【岩手銘菓】見た目とのギャップに萌える!和かと思ったら洋菓子「銘菓三代杉」

【岩手銘菓】見た目とのギャップに萌える!和かと思ったら洋菓子「銘菓三代杉」

記事詳細


紹介している商品


パッケージは「和風」でも中身は完全に「洋菓子」の岩手銘菓

【岩手銘菓】見た目とのギャップに萌える!和かと思ったら洋菓子「銘菓三代杉」

岩手には毎年遊びに行きますが、ついこの間まで全く知らなかった岩手銘菓があります。それが「銘菓 三代杉」。地元の方にとっては定番のお菓子らしいんですが、とにかく見た目が渋い。2011年6月に世界文化遺産に登録された関山 中尊寺。その中尊寺が描かれたパッケージは、見るからに「和」のテイスト。なのにその中身は……完全に洋菓子なんです。これが最高!

 

中尊寺の本堂脇にある根っこの繋がった3本の大きな杉を、奥州藤原三代(清衡・基衡・秀衡)にちなんで「銘菓 三代杉」と名付けられました。お菓子も3つのハーモニーが素晴らしい一品。

 

やわらかなバウムクーヘンの中央にガナッシュチョコレートを流し込み、やわらかいクッキーで挟んでいます。バウムクーヘンはカルダモンで風味をつけた伝統的な製法で作られたもの。流し込むガナッシュはフランスのグランマルニエで香りづけされたガナッシュチョコレート。そしてそれらを挟むクッキーは、食感を大切にするためぎりぎりの薄さで焼いています。それら全てが互いの美味しさを引き出すように重ねられ、そして完成。

 

「なんで今まで知らなかったんだろう?」と後悔する美味しさです。とにかく柔らかくてホロホロっと崩れる繊細なお菓子。冷やして食べれば少し固くなり、常温で食べる時とはまた違った美味しさです。チョコレートが口の中で溶けてオレンジの香りが広がります。
完全なる洋菓子。でも見た目は渋い。

 

そのギャップが楽しいおすすめの岩手銘菓、発見です。

【岩手銘菓】見た目とのギャップに萌える!和かと思ったら洋菓子「銘菓三代杉」

※掲載情報は 2015/09/07 時点のものとなります。

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
【岩手銘菓】見た目とのギャップに萌える!和かと思ったら洋菓子「銘菓三代杉」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

柳沼愛子

アナウンサー/ヨーグルトソムリエ

柳沼愛子

地方局でのアナウンサー経験から全国の美味しいものを独自取材。またヨーグルトソムリエとして世界のヨーグルトに精通。局アナnet日本ベジフルアナウンサー協会の代表も務め、「食」の情報発信をアナウンサー仲間と行っている。野菜コーディネーター。現在TVCMクレハ「キチントさんシリーズ」に出演中。その他レポート・撮影もこなす動画制作が人気。☆東北放送ラジオ「Good モーニング」内「ベジフル通信」出演 ☆食と農まつり(福島県白河市) ベジタブルステージ出演 ☆FOODEX 美食女子ママの愛グランプリ 審査員・出演 ☆The Manhattan FISH MARKET オープニング記者発表会 出演 ☆本「ふくしま山菜探検隊」出演など

次へ

前へ