チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活

チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活

記事詳細


Bean to Bar(ビーントゥーバー)とは?

チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活

コーヒー界の新潮流「サードウェーブ」というムーブメントがあったように、チョコレート界にも同じムーブメントが起きています。それが「Bean to Bar(ビーントゥーバー)」。

 

産地ごとのカカオ豆の個性を生かし、カカオ豆のセレクトから製造までを自社工房で行っているチョコレート専門店のことです。これにより、カカオ本来の魅力を存分に引き立たたせることができるということで、アメリカをはじめヨーロッパ各地でお店が広まり、最近では日本でも専門店ができるようになりました。

話題のチョコ活をBean to Bar(ビーントゥーバー)で!

チョコレートを食べたら太るなんて昔の話。最近では、上手にチョコレートを食べる「チョコ活」が話題でもあります。

 

ちょこちょこチョコレートを食べて、ストレスや食欲を抑制し、美容や健康に良いと巷でも噂になっています。準チョコではなく、Bean to Barなどのシンプルなタブレット型のチョコレートがポイント!

 

また、タイミング的には、朝チョコを食べると、その日の活力になったり、消費しやすかったりと、ベストタイミングなんだとか。あなたも今日からチョコを上手に取り入れてみませんか?

渋谷区神宮前のBean to Bar(ビーントゥバー)「Chocolate NAIVE(チョコレートナイーブ)」

チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活

リトアニアを拠点とした「Chocolate NAIVE(チョコレート・ナイーブ)」、このチョコレートの製法はもちろん「Bean to Bar(ビーントゥバー)」。魅力的なのはフレーバーの数、全12種類のラインナップでベリー、ハーブ、蜂蜜、きのこ、ヘーゼルナッツ、蜂蜜など、全てナチュラルなリトアニアらしい食材がそろっています!世界中で採取したカカオが、すぐにカカオはリトアニアへ送られ、チョコレートに。自然な香りのするチョコレートなので、「チョコ活」にもおすすめです!

渋谷区富ヶ谷のBean to Bar Chocolate (ビーントゥバーチョコレート)「Minimal(ミニマル)」

チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活
チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活

原料のカカオ豆と副原料の砂糖以外は一切使用していないMinimalの板チョコレートも「Bean to Bar」のチョコレート。カカオの原産国や品種、焙煎湿度・時間、粒子のサイズに至るまで、とても細かく説明されているのが特徴です。大きさがランダムに分けられていて、遊び心たっぷり。気分に合わせて大きさを選びながら、食べるのも楽しみのひとつになりそう!

ポーランド産のBean to Bar Chocolate (ビーントゥバーチョコレート)「Pitch Dark Chocolate(ピッチダークチョコレート)」

チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活

Pitch Dark Chocolate(ピッチダークチョコレート)のチョコレートは、単一品種だけにこだわり、カカオ豆の個性を最大限に活かす工夫が施されて鍛造されています。その中でも「73% Jacobsen Pinot Noir(ジェイコブセンピノノワール)」は、カカオ×赤ワイン塩の絶妙さに、渋みと甘さと塩気にアロマのバランスが抜群なんだそうです。1粒だけのつもりが、美味しさのあまり止まらなくなってしまうので、食べすぎには注意です。

福岡県飯塚市のBean to Bar Chocolate (ビーントゥバーチョコレート)「カカオ研究所」

チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活

ベトナムのカカオ豆と出会い、そのカカオでチョコレートを作ることがきっかけで始まった、福岡県飯塚市にあるBean To Bar「カカオ研究所」。カカオ研究所の商品の中でも代表的なチョコレートであるベトナムチョコレートは、酸味があり程よい甘さで、フルーティな味わいが特徴で、カカオ研究所の商品の中でも代表的なチョコレートです。チョコレートもコーヒーのように酸味や苦みなどの味は豆によって違い、その豆の持ち味を引き立てて作られるのもBean To Barの大きな魅力です。「カカオ研究所」では、タブレットのチョコレートだけでなく、さまざまな形のチョコレートが販売されています。

ポルトガル産のBean to Bar Chocolate (ビーントゥバーチョコレート)「フェイトリア・ド・カカオ」

チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活

ポルトガル人と日本人の2名のショコラティエからなる「フェイトリア・ド・カカオ」は、原材料のカカオ豆からチョコレートを完成させるまでを一貫して行っています。それぞれのカカオ豆の個性を最大限に際立たせるので、どれもフレッシュで豊潤なアロマや酸味を持ち、味わいも豊か。しかも、バランスが繊細で食べやすいのも特徴です。中でも「ミルクチョコレートニカラグア ワスララ57%+ニブ」は、バターのようにリッチな口どけのちょっとミルキーな、大人でも楽しめるミルクチョコレートです。見かけたらぜひ手にとって食べてみてください。

パリで人気のBean to Barブランド「CHAPON(シャポン)」が自由が丘に

チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活

こちらもおすすめ:添加物を一切使用しないオーガニックチョコレート

チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活

こちらの「Summerbird Organic(サマーバード・オーガニック)」のチョコレートは、デンマークのチョコレートで、添加物を一切使用せず、自然界の中で厳選した材料で全商品オーガニック(EUでのオーガニック(有機栽培)の認定を受けています)。これまでは大量の砂糖と香料、低品質のココアパウダーや食品添加物で作られるチョコレートが出回るようなっていましたが、「Summerbird Organic」の創設者のミカエル・グロンルッケ氏が、“Only Nature’s Ingredients”という哲学のもと、ナチュラルな原材料にこだわり、厳選した原材料をスペイン、イタリア、フランスの各地より集め、ローチョコレートは中米とマダガスカル産のカカオ豆のみを使用して、2014年に晴れて念願のオーガニックチョコレートを実現しました!※こちらはBean to Barの商品ではありませんのでご注意ください。

こちらもおすすめ:アロマ効果でリラックスできるスペインのチョコレート

チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活

なんとこちらはアロマ効果ができたいできるチョコ。スペイン最大のチョコレート原材料製造会社「Nederland」をマザーカンパニーとするCACAO SAMPAKA(カカオサンパカ)が送り出す逸品「ラジョラス」は全30種類もの種類の豊富さが魅力。中でも注目したいのが、バルセロナ本店で一番人気の「ロサス イ フレサス(バラ&いちご)」。天然のバラの香りとドライストロベリーを練りこんだ、カカオバター30%のホワイトチョコレート。口に入れるとローズの華やかなアロマがふわ~っと広がり、ストロベリーミルクの味わいの中にサクサクとした食感。ほのかに香るバラっぷりがちょうど良く、この上なく繊細で、洗練された味わいです!アロマ効果が期待できるリラクシーな「チョコ活」もいいですね!※こちらはBean to Barの商品ではありませんのでご注意ください。

こちらもおすすめ:「テアニン」を含んだサプリメントショコラ

チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活

2014年1月より展開されたショコラサプリメントをご存知ですか?辻口博啓シェフと、数多くのトップアスリート、アーティストなどのパフォーマンス向上指導に関わる【順天堂大学医学部】小林弘幸教授がプロデュースしたチョコレートは、独自の特許製法にて得られたお茶が持つリラックス成分『テアニン』を、ショコラ1個につき玉露15杯分(約500mg)配合しています。仕事に疲れてリラックスしたい時、ここぞっ!の会議前や集中したい時、もちろん、残業疲れに打って付け。大切な人にさりげなくプレゼントにも喜ばれる癒しチョコで「チョコ活」してみませんか?※こちらはBean to Barの商品ではありませんのでご注意ください。

こちらもおすすめ:美容と健康に効果的!ドライフルーツ&ナッツのタブレットチョコ

チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活

目白のエーグルドゥースさんのタブレットショコラは上質でシンプルなショコラに新鮮なナッツやドライフルーツがあふれんばかりにトッピングされています。定番や季節のフレーバーなど数種類のタブレットショコラがあるのです!新鮮なセミドライのベリー類と食感の良い新鮮なナッツが口どけの良いクリーミーなホワイトチョコレートと合わさるとコクがあるのに爽やかで、ひとかけら口にふくむとなんとも言えない幸せが広がります。しかもドライフルーツとナッツは美容と健康にも効果大です!※こちらはBean to Barの商品ではありませんのでご注意ください。

こちらもおすすめ:オーストリアのオーガニックチョコレート

チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活

オーストリアのLANDGARTEN(ランドガルテン)社のオーガニックチョコレートは、徹底的にオーガニックにこだわったLANDGARTEN(ランドガルテン)のオーガニックチョコレート。り、口どけの良い濃厚なチョコレートと、フルーツの酸味が相性抜群のオーガニックチョコレートです。

 

LANDGARTEN(ランドガルテン)社では、フェアトレードのオーガニックチョコレートを100%使用したお菓子を製造し、ヨーロッパを中心に、30カ国以上の国に届けられています。さらに、油を使わずに温風だけでカカオを処理するロースターを採用して、予備電力を社内の空調に使用するなど環境にも考慮するチョコレート生産工業も増えてきているそうです!※こちらはBean to Barの商品ではありませんのでご注意ください。

※掲載情報は 2018/01/26 時点のものとなります。

  • 18
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」のタブレットチョコで始めるチョコ活
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ