【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選

【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選

記事詳細


「乳酸菌が身体に良い」というのは、だれもが知っていること。ではなぜ身体に良いかを知っていますか?

 

体内にはさまざまな病原菌が存在するといわれています。それは良いもの(善玉菌)も悪いもの(悪玉菌)すべて混ざっているようで、乳酸菌は腸などの内臓器官に一定的に常在し、他の病原微生物をやっつけてくれる働きをするから身体に良いとされているんのです。欲を言えば毎日のように乳酸菌を摂取することが理想。

 

そこで、意識的に乳酸菌を摂らなきゃと思っている方も多いことでしょう。乳酸菌を多く含む食べ物と聞いてまず初めに思い浮かべるのがヨーグルト、チーズ、牛乳などの乳製品。もちろん正解ですが、それだけではありません。日本の食卓に欠かせない味噌、漬物などにも多く含まれているんです。簡単に言えば、食品の発酵を促す食べ物に多く含まれているのです。

 

よく考えてみれば日本食には乳酸菌を含む食べ物が多いようで。乳酸菌を含むものをより積極的に体内に摂取することを意識し、いつまでも健康体でありたいと思います。もちろん、健康であることだけでなく美容にも良いとされているのはご存知のとおり。そんな乳酸菌を多く含むとっておきのグルメをご紹介します。

1:L.A.生まれのオーガニックヨーグルト、スノーラのフローズンヨーグルト

【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選
【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選

アメリカ・ロサンゼルス生まれのフローズンヨーグルト「スノーラ」が、最近日本でも話題となっています。本店はビバリーヒルズで、多くのセレブたちにも人気のオーガニックヨーグルトのショップ。L.A.生まれとはいえ、ここ日本では群馬県嬬恋村で無農薬の牧草を食べて育った牛のミルクを使用しています。水は京都伏見の名水を使用して国産であることにこだわっています。肝心の味は口当たりが非常に滑らかでさらっとした感触。ヨーグルトにかけるソースはサワーチェリー、マンゴー、アロエ&ナタデココ、チョコレートの4種。美容と健康に意識の高い、そしてオーガニックにこだわる人におすすめのヨーグルトです。

2:関東(千葉県)で作りたてのチーズが食べられる!高秀牧場チーズ工房のブルーチーズ

【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選
【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選

チーズ工房といえば、国内では酪農がもっとも盛んな北海道を思い浮かべます。しかし、いま千葉県南房総(関東)でチーズ工房を始める職人たちがチラホラと集まりだしたようです。もとはといえば、江戸時代、8代将軍徳川吉宗がインドから乳牛を輸入し乳製品を作らせたのが千葉県。南房総市にある酪農の里は“日本酪農発祥の地”として千葉県史跡に認定されている土地なんです。そこで2011年からチーズ作りを始めた高秀牧場。北海道で経験を積んだ職人によって作られるブルーチーズ「草原の青空」は、本場フランスのチーズコンテストでも最高賞を受賞するほどの実力派。もはや世界が認めるチーズなんです。

3:まろやかで甘味、辛味、酸味のバランスが効いた旨みのあるコリアスンデ家のキムチ

【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選
【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選

韓国の漬物としてあまりにも有名なキムチ。スーパーなどでも販売されており、焼き肉店では必ずと言ってよいほど口にするものですが、もともとは家庭料理のひとつ。お店によって味もマチマチですが、そこのキムチが美味しいからと言ってお店を選ぶわけではありません。しかし、それを理由でついつい選んでしまうお店が、コリアンタウンとして知られる東京・新大久保の「コリアンスンデ家」です。まろやかな甘味と酸味がうまく絡み合いバランスの良い味は後を引きます。1キロ1000円で持ち帰り可能なのも魅力的ですね。

4:一粒の存在感大!コクと味の深みを感じさせる丸真食品の舟納豆

【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選
【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選

朝食の定番として知られている納豆。炊き立ての白いご飯の上に薬味たっぷり、粘りけたっぷりの納豆を載せ食す。もはや各家庭でも定番として親しまれている納豆ですが、納豆の産地で有名なのが茨城県。その茨城県で旧くから納豆作りを手掛ける丸真食品。なかでもマツの木を薄く削った経木を使用し、船のカタチに放送した舟納豆は、茨城県奥久慈産の大豆のみを使用し手作られます。特有の粘りはもちろん、小粒の豆、一粒ずつ味の存在感を感じることができる納豆。ついつい口の中へかけこんでしまいますが、ゆっくりと豆の風味を味わいたいものです。

5:旬ならではの夏野菜を楽しみたい!割烹松屋の水茄子割烹漬け

【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選
【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選

いまでこそ一年中、スーパーなどで見ることができ、味わうことができる茄子ですが本来の旬は夏。日本での食文化としては奈良時代から食されていた伝統的な野菜のひとつです。茄子は数多くの品種が存在しますが、なかでも皮が柔らかく、水分を多く含み、アクがない生食できる茄子といえば水茄子をおいてほかにありません。代表的な生産地は大阪南部の貝塚市や泉佐野市。厳選された新鮮で特上の水茄子のみを使用し、泉佐野市の「割烹松屋」が仕込んだ水茄子の割烹漬けは、そのジューシーな味わいに虜となるに違いありません。

6:味ヨシ、風味ヨシ、生食ヨシの小野園次郎商店のいわき味噌

【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選

日本人の食卓に旧くから馴染みのある味噌。全国共通の調味料で、ひと昔前は各家庭で作るものでした。よって、その土地々、家庭によって味や色が異なり、赤みそ、白みそ、合わせみそ、麦みそのように、個性のある味噌が出来上がっていったのです。現在はスーパーなどでも様々な種類の味噌を見かけるようになりました。福島県いわき市で作られる小野園次郎商店の味噌は「酵母や乳酸菌が生きている味噌」として知られ、野菜にディップしてそのままでも美味しく食べられる味噌なんです。防腐剤など一切使用せず、今でも変わらず、昔ながらの製法で作られる特別な味噌。ひと口食べればその違いが解るはずです。

7:ふんわり柔らかな食感がたまらないチーズ工房NEEDSの大地のほっぺ

【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選
【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選

北海道産の新鮮で上質な牛乳で作り上げたソフトタイプのカマンベールチーズ。「大地のほっぺ」という名のとおり、ほっぺのように柔らかいソフトな食感が特徴です。ミルクの餅をイメージした作られたカマンベールチーズは、ソフトな食感とクセのないカマンベールの香りが口の中に広がり、そのまま食べてもOK。加熱しても濃厚でクリーミーさは失われることなく美味しくいただけます。乳酸菌はもちろんのこと、完全栄養食品といわれるチーズ。「大地のほっぺ」がクセになるはずです。

8:大切な人へのギフトやサプライズにクレマドールの超高級ヨーグルト

【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選
【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選

ひと瓶なんと5000円の超高級ヨーグルト。「濃密(リッチ)な時を味わうラグジュアリーヨーグルト」というお触れどおりその味わいは格別なもののようです。厳選された牧場の牛の中から搾りたての生乳の味わいを存分に引き出すため国産のはちみつ、砂糖のみしか配合されない贅沢な逸品。生産数に限りがあり、完全受注生産であるため、予約をしてから購入できるという特殊なマニュアルも特別感があって良いですね。ヨーグルトの瓶の容器もさることながら包装される箱も高級感に溢れています。

※掲載情報は 2016/07/22 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
【23日は乳酸菌の日】体の中からキレイになるのに必要な乳酸菌フード8選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ