宮崎に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい“うめかもん”

宮崎に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい“うめかもん”

記事詳細


九州南東部に位置する宮崎県。南国情緒豊かな気候から、プロ野球などのキャンプ地や農業が盛んな土地としても知られています。食べ物も豊富ですが、仕事や旅行で行く時には余裕がないので、お土産も空港などで済ませがちですよね。ですが、下調べなどをしておけば、地元でも話題のおいしいものをお土産に選ぶことも可能です。今回はケーキやクッキー、お饅頭や調味料まで幅広くご紹介いたします。話題にも事欠かない、渡すのも楽しくなるお土産を選んでいますので、ぜひ、お土産を選ぶ際の参考になさってください!

宮崎県宮崎市:キャビアの芳醇さも愉しめえる『キャビアンクッキー』

宮崎に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい“うめかもん”

食の宝庫でもある宮崎県。世界三大珍味のひとつと言われるキャビアも宮崎の特産だそうで、『宮崎キャビア1983』を紹介してくれたのが、美容ライターの前田紀至子さんとMC・フードコーディネーターの岩切あけみさん。お土産としておすすめしたいのが『キャビアンクッキー』だそうで、表面にまぶされた岩塩の塩気がキャビアの風味を引き立て、ドライパウダーがふんだんに練りこまれているためキャビアの芳醇さも愉しめます。ワインや日本酒などのお酒の他にも、お茶やジュースにも合うのでちょっとしたお茶請けにも合うお菓子です。

宮崎県宮崎市:桃を丸ごと1個使った『桃太郎』

宮崎に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい“うめかもん”
宮崎に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい“うめかもん”

お土産などで選ぶなら、地元でしか買えないものも選びたいものです。宮崎を代表する西洋菓子店「リューヌ・ドゥ・プランタン」。宮崎のこの季節のスイーツ風物詩と紹介者のMCフードコーディネーターの岩切あけみさんに紹介してもらったのが『桃太郎』です。桃を丸ごと1個使っていて、毎年8月末ぐらいまでの販売期間中、出来るだけ桃の糖度が一定になるように山梨や岡山・九州産のものを使い分けているのだとか。さっぱりとした独特の桃の食感とカスタードクリームが組み合わせは絶妙なんだとか。期間限定で販売しているので、購入の際はお店にお問い合わせを忘れず。桃好きな方へのお土産にはピッタリではないでしょうか。

宮崎県西都市:肉料理や焼き鳥などに使うと旨みをぐっと引き上げる「ゆず胡椒」

宮崎に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい“うめかもん”

古墳で有名な観光地である宮崎県西都市から一時間、日本神話にも登場する銀鏡(しろみ)集落があります。ここでは、青柚子、黄柚子の二種類を加工した調味料やドレッシングなどがあり、中でもフードビジネスデザイナーの嶋啓祐さんオススメなのが「ゆず胡椒」です。肉料理や焼き鳥などに使うと旨みをぐっと引き上げ、辛過ぎず、とてもバランスのいい味わいになるのだそうです。機会がありましたら、ぜひ味わってみてください。

宮崎県宮崎市:生地にこだわりがある『チーズ饅頭』

宮崎に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい“うめかもん”

宮崎県民であれば、誰もが知っているお菓子を紹介いたします。シェフの中原弘光さんが紹介してくれたのが、「わらべ」の『チーズ饅頭』です。『チーズ饅頭』を出す店は多くありますが、こちらのお店には10代の頃から慣れ親しんできたそうです。某航空会社の機内誌にも取り上げられたそうで、一気に知名度を上げたとのこと。他のチーズ饅頭との違いは生地だそうで、最初の食感は「サクッ」という感じで、中に入っているクリームチーズもしつこくなくて、ついつい食べ過ぎてしまう美味しさなのだとか。日持ちは2日程度のため、発送などにも対応せず、ここに行かなければ買えないお菓子ですので、ぜひ宮崎に行った際に食べてみてください。

宮崎県延岡市:塩、砂糖、焼き加減にこだわった『北浦月の塩メレンゲ』

宮崎に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい“うめかもん”
宮崎に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい“うめかもん”

宮崎県延岡市北浦にある「道の駅北浦」。こちらでは目の前の海から取水した海水を使って塩やスイーツを製造しています。その『月の塩』と『北浦月の塩メレンゲ』を紹介してくれたのが、ソルトコーディネーターの青山志穂さん。『北浦月の塩メレンゲ』はココナッツ味とチョコレート味の2種類あり、地元のフランス菓子の『ガトゥオーノ』で作られた本格派。塩、砂糖、焼き加減にこだわり、カリっとした食感や表面のなめらかさが特徴のメレンゲのお菓子。シンプルだけど素材の美味しさを生かしたお菓子、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

宮崎日南市:3日間かけてじっくりと煮詰めて作られる『イチゴジャム』と『コンポート』

宮崎に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい“うめかもん”
宮崎に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい“うめかもん”

気候もいい地域である宮崎県には、多く農園があります。その中でベジフルコーディネイターの松永靖嘉さんに紹介してもらったのが、宮崎日南市の南浩二さんのいちご農園で収穫した『イチゴジャム』と『コンポート』です。その日とれたイチゴのへたを一粒一粒丁寧に取り、3日間かけてじっくりと煮詰めて作られます。食べ方もパンに塗ったり、ヨーグルトやフルーツサラダ、シリアルなどにかけたりするのがオススメだそうです。時間をかけてゆっくり食べたい『イチゴジャム』と『コンポート』です。

※掲載情報は 2016/08/14 時点のものとなります。

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
宮崎に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい“うめかもん”
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ