脂がのって旨い!春の北海道オホーツクから届く海の幸

脂がのって旨い!春の北海道オホーツクから届く海の幸

記事詳細


紹介している商品


オホーツクの海の幸は脂が乗ったまさに逸品!

脂がのって旨い!春の北海道オホーツクから届く海の幸

北海道は網走。オホーツク海に面した漁港には今、まさに冬から春にかけての脂の乗った魚介類がたっぷり。それを干物にしたセットが大人気です。干物にすることによって脂の乗りが違います。特に北海道ならではのホッケの開きは、これぞ逸品といっていいでしょう。


サクラマスも北海道ならではの貴重な海の幸。なかなか手に入らない貴重な干物は、日常の贅沢な食卓でもいいですし、贈答用にも喜ばれること間違いなし。

 

興味深いのはどの魚もグリルで焼き上げると塩味の奥にほのかな甘みも感じられること。素材の鮮度と冷凍技術のたまものと感じます。本場ならではのイクラの醤油漬けは、やっぱり白ごはん!魚卵好きにはたまりませんね。

 

合わせるお酒を挙げるとしたら、白ワイン。それもボディのあるシャルドネがいいでしょう。赤ですとピノノワールといった優しい味わいのワインがおススメです。

 

中身はこんなにたくさん!

その1:魚の一夜干しセット

脂がのって旨い!春の北海道オホーツクから届く海の幸

開きホッケ2パック、開きサクラマス1パック、なめたカレイ1パック、するめイカ2枚セット1パック、オホーツク海の新鮮な魚にこだわり、脂のりの良い時期の魚たちを一枚一枚丁寧に水分をほどよく含ませ一晩干し水分を抜きました。旨味がギュッと濃縮して、強火の遠火で炙るとほっこりとやわらかく魚本来の旨味が感じられます。

その2:鮭いくら 醤油漬 250g

脂がのって旨い!春の北海道オホーツクから届く海の幸

知床、オホーツクの厳しい海で育った鮭の卵を一粒一粒丁寧にてもみでほぐし、特選の醤油につけこんだ逸品。口の中にあまり皮の残らない極上品です。

その3:冷凍ホタテ貝柱 250g

脂がのって旨い!春の北海道オホーツクから届く海の幸

オホーツク海で育ったホタテ貝の貝柱のみを専用フリーザーにて急速冷凍!海のエキスを凝縮したようなコクのある美味しさはうまみの成分が豊富に含まれているからです。お刺身、フライ、マリネなど広く楽しめます。

その4:山わさび(すりおろし) 昆布醤油味 80g

脂がのって旨い!春の北海道オホーツクから届く海の幸

北海道の大地で育った山わさびをすりおろして美味しく味付けし瓶詰め。お刺身にはもちろん!焼肉や冷ややっこ、あったかごはん、そして一夜干しにも合うんです!ツーンと来る辛さがクセになる山わさびに病みつきになること間違いなし!

販売価格:10,500円(税込)送料別  ※すべて冷凍でお届け。  
お申し込みは電話又はFAX、メールにて。
Tel:03-6416-9607
Fax:03-6416-9687
info@tsunaguma.co.jp
※1セットにつき下記送料金額がかかります。
送料 北海道1,100円 関東1,200円 関西1,400円 中国~九州1,700円 離島2,500円
※代金:代引引換え

※掲載情報は 2016/03/27 時点のものとなります。

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
脂がのって旨い!春の北海道オホーツクから届く海の幸
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

嶋啓祐

フードビジネスデザイナー

嶋啓祐

全国の農村漁村をくまなく巡り、そこで使うホンモノの素材を探すことをライフワークにしています。ホンモノはいつも隠れているものです。全国の肥沃な土地で、頑固で不器用な生産者が作る「オーガニックな作品」を見つけて、そこ料理人が少し手を加える。それが「ホンモノの料理」です。注目しているのは島根(出雲、石見、隠岐)、石川(能登)、佐渡、岩手(釜石、紫波、雫石)、宮城(石巻)北海道(網走)など。毎月足を運び、民泊に泊まり、地元の方々とのコミュニケーションを作るのが楽しみです。総合情報サイト、オールアバウトでフレンチを書き続けて13年になり、書いた記事は380本に上ります。趣味は全国の神社巡りとご朱印集め。自然豊かな日本全体が食の宝庫です。自然、風土、生産者、素材、そして流通と料理人とその先にいる顧客。食に関わるすべての方が幸せになるような「デザイン」を仕事にしています。1963年に北海道は砂川(日本一美味しいお米がとれる)で生まれ、18歳上京。大好物はイクラ、クレソン、納豆、ハーブ、苦手なのは天津丼(食べたことがない)、奈良漬、豚足、酢豚、焼酎。

次へ

前へ