都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。

都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。

記事詳細


東京・秋葉原と茨城・つくばを繋ぎ2005年に開通したつくばエクスプレス。約60キロ近い道のりを、最短45分で行き来できるのは嬉しいこと。日帰りだってできてしまうという手軽さも魅力です。そんな茨城の観光スポットとともに美味しい手土産をご紹介します。茨城の秋といえば、紅葉が有名です。約20カ所もの有名どころがあり、なかでも県北の「袋田の滝」、「花貫渓谷」、「竜神大吊橋」は、いわずもがな紅葉の名所として知られています。カエデ、クヌギ、モミジなど秋に色づく木々たちを、絶景で拝むことができます。時間に余裕がなければ、県北周遊バスも運行しているようなので、デートコースの下見ついでに、まずは試しに乗ってみるのも良いかもしれません。週末、都会の喧騒から離れて、フラリと秋を満喫しに行ってみてはいかがでしょう?もちろん、茨城の絶品手土産を手にし、口にすることをお忘れのないように!

1:甘さの秘訣は冷蔵熟成によるもの、ナガタフーズの笠間の栗「すいーとまろん」

都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。
都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。

ペースト状にした栗にブランデーや砂糖を練り込み、ひとくちサイズに焼いた「すいーとまろん」。日本有数の栗の産地として知られる茨城県笠間の栗のみを使用した贅沢なスイーツは栗そのものに美味しさに秘訣があります。それは、採れた栗を1か月ほど冷蔵で熟成させるというもの。そうすることで自然な甘みが増すのだとか。栗のいろはを知り尽くした生産者ならではの工夫が味の決め手となります。そのほか茨城県産の芋を使用した「すいーとぽてと」もあります。

2:.爽やかな香りと美しい緑が特徴のさしま茶長野園の「はちや」

都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。
都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。

茨城県西部の5市町村で生産される「さしま茶」。深蒸し茶をメインとするさしま茶は栽培、製茶、販売まですべて各農園が一貫して行っているのが特徴です。そのため、同じ土地でお茶を生産しても、各農園によって作られるお茶の味は、土壌、育て方、作り方、仕上げ、ブランドのどのひとつをとってみてもそれぞれ個性的で味わいも異なるのは興味深いものです。なかでも長野園の「はちや」はとても美しい濃い緑色と深い香りが爽やかな口当たりを約束してくれます。

3:栗の味を引き出すために作られた四万騎農園のマロンジャム。

都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。
都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。

明治元年に開園した栗農家の四万騎農園。栗のみを作り続け、約150年もの歴史を誇る農園として知られています。この農園は栽培へのこだわりが強く、畜産系の有機質肥料を中心とした土づくりを行っています。栄養素たっぷりの土から収穫された栗は当然、美味しく仕上がります。ジャムは栗の渋皮煮をベースに作られ、栗本来の味が堪能できるものとなっています。バリエーションは3種。ブランデーの香り高い「オー・ドゥ・ヴィ」、ラム酒を使用した「ラム」、そして「プレーン」。どれを手にとっても美味しい秋の味覚を楽しめます。

4:日々の健康と幸せを願う茨城マルシェの「福よこい」

都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。
都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。

日本人の食卓、朝の定番として愛されている納豆。昔から健康に良いとされている納豆ですが、健康だけでなく幸せも運んできてくれそうなネーミング「福よこい」は、一度聞けば忘れられないインパクトがあります。「幸せが訪れますように」とひとつずつ丁寧に作られた納豆は、茨城県の契約農家が作った大豆のみを使用しているのも茨城魂を感じます。納豆の聖地から生まれた「福よこい」は縁起物として贈り物にも活躍してくれるかもしれません。

5:高級納豆と言わしめる深い味わい、丸真食品の「舟納豆」

都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。
都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。

松の木を薄く削った経木を船のカタチに包装した舟納豆。木の香りがほのかに香り、奥久慈産の大豆のみを使用した高級納豆は、強い粘りもさることながら、豆一粒のコシのある味わいがこれまでにないしっかりとした食感が白米との素晴らしいハーモニーを奏でてくれます。良質な大豆だからこそ味わうことができる本物の味。約100年の歴史をもつ老舗ならではの味の奥深さを堪能できる納豆です。

6:プロが認める村田農園のいちご

都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。
都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。

一流の料理人、パティシエ、ホテルが使用する村田農園のいちご。「村田さんちのいちご」として親しまれているいちごはひとつずつ苗から丁寧に育てられ、ヘタのギリギリまで赤く色づく、ひとめで美味しいと解るいちごです。他のいちごとの決定的な違いは、甘みと酸味のバランスが良いことだと多くのプロたちが口を揃えて言うほど。良質な土壌と太陽の恵みですくすくと育ったいちごは、しっかりと身の詰まった、かつジューシーな果肉が魅力の一粒です。

7:四季の旬野菜が楽しめる、茨城発の手作りの安心安全ベーグル

都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。

3週間待ちという人気ベーグルは、旬野菜が沢山入ったベーグルです。プレーン・五穀・全粒粉・ほうれん草・にんじん・かぼちゃ・ごぼう・さつまいも・さといもの9種類。

 

個包装された袋を開けると、まず驚くのは、その香り!素材の香りがふわぁ~と広がります。ここのベーグルは子どもでも安心して食べられるよう、保存料を使わず、地場産の新鮮な有機・無農薬の安全な旬野菜を使用した手作りベーグルです。

 

 

※掲載情報は 2016/11/14 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
都内から最速45分!日帰りだってできちゃう!紅葉&グルメを楽しむ茨城への旅。
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ