四万十川の源流特産!生栗を50%使用した希少な栗焼酎「ダバダ火振」

四万十川の源流特産!生栗を50%使用した希少な栗焼酎「ダバダ火振」

記事詳細


紹介している商品


あのカリスマソムリエ田崎真也氏も愛飲 秘密のケンミンSHOWでは出演者から絶賛

こんにちは。料理研究家/食のトータルデザイナーの小野孝予です。


さて今日はこの季節にぴったりの、超大人気 栗焼酎「ダバダ火振」をご紹介します。

 

「ダバダ火振」は、四万十川上流域に位置する、高知県内一の栗産地で郷土産品として誕生しました。製造販売は高知県の西部、幡多郡大正町で明治時代に酒造りを始めた蔵元「無手無冠(むてむか)」が行なっています。

 

蔵元の社名「無手無冠(むてむか)」は、冠におぼれず、飾らず、素朴な心を大切に、ひたすら自然を生かした地の酒造りという、創業当時からの酒造りの姿勢に由来しているそうです。

 

また栗焼酎「ダバダ火振」の酒名は、四万十川流域で夏の闇夜にたいまつの火を振り、鮎を定置網に追い込む「火振り漁」と、方言で人の集まる場所を「駄場(ダバ)」と呼ぶこの2つが、ネーミングの由来となっています。

 

肝心の味は……と言いますと、栗のほのかな香りとソフトな甘みが口の中でふわっと広がります。そしてクセがないので、とても飲み易いです。スッキリとしていて、全体的には辛口の印象です。栗をたっぷり50%も使用し、その香りを封じ込めるように低温でゆっくりと蒸留している為、ひと味もふた味も違う贅沢な味わいになっています。先日私は、殻付き帆立の酒蒸しをおつまみにして、美味しく頂きました。

四万十川の源流特産!生栗を50%使用した希少な栗焼酎「ダバダ火振」

私の好みはロックですが、ストレート又はお湯や炭酸割りも美味しいとのこと。


サイズの種類は、写真の900ml、720mlの他に、1800ml、100mlもあります。

四万十川の源流特産!生栗を50%使用した希少な栗焼酎「ダバダ火振」

※掲載情報は 2016/09/17 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
四万十川の源流特産!生栗を50%使用した希少な栗焼酎「ダバダ火振」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

小野孝予

料理研究家/食トータルデザイナー

小野孝予

株式会社クオリア取締役社長 料理教室クオリア主宰  
航空会社在職中、各地滞在先で様々な本場の味や食材に出会い、食の世界に興味を抱く。また田崎真也氏に師事してソムリエ、きき酒師の資格を取得。退社後は料理学校、フードコーディネーター養成スクール、テーブルコーディネートスクールにて食全般に関する知識を深める。2006年より横浜市青葉区の自宅で、家庭料理をテーマにしたサロン形式の料理教室を主宰。スーパーで買える食材と調味料を使って作る健康に配慮したメニューを、日本文化の特徴である季節感、気配り、おもてなしの心を取り入れたアイデアで提案。教室へは30代~60代を中心とした主婦層が中心に、延べ3,000人以上の生徒が訪れる。一方、ソムリエ、チーズプロシェッショナルとしてワインやチーズの講座も開催し、流行に敏感でおしゃれな女性が参加。WEB、雑誌のコラム執筆やレシピ紹介、企業へのレシピ開発も行なう。日本橋三越、新宿伊勢丹でのイベント講座やNHK総合テレビ、ラジオ文化放送など様々なメディアにも出演。2010年秋よりシノワテイストのテーブルウエア通販サイト『モダンシノワ』をオープン。

次へ

前へ