オーガニックバイソンがパテに!自分好みにできるカスタムメイドバーガー

オーガニックバイソンがパテに!自分好みにできるカスタムメイドバーガー

記事詳細


紹介している商品


“北米野牛”などの体に優しいパテが食べられるバーガー

オーガニックバイソンがパテに!自分好みにできるカスタムメイドバーガー

出会いは、ロサンゼルス。

 

アメリカといえばやはり“ステーキ”をイメージしがちですが、私はステーキはあまりいただかず、ハンバーグをパテの内容によりときどきいただきます。ロサンゼルスに店舗がある「ザ・カウンター」には、素材にこだわったお肉や野菜と一風変わったオーダー方式があります。

 

私にとってのカウンターの一番の魅力は、まずパテのチョイスにオーガニックバイソンがあることです。他に、普通のビーフ、チキン、ターキーなどが有りますが、オーガニックバイソンのみ、プラス4ドルでオーダーができます。バイソンとは、“北米特有の牛”で、「負担の無い環境とオーガニック飼料で育てられたお肉」だそうです。お味は、普通の牛肉より少々油っぽさがなくて、癖などは全くありません。普通の牛とあまり変わらないと感じる方も多いと思います。また、他のパテのお肉にも、抗生物質や成長ホルモンを投与していないナチュラルミートを使っているそうです。安心して食べられるお肉を美味しくいただけるのは、本当にありがたいです。

かなりの数の“チョイス”からマイ・オリジナルのハンバーガーが出来上がる

オーガニックバイソンがパテに!自分好みにできるカスタムメイドバーガー

ザ・カウンターの第一の特徴は、自分だけのカスタムメイドのハンバーガーが食べられることです。まずお店に入ると、下敷きのようなオーダーシートと水性マジックを一人1セット渡されます。「STEP1~6」まで、シートに従って食べたいものにチェックを入れていきます。1.パテ、2.野菜、3.トッピング、4.ソース、5.チーズ、6.バンズ、とそれぞれにたくさんのチョイスが用意され、好きなようにオーダーできるのです。例えばチーズだけでも10種類以上のチョイスがあるのです。プラス料金が発生するものも少々ありますが、ほとんどがセット内の料金でいくらでもつけられるのです。また、焼き方などもリクエストできます。注文の時間がなんだかとっても楽しく、テンションがあがってしまいます。ご家族や友人と一緒に訪れたときも、皆で互いのハンバーガーを比べたりと「食を楽しむ」ということが、他のお店とは違った形でプラスアルファ体験できるのもなんとも魅力的です。迷いに迷いながらどんなバーガーをつくるのか、そして自分だけのオリジナルのバーガーが作れてしまうのだから、そのスペシャル感を満喫していただきたいと思います。

流石ロス!糖質制限、グルテンフリー、ベジタリアンの方にも対応。

オーガニックバイソンがパテに!自分好みにできるカスタムメイドバーガー

オーガニックの野菜も無料で何種もチョイスできる上、グルテンフリーのバンズや大豆のパテもメニューにあります。また、糖質を制限したい人は写真奥のような形でバンズをオーダーせずに、サラダボールも可。流石ロサンゼルスですね。

 

そして、サイドフードのフライドポテトはじゃが芋ではなく、スイートポテト(サツマイモ)なのです。お店で食すことも、テイクアウトもできるようです。カリフォルニアを中心に支店がいくつかとNYにもありますが、日本人にとっては、より馴染みのあるホノルルに支店がありますので、是非ご旅行などの機会があれば、一度試してみてはいかがでしょうか。

※掲載情報は 2016/06/25 時点のものとなります。

  • 12
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
オーガニックバイソンがパテに!自分好みにできるカスタムメイドバーガー
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

麻乃じゅん

自然派栄養士・ソムリエ

麻乃じゅん

国内の航空会社に国際線客室乗務員として在職中、ソムリエ資格を取得。退職後、栄養士養成大学で学び、管理栄養士免許をはじめとする食や健康に関する資格を取得。自治体や民間企業、クリニックなどで公衆栄養、栄養教室、個別栄養相談などの業務にあたり、過去3000人以上のカウンセリング経験も持つ。現代栄養学や西洋医学の現場で”真の健康”や“幸せのための食”を追求する。しかし自身を含め、お客様も心身共に健康になり切れない現実より、自身のアドバイスや講義に疑問を持ち始める。そして「食物と自然」「心と体」などの切っても切り離せない関係を重視した東洋医学的な視点より、食や心身の健康について学ぶ。そこで現代人が忘れている「自然に生かされていること、自然と調和することの大切さ」などに気付き、フリーランスとしての活動をスタートする。また、福島県に生まれ育った者として、2011年の原発事故以後、その思いが強くなり、更に活動の範囲を広めている。現在は、講演活動、講座や教室、ワインセミナーなどを通し、現代人の食との向き合い方、自然栽培やオーガニック食品の素晴らしさ、手作りや料理の大切さなどを様々な場で伝えている。

次へ

前へ