干菓子って知ってる?人気の古都で買えるイマドキの日本の伝統和菓子「干菓子」3選

干菓子って知ってる?人気の古都で買えるイマドキの日本の伝統和菓子「干菓子」3選

記事詳細


日本にはたくさんの和菓子がありますが、その中の一つ「干菓子(ひがし)」はご存知でしょうか?「干菓子」とは、「乾菓子」とも書き、水分の少ない乾燥した和菓子のことを言います。

 

日本の伝統文化の中でも、供物や茶の湯、冠婚葬祭用として用いられてきた「干菓子」ですが、今回はモダンな部分が感じられるイマドキの干菓子を、和菓子にゆかりが深い古都(京都・金沢)から厳選し、ご紹介いたします。

1:【京都:落雁】天然果汁をとじ込めたさわやかなフルーツ落雁

干菓子って知ってる?人気の古都で買えるイマドキの日本の伝統和菓子「干菓子」3選

伝統的な和菓子である落雁を現代的にアレンジしている京都の和菓子ブランド「UCHU wagashi」は、お店が京都御所の近くにあり、長屋を改装した店内はシンプルでモダンな雰囲気が楽しめる人気店。

 

落雁は、米などから作った澱粉質の粉に水飴や砂糖を混ぜて着色し、型に押して乾燥させた干菓子ですが、こちらの落雁は、伝統的な製法で作られた和三盆と天然果汁で作られたゼリーを合わせた、モダンな落雁が楽しめます。フルーツ(フランボワーズ、キウイ、オレンジ等)のさわやかな酸味と和三盆の優しい甘さがマッチしたモダンな落雁はいかがですか?

干菓子って知ってる?人気の古都で買えるイマドキの日本の伝統和菓子「干菓子」3選

2:【金沢:落雁】1日2組限定の宿「薪の音金澤」で買える10味も種類がある落雁

干菓子って知ってる?人気の古都で買えるイマドキの日本の伝統和菓子「干菓子」3選

金沢の三茶屋街の一つで、人気観光スポットひがし茶屋街にある「薪の音金澤」。1日2組限定の宿ですが、一階には宿泊者以外の人も利用できるティーサロンとセレクトショップがあります。そちらで買える「落雁十彩」は、一見普通の落雁の形状をしていますが、黒糖、玄米、えんどう、おちらし、ほうじ茶など、なんと10種類の味があります。1個ずつ丁寧に個包装してあるので、ギフトにもおすすめ。中は球状の落雁ですが、半分になっているので、2人で食べ進めるのも楽しいかもしれませんよ!

干菓子って知ってる?人気の古都で買えるイマドキの日本の伝統和菓子「干菓子」3選

3:【金沢:甘納豆】甦った幻の大豆「大浜だいず」を使った甘納豆

干菓子って知ってる?人気の古都で買えるイマドキの日本の伝統和菓子「干菓子」3選

石川の三大茶屋街のひとつで、にし茶屋街にある「甘納豆かわむら」の甘納豆。格子戸の料亭が軒を連ねる奥手の角、にし茶屋街の芸妓さんの御稽古小屋兼事務所である検番の向かいにあります。様々な甘納豆のなかでも、日本海に突き出た石川県の能登半島の先、珠洲狼煙地区にある「二三味(にざみ)農産」によって栽培されている幻の大豆「大浜だいず」を使用した甘納豆がおすすめ。一度は栽培が行われなくなった大豆の栽培を甦らせた希少品種を使った甘納豆は、絶妙な噛みごたえと、噛むほどに滲み出る濃い旨さは格別とのことですよ。

干菓子って知ってる?人気の古都で買えるイマドキの日本の伝統和菓子「干菓子」3選

※掲載情報は 2016/07/05 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
干菓子って知ってる?人気の古都で買えるイマドキの日本の伝統和菓子「干菓子」3選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ