秋の休日にぶらりと行きたい!心とお腹を満たしてくれるプチグルメ旅

秋の休日にぶらりと行きたい!心とお腹を満たしてくれるプチグルメ旅

記事詳細


風が涼しくなって過ごしやすいこの季節、天気の良い休日にはふらりとお出かけしたくなりますよね。もちろん計画を立てて旅行に行くもよし。時には趣向を変えて、ど真ん中の観光地ではない場所へ出かけてみるのも新鮮。話題のブーランジェリーから廃校カフェまで、わざわざ行ってみる価値ありのプチグルメ旅へ出かけてみませんか?

1:【静岡・富士宮市】富士山を望むテロワールの「バジルペースト」をお土産に

秋の休日にぶらりと行きたい!心とお腹を満たしてくれるプチグルメ旅
秋の休日にぶらりと行きたい!心とお腹を満たしてくれるプチグルメ旅

富士宮市にある「ビオファーム・マツキ」は、多くの有名料理店からオーダーがあるという無農薬野菜の畑と、予約必須の人気レストランを備えた農園です。オーナー自身がパリの三ツ星レストランの客室で働いた経験を持ち、その確かな目と舌で作り上げる調味料にも定評があります。中でも注目は「バジルペースト」。農薬不使用のバジルに、レストランからも見える畑で採れたニンニクと落花生を加え、美しいエメラルド色がそのおいしさを物語っています。茹でたパスタにからめれば、たちまち高級レストランの味ができあがり!自宅でも贈り物にも喜ばれる一品なのです。

2:【大阪・枚方市】公園内のほっこりカフェで「森のラスク」に出会う

秋の休日にぶらりと行きたい!心とお腹を満たしてくれるプチグルメ旅
秋の休日にぶらりと行きたい!心とお腹を満たしてくれるプチグルメ旅

大阪府枚方市内で一番大きな王仁(わに)公園は、広々とした芝生広場や運動施設を備え、市民の憩いの場として親しまれています。この公園には、小さなギャラリーを併設した喫茶室、草を食む馬が見られる馬舎、温室のはな舎で構成される「なかなかの森」があります。ランチも楽しめる喫茶室の片隅に並んでいる「森のラスク」は、素朴でナチュラルなおやつとしてお土産にぴったりな一品。スティックタイプの「アーモンドラスク」と一口サイズの四角い「シュガーラスク」は、甘すぎず、ちゃんとパンの味がする軽い風味が特徴です。

3:【東京・自由が丘】早起きして話題のヴィノエワズリーで朝食を

秋の休日にぶらりと行きたい!心とお腹を満たしてくれるプチグルメ旅

オープン前から話題になっていた自由が丘の新しいブーランジェリー「RITUEL(リチュエル)」が8月にオープンしました。フランスで権威ある数々の賞を受賞しているクリストフ・ヴァスール氏が手がける海外初進出のお店です。ローカル、オーガニック素材にこだわり、日本の本当に良い素材だけを厳選して使っているヴィエノワズリーの数々。休日の朝にちょっと早起きして訪れてみませんか?充実のブランチが楽しめたり、その日会う人への手土産にしたりしても喜ばれること間違いなし!

 

※自由が丘店は閉店しております。現在は表参道店だけになります。

4:【京都・上京区】行列の絶えない京都の“本店”で、新しいお気に入り探し

秋の休日にぶらりと行きたい!心とお腹を満たしてくれるプチグルメ旅
秋の休日にぶらりと行きたい!心とお腹を満たしてくれるプチグルメ旅

今ではあまりにも有名な「豆大福」と言えば、京都「出町ふたば」。京都では駅前のデパートでも買い求めることができ、京都土産の定番となっています。創業は明治23年。出町柳駅のすぐそばにある本店は、すぐに行列ができる人気ぶり。活気のある店内で、豆大福以外にも新しくお気に入りになりそうなお菓子を探すのもまた楽しいものです。例えば「くずまんじゅう」は、本葛の粘り気と純度を感じる皮、自家製のこし餡との絶妙なバランスが楽しめます。賞味期限が当日中のものも多いので、京都旅行の最終日に訪れるのがおすすめです。

5:【金沢・輪島市】輪島漆器の工房で上質な「桐のお弁当箱」をゲット

秋の休日にぶらりと行きたい!心とお腹を満たしてくれるプチグルメ旅
秋の休日にぶらりと行きたい!心とお腹を満たしてくれるプチグルメ旅

石川県輪島市は「輪島塗」の町としても知らています。そんな輪島市で約150年の歴史を持つ「輪島キリモト・桐本木工所」の木地職人によって丹誠こめ手作りで仕上げられたお弁当箱が、かなり優秀なのです。漆器の木地に使われるヒノキアスナロを使い、蓋をあけた瞬間に清々しい芳香がふわり。木のぬくもりや滑らかな質感、優しい色合い……。いつものおかずが小料理屋さんのお弁当のように見えるから不思議!持ち寄りパーティの手料理を入れる器として使ったり、おつまみを盛りつけてそのまま食卓に並べるたりするだけで、料理がワンランクアップ。洗剤で洗えるのもポイントです。

6:【滋賀・甲賀市】都会の喧噪を離れ山里の廃校カフェでひと休み

秋の休日にぶらりと行きたい!心とお腹を満たしてくれるプチグルメ旅
秋の休日にぶらりと行きたい!心とお腹を満たしてくれるプチグルメ旅

三重県との県境、滋賀の南部の里山にある「パティスリーミア」は、廃校になった学校をリノベートして生まれたカフェ。「文化の発電所」というコンセプトに基づき、ギャラリーとしてのアート作品や木工家具の展示、音楽イベントやワークショップも開催しています。こちらのおすすめは「シフォンケーキ」。甘すぎず、ふわっふわ。しかも特製生クリームがとの相性が抜群!ケーキがあまりにもふわふわなので、ほとんどフルーツを載せられないのだとか。フランボワーズなど季節によって変わる「コンフィチュール」を、小さな旅の思い出におひとついかが?

※掲載情報は 2015/09/19 時点のものとなります。

  • 2
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
秋の休日にぶらりと行きたい!心とお腹を満たしてくれるプチグルメ旅
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ