ご当地土産なら!旅先で押さえたい隠れ名産食材!

ご当地土産なら!旅先で押さえたい隠れ名産食材!

記事詳細


もうすぐ夏休みで旅行の予定の方も多いのでは?旅先のご当地ならではの、そこでしか味わえない名産や食材の出会いも旅の楽しみのひとつ。今回は地方で訪れたら押さえておきたい極上の隠れた名産食材をご紹介。旅先でも味わい、お土産で旅の思い出にと2度楽しめる逸品揃いです!

【岩手県】今年は9月まで!解禁期しか食べられない牛乳瓶に詰まった三陸生うに

ご当地土産なら!旅先で押さえたい隠れ名産食材!

思わず一気飲みしたい牛乳瓶にぎっしり詰まった生うに!岩手県は宮古市の宮古駅から徒歩10分のところに新鮮な魚介や加工品、食堂が集まっている宮古魚菜市場があります。その中のひとつの魚屋「やまひで(山英)」で三陸の山田町などで採れた自然のままの生うにが、牛乳瓶に詰められて市場にやってきます。生うにならではの自然な香りとコクのある甘さにうっとりすること請け合い!お酒に、ごはんにと、この期間ならではの旅の楽しみにふさわしい贅沢な海の恵みです。

【島根県】あの人も大好きな「のどぐろ」も!珍しい「一日漁」で水揚げされた魚の干物

ご当地土産なら!旅先で押さえたい隠れ名産食材!

海に近い旅先で出会う干物は旅気分が持ち上がるもの。紹介の干物は日本でも珍しい「一日漁」を行う島根県の大田市漁港で水揚げされた魚で作られたもの。「一日漁」とは、かつては全国各地の漁港で行われていたが、今では東北地方の一部と大田市だけに残る希少な早朝に捕れた魚をその日のうちに水揚げする漁です。新鮮な魚で作った干物の中には、あのテニスプレーヤーの錦織圭さんも大好きな「のどぐろ」も!小さいサイズながらぷりぷりと太って脂の乗りも抜群だそうです!

【大分県】「乾しいたけ」発祥の地!大分県が誇る名産品!肉厚「どんこ」

ご当地土産なら!旅先で押さえたい隠れ名産食材!

大分に行くなら大分県の誇る名産品「乾しいたけ」の肉厚「どんこ」をお土産にどうでしょう!大分県が発祥の地で約350年も前から栽培されているそうです。出汁や戻して煮物に使うイメージが強い「乾しいたけ」ですが出汁の宝庫ともいえる風味を活かしてバター焼きもおすすめです(レシピは記事でご紹介しています)。乾燥しているから軽くて旅先のお土産としてもピッタリですね。

【山形県】完熟を待って収穫されるから濃厚な井上農場の「樹熟トマト」

ご当地土産なら!旅先で押さえたい隠れ名産食材!

ご当地の新鮮な旬の野菜やフルーツに出会うのも旅の嬉しさ。このトマトは山形県庄内地方にある井上農場の「樹熟トマト」。有名レストランが指名するほどの、完熟させて収穫されるトマトは強い甘みの中にしっかりとした酸味もあり、そのバランスが抜群。濃厚な味で、みっちりと詰まった実の食感も最高で、ただただ甘いだけのトマトとは全然違うトマト本来の旨さを備えた、夏が旬のご当地食材の逸品です。

【長野県】えっ!これブルーベリー?と思わず言いたいビッグな「森のサファイア」

ご当地土産なら!旅先で押さえたい隠れ名産食材!

夏の避暑地スポットも多く人気の長野県。実は全国で第1位のブルーベリー生産量を誇る県でもあります。このビッグサイズのブルーベリーを栽培する農園「森の畑」がある長野県北部は、日本のブルーベリー栽培の発祥地ともいわれ、栽培に適した環境で育てられた果実は、森の中の青い宝石「森のサファイア」と例えられています。直径2.5cm超もある大粒だからこそ楽しめる食感に感動間違いなし!8月9日頃までは現地で摘み取り体験もでき旅先での体験とお土産選びが一緒に出来るのもいいですね。

※掲載情報は 2015/08/08 時点のものとなります。

  • 2
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ご当地土産なら!旅先で押さえたい隠れ名産食材!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ