博多限定!スイーツの名店“蒸氣屋”の揚げない「博多どうなつ」

博多限定!スイーツの名店“蒸氣屋”の揚げない「博多どうなつ」

記事詳細


紹介している商品


かすたどんのカスタードが焼きドーナツに。

博多限定!スイーツの名店“蒸氣屋”の揚げない「博多どうなつ」

鹿児島と言えば蒸氣屋。かすたどんやかるかんで有名ですが、そのかすたどんの中に入っているカスタードクリームが焼きドーナツになっていることを発見したのは数か月前。

 

名前はまさに「博多どうなつ。」しかもその博多どうなつは、博多限定。鹿児島から福岡へ進出しての新しいスイーツとして生まれ変わっています。

 

生地はふんわりしていて、キメのこまかいスポンジのようで、カスタードクリームの香りが漂うところが、食べたいと思うきっかけとなる。

 

並んでいる目の前で焼いて、店内周辺に漂うほどのカスタードクリームの香りがお客様を吸い寄せる力となっています。焼きますからもちろん油を使用しての揚げはありません。

 

博多どうなつは、温かい焼きたてをその場で食べられるというのがポイント!

 

しかも博多どうなつを店頭で注文の際には、焼きたてか否かを選択して購入することが出来ます。そこもまた親切なところで、この博多どうなつは冷めていくと固くなってしまうので、その時のシチュエーションによって選んで購入するといいのです。

 

私としては、焼いている光景を見ていて、まさか、かすたどんのカスタードをドーナツメーカーにそのまま絞り袋で絞り入れるとは思わなかったので、素晴らしい発想だなと感動しました。

博多限定!スイーツの名店“蒸氣屋”の揚げない「博多どうなつ」

1個ずつ包装された博多どうなつは、まとめておなじみのロゴがついた紙袋に詰め込まれる。このロゴで皆さんも「これか!」と気が付くくらいおなじみではないでしょうか?

 

その蒸氣屋さんの新しい試み。

 

博多駅隣接の阪急デパートへお立ち寄りの際には、ぜひ並んでみてください。

 

香りが並ぶ苦をやわらげて喜びに変わることとでしょう。

※掲載情報は 2016/02/16 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
博多限定!スイーツの名店“蒸氣屋”の揚げない「博多どうなつ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

山口真理

スイーツプランナー

山口真理

カフェや企業などのメニュープランニング多数。全国を訪れて生産者と出会い、食卓をつなぐパイプ役として素材をベストな状態でスイーツに添えるレシピ提案をする。東京・福岡・北九州にてお菓子教室Bonappe'tit!!主宰。ワンランクアップさせたアイデアスイーツを各教室でご紹介している。Yahoo!JAPAN「日本の定番選定委員会スイーツ101」選定人。フェリシモ商品「シリコン型お菓子の会」「ミニシリコン型お菓子の会」プロデュース。フェリシモ出版「毎日のごはんを楽しく作る雑貨のカタログSweetsBook」出版。文化放送「ピピットサンデーWakuwakuMix」出演。2015年秋、都内に事務所設立予定。http://sweets-bonappetit.net/

次へ

前へ