紹興酒のような芳醇な味『純米本みりん 飛鳥山』

紹興酒のような芳醇な味『純米本みりん 飛鳥山』

記事詳細


紹介している商品


お料理に奥行きが生まれる、飲んでも美味しいみりん

静岡県藤枝市で作られている『純米本みりん 飛鳥山』。名前の由来は、東京の桜の名所である北区の飛鳥山から。五代目のご主人が、近くの滝野川醸造試験所で修行されていたのだそう。ラベルの桜柄も納得ですね。このみりんの材料は、餅米、米麹、焼酎のみ。活性炭素濾過も火入れもせずに2年熟成させているので旨味たっぷり。アルコール度数は14度以上。我が家では、肉じゃが、煮魚、うどん出汁など、あらゆるメニューに大活躍!上品で柔らかな甘味と深いコクが生まれ、お料理の味に奥行きが出ます。ちょっと舐めてみると熟成香が素晴らしい。みりんなのでもちろん甘いのですが、まるでざらめを入れた紹興酒のような芳醇な味わい。貴醸酒(水の代わりに酒で仕込んだお酒)感覚で食前酒としても楽しめます。レモンを加えると味がキュッと締まって美味しいですよ。

紹興酒のような芳醇な味『純米本みりん 飛鳥山』

※掲載情報は 2014/11/19 時点のものとなります。

  • 0
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
紹興酒のような芳醇な味『純米本みりん 飛鳥山』
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

椿

ご当地グルメ研究家/日本外食リサーチ&PR協会理事​

椿

日本全国の美味しいモノを世の中に残すために日々奮闘中。「その地域で長く愛されているローカルフード」を探し、そこに如何に根付いているのかを研究。職業は“テレビの中の人”。WEB、雑誌などでも、グルメ情報に関するリサーチ・取材・レシピ提供・寄稿を行っている。耕作放棄地を再び田んぼにして酒米を作り純米酒にする「僕らの酒プロジェクト」に参加。
日本外食リサーチ&PR協会理事​

次へ

前へ