【6日はロールケーキの日】お店の常連さんも「待ち焦がれる」ロールケーキ5選

【6日はロールケーキの日】お店の常連さんも「待ち焦がれる」ロールケーキ5選

記事詳細


子どもたちはすっかり夏休みの季節。家族旅行にプールにお祭りに花火にと楽しい思い出が残る時間ですね。一方でお母さんは毎日同じものでもいけないし、お友だちが遊びにきたときにどうしよう……と毎日のおやつにちょっと悩む季節かもしれません。一方大人目線では暑中見舞いもかねてちょっとごあいさつや、ホームパーティーにお呼ばれも多くなりますね。いろいろあるスイーツのなかでもそのカタチやふわふわの食感で、誰が食べても幸せな気分になれるのがロールケーキです。

 

今日は6日、ロールケーキの「ロ」と、くるくるっと丸まったロールケーキが「6」の字が巻いているように見えることから「ロールケーキの日」とされています。今回は東京と名古屋で常連さんたちが「待ち焦がれて」しまう絶品ロールをご紹介します!

1:【東京・三田】常連客が待ちわびる南の島から届く「マンゴーのロールケーキ」

【6日はロールケーキの日】お店の常連さんも「待ち焦がれる」ロールケーキ5選

東京・三田で「ママのつくるおやつのような、優しい味のお菓子つくり」を掲げて地元港区の舌の肥えたスイーツ好きをも虜にするグーテ・ド・ママン。こちらのお店では愛情を込めて商品を「子」と呼びますが、夏にやってくる特別な子どもがこちらの宮古島マンゴーロールケーキ」。使われているのは、宮古島マンゴーコンテストで2013年最優秀賞、2014年2位を獲得したグットクロップ宮古島 伊良部さんの畑のマンゴー。販売は年に40日のみという、とても希少価値の高いマンゴーです。それゆえ販売は7月上旬から8月中旬までのわずか1ヶ月半のみ!買えたらラッキーの1年に1度の夏のお楽しみ品です。

2:【東京・南青山】サマーブレイク前のお疲れさまに「ごほうびロール」

【6日はロールケーキの日】お店の常連さんも「待ち焦がれる」ロールケーキ5選

美しいキツネ色の表面に真っ白なクリーム、みるからにふわっとやわらかい生地、これぞロールケーキといった表情のヨックモックの「南青山ロール」。数々のスイーツ店がひしめく東京にあって、このロールケーキのダントツのふわふわ感と控えめな甘さの絶妙なバランスが大のお気に入りで、がんばった自分へのごほうびにしているとベタ惚れなのが、元アナウンサーで日々企業エグゼクティブへコーチングを行っている遠藤里沙さん。この柔らかさの秘訣は卵白をしっかりと泡立てたメレンゲをたっぷりと生地に加えることと、極限までミルクを加えること、そして焼き工程ではたっぷりと記事に蓄えたメレンゲとミルクの水分を保って焼き上げること。ふわふわでしっとり、ロールケーキの魅力をトコトン突き詰めた傑作ロールです。

3:【東京・浅草】浅草の新しいおみやげ&ひと休みに!大迫力クリームの「和三盆ロール」

【6日はロールケーキの日】お店の常連さんも「待ち焦がれる」ロールケーキ5選

夏休みに入って訪れる予定の方も多いでしょう、下町浅草エリア。ここ浅草のランドマーク的ホテルの「浅草ビューホテル」で自慢のロールケーキがあります。こだわりのポイントは「使っているお砂糖」です。四国香川や徳島で大切に作られる純国産の高級砂糖「和三盆」が使われています。その旨みとさっぱりとした甘みから誰が呼んだか「砂糖の王様」といわれるほどのお砂糖、高級和菓子店も指名で使うこのお砂糖をふわふわのケーキ地にそしてド迫力のたっぷりのクリームにと実に贅沢。クリームたっぷりでちょっと甘いかな……と気になりますが、その見た目とは違って、食べてみると実にあっさり。これも和三盆の自然な甘みによるもの。見るからにふんわりな生地にはもうひとつ見逃せないポイント!葛(くず)を練りこんで「もっちり」とした仕上がりなのです。ふわっともっちり、甘さ控えめなのにたっぷりでうれしいクリーム、浅草を歩く際はぜひ味わってみてくださいね!

4:【名古屋】名古屋の喫茶店文化が生んだ新名物「NAGOYAロール」

【6日はロールケーキの日】お店の常連さんも「待ち焦がれる」ロールケーキ5選

お店のあふれる愛情が体言したかのような、独特で個性的な名古屋の喫茶店の文化。サービス精神のカタマリのような『モーニング』、ミスマッチの妙『小倉とクリームの小倉トースト』など、強烈な個性を放ちながら、名古屋を象徴する食として地元名古屋っ子にとどまらず、この土地を訪れる人々を惹きつけています。スイーツコンシェルジュの佐藤ひとみさんがこのなかから紹介してくれたのが、老舗の喫茶店をベースに、本場フランス仕込みのスイーツが楽しめるパティスリー『Cafe TANAKA(カフェ タナカ)』のその名も「NAGOYAロール」です。ラム酒の香り漂うエスプレッソペーストでしっかりめのスポンジ、カットした甘さ控えめのマロングラッセと、決め手の「小倉あん&生クリーム」が巻き込まれた、名古屋の喫茶店文化を日本に伝えるロールケーキです。

5:【名古屋】似顔絵ケーキに隠れた知る人ぞ知る「レモンロール」をチェック!

【6日はロールケーキの日】お店の常連さんも「待ち焦がれる」ロールケーキ5選

ポップでキュートな似顔絵ケーキのオーダーが絶えない名古屋・新栄のMamei de cake(マーメイドケーキ)。お店の個性が際立つこのケーキに隠れて、地元の「常連さん」がこっそり狙って指名買いしていくのがふわふわの「ロールケーキ」です。たまごの自然な甘さと、なめらかな生クリームがやみつきとはその味を知るキュレーターの森朝奈さん。この夏は季節限定品の「レモンのロールケーキ」が登場!ふわふわシフォンケーキ生地に、酸味のきいたレモンカスタードクリームとフレッシュな生クリームの「2層のクリーム」を巻き込んだスペシャルなロール!名古屋へお出かけなら、これは要チェックですね!

※掲載情報は 2015/08/06 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
【6日はロールケーキの日】お店の常連さんも「待ち焦がれる」ロールケーキ5選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ