにくい「搾るヨーグルト」

やばい!深夜にお腹がすいてしまった!我慢できない時の罪悪感の少ないグルメ6選
やばい!深夜にお腹がすいてしまった!我慢できない時の罪悪感の少ないグルメ6選

せっかく食べるなら、体に負担が少ないイメージがあるものを選びたいですよね。ここは乳酸菌に頼ってみてはいかがでしょうか。自分で食べる量を調整しやすいのが、森林ノ牧場の「搾るヨーグルト」です。空気に触れる機会が少なくて開封しても鮮度が落ちにくく、清潔なのが特徴。紹介者のY+Associates 代表の麻生要一郎さん曰く、森林ノ牛乳の濃厚ながらすっきりとした味わいで、ヨーグルト本来のまろやかで素朴な味わいが楽しめるのだそうです。無糖と加糖があるので、好みに合わせて選べるのが魅力です。

おでん:有名店の味が楽しめる「おでん缶」

やばい!深夜にお腹がすいてしまった!我慢できない時の罪悪感の少ないグルメ6選
やばい!深夜にお腹がすいてしまった!我慢できない時の罪悪感の少ないグルメ6選

小腹がすいてしまった際には、食べるもののバランスも気にしたいところ。そんな時には、コピーライター、グルメガイドの菅野夕霧さんにご紹介いただいた、本格的な味が自宅でも楽しめるお多幸の「おでん缶」はいかがでしょうか。お店でも一番人気である、10時間も煮込まれ、飴色の仕上がった大根なども入った、お任せ10種(2人前)も入っているそうです。コンビニなどでも味わうことができますが、せっかくなら最後までこだわり、美味しいもので小腹を満たしてみてはいかがでしょうか。また、酔っていても、具材はエンジ色の専用缶に、そして出汁は別容器で準備してくれるので、持ち歩いても汁がこぼれる心配はありません。

ジュレ:柑橘系の味わいが楽しめる「レモンの島」

やばい!深夜にお腹がすいてしまった!我慢できない時の罪悪感の少ないグルメ6選
やばい!深夜にお腹がすいてしまった!我慢できない時の罪悪感の少ないグルメ6選

深夜に小腹がすいてしまったら、目覚ましも兼ねてこちらはいかがでしょうか。フードジャーナリストのはんつ遠藤さんに紹介していただいた、est-ettoの瀬戸内フルーツジュレ「レモンの島」です。種類は「レモンの島」、「夏柑の島」、「ネーブルの島」の3つありますが、レモンの味に特化した柑橘系の味わいが楽しめます。レモンの産地として知られている広島の“広島レモン”を使った「レモンの島」は、そのまま食べても美味しいですが、ホイップクリームと合わせたり、ラム酒をかけたりするのもオススメの食べ方だそうですので、本格的なスイーツが食べたい場合にもオススメです。

とうふ:大豆100%なのにとってもクリーミーな「マスカルポーネのようなナチュラルとうふ」

やばい!深夜にお腹がすいてしまった!我慢できない時の罪悪感の少ないグルメ6選
やばい!深夜にお腹がすいてしまった!我慢できない時の罪悪感の少ないグルメ6選

ゼリーではなく、もうちょっと食べ応えのあるものを、という方にピッタリなのが、相模屋の「マスカルポーネのようなナチュラルとうふ」。大豆100%なのにとってもクリーミーで、120gと食べやすいサイズオリーブオイルも一緒についています。魅力的。紹介者の田中伶子クッキングスクール校長の中村奈津子さん曰く、マスカルポーネのような濃厚さがあり、後味はさわやかなのだそうです。オリーブオイルをかけたり、はちみつや果物のコンフィなどをかけたりしてデザートのように頂くのもいいとのこと。深夜のスイーツとして選んでみてはいかがでしょうか。

納豆:よく混ぜて粘りをたくさん出して食べたい「過激にうまい!いいなっトウッ!」

やばい!深夜にお腹がすいてしまった!我慢できない時の罪悪感の少ないグルメ6選

何か口がさびしい……そんな時は、食べ応えもある納豆はいかがでしょうか。魚料理研究家の是友麻希さんが紹介してくれたのが、粘りが特長の竹之下フーズ「過激にうまい!いいなっトウッ!」です。特徴を活かすため、食べる際にはよく混ぜて粘りをたくさん出して、仕上げに醤油とからし、ねぎなどを入れると、大粒な豆の感触をより味わえるのだそうです。そのまま味わっても、ご飯や豆腐など他の食材とも合わせやすい納豆です。

甘酒:精米歩合の麹を100%使用した「吟醸甘酒(全麹仕込み)」

やばい!深夜にお腹がすいてしまった!我慢できない時の罪悪感の少ないグルメ6選
やばい!深夜にお腹がすいてしまった!我慢できない時の罪悪感の少ないグルメ6選

もうちょっとお酒と小腹を満たしたい、そんな時にはこちらの甘酒はいかがでしょうか。ブロガー日本女子代表/やまなし大使のizuminさんに紹介いただいた、中善酒造店の吟醸酒を作る時と同じ精米歩合の麹を100%使用した「吟醸甘酒(全麹仕込み)」。甘酒独特のザラリとした食感も楽しめながら、スッキリとした上品で甘さも控えめな味わいだそうです。非常に飲みやすいのも特徴で、冷たいままでも、牛乳と1:1で割って温めても美味しいとのこと。こだわりの甘酒、最後の〆にも選んでみてはいかがでしょうか。

※掲載情報は 2016/12/26 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
やばい!深夜にお腹がすいてしまった!我慢できない時の罪悪感の少ないグルメ6選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

この記事をシェアする

次へ

前へ