つるっと旨い!ご当地うどんを楽しむ3選

つるっと旨い!ご当地うどんを楽しむ3選

記事詳細


日本にはさまざまなご当地麺が存在します。麺を使って町おこしをする自治体もあるほどです。最近では、ラーメン博覧会などもよく開催されていますが、その昔から日本に存在していたのが「うどん」です!うどんの起源は中国と言われています。中国の麺がヨーロッパに伝わり今のパスタになり、日本ではうどんになったと言われています。今回は、そんなずっと昔から愛され続けている絶品うどんをご紹介します!

1:京都の伝説のうどんやの味をご自宅で!

つるっと旨い!ご当地うどんを楽しむ3選

京都、祇園本町にある「萬樹」。濁りのないスープが特徴的で口コミで人気になったうどん店。わずか11年ほど営業していた店ですが、今では伝説の店となっています。その「萬樹」が通販で待望の復活を果たしました!スープのみの販売ですが、「無添か白だし」、「無添か八宝だし」の2種類が楽しめます!是非この機会に伝説の味を味わってみてはいかがでしょうか!

2:【長崎】幻のうどんと呼ばれた「五島手延べうどん」

つるっと旨い!ご当地うどんを楽しむ3選

「幻の五島うどん」とも呼ばれている、長崎県の五島列島で作られる「五島手延べうどん」。県花である椿の油と、菜種油等でコーティングされているため、大釜でぐつぐつ煮込んでも麺が伸びないのが特徴です。地獄炊きの名は、初めて食べた旅人が「しごくおいしい」と褒めたのが、「地獄おいしい」と聞き間違えたのが、この言葉の由来であるというユニークな説もあるそうです。

3:【香川】讃岐を抜きにしてうどんは語れない

つるっと旨い!ご当地うどんを楽しむ3選

麺に歯ごたえがある、香川「もり家」のぶっかけ&生じょうゆうどん。讃岐の食べ方「ぶっかけ」「生じょうゆ」「釜玉」がこのセットで全て楽しめます。讃岐抜きにはうどんは語れません!是非お試しください。生麺タイプで1ヶ月日持ちしますので、手土産としても最適です!

※掲載情報は 2016/03/21 時点のものとなります。

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
つるっと旨い!ご当地うどんを楽しむ3選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ