【7月30日は梅干の日!】梅で夏バテと難を吹き飛ばせ!?

【7月30日は梅干の日!】梅で夏バテと難を吹き飛ばせ!?

記事詳細


皆さん7月30日が「梅干の日」だということをご存知でしたか?そもそも「梅干」は、古来薬としても持ち運び、旅先で黄熱や風土病にかからないように摂取したという記録も残っているそうです。そういった事から、「梅干」は昔から「梅はその日の難逃れ」というような言葉で重宝されてきました。7月30日が「なん(7)がさ(3)る(0)」という語呂合わせで、和歌山県みやべ町の東農園が制定したとのことです。ここ最近全国的にうだるような暑さが続きますが、梅を食べてすっきりできるように、絶品梅商品を紹介いたします!

1:せっかくであれば縁起が良さそうな梅を頂く

【7月30日は梅干の日!】梅で夏バテと難を吹き飛ばせ!?

福岡の太宰府天満宮で取れた梅を漬けて販売されるのが、こちらの「太宰府天満宮 名産 飛梅漬」。袋に入れておくと塩が浮いてくるほど塩分をしっかりと摂取できる梅干。こちらは何でもスポーツ時やスポーツ後の塩分補給でも優秀なのだとか。熱中症対策に塩分、クエン酸を取るよう気遣われる方も多いかと思いますが、こんなに縁起が良さそうな「梅干」で摂取するのは粋ですよね!

2:どうせだったら名物のお餅として梅を頂く

【7月30日は梅干の日!】梅で夏バテと難を吹き飛ばせ!?

太宰府天満宮の梅は有名で、ほかにもご紹介したい商品はございます。「梅ヶ枝餅」がそれです。太宰府天満宮内ではお店が立ち並んでいて、それぞれの「梅ヶ枝餅」が販売されています。それぞれの人がそれぞれ好きな「梅ヶ枝餅」があるみたいです。一番の贅沢は太宰府天満宮でお参りした後で、お気に入りのお店を見つけて、お店の前で頬張るという食べ方です。「梅ヶ枝餅」の言われにも触れた記事は必見ですよ!

3:上品に梅を頂いてみる

【7月30日は梅干の日!】梅で夏バテと難を吹き飛ばせ!?

梅と聞くと梅所とも言われる「和歌山県」を想像する方は多くいらっしゃるかもしれません。ただ、意外にも日本各地で梅の生産が盛んに行われています。こちらの上品な佇まいは「乃し梅」という商品。これは山形で採れた梅を使って作られているものです。このような絵になる商品で梅を摂取できるなら素敵ですよね!また、何故山形で梅の生産が盛んかは、記事で紹介されていますよ!

4:やっぱり梅の産地和歌山は押さえたい、しかもがぶっと

【7月30日は梅干の日!】梅で夏バテと難を吹き飛ばせ!?

梅のイメージを持つ「和歌山」は外せません。王道の紀州梅ですが、こちらはそれを大胆にもハンバーガーにまるっと1個使用した「紀州梅バーガー」!しかも2014年鳥取で開催された「全国ご当地バーガーグランプリ」で見事グランプリを受賞している商品!見た目のインパクトと、ハンバーガーに馴染む紀州梅のバランスが見事なんだとか。これはがぶっと梅を頂きたいですね!

5:梅を味わいながら、そして、しっかりと酔いながら摂取する

【7月30日は梅干の日!】梅で夏バテと難を吹き飛ばせ!?

梅酒って結構甘くて苦手とか、アルコール度数が低いから酔えないという声を聞いたりもします。今回紹介するのは、しっかり辛口で、アルコール度数も高めの「梅酒」。「酸っぱい!」とまで感じるほど糖分を感じさせるこの梅酒は、お酒好きの方のための「梅酒」。こういう梅の摂取も大人の選択としてはありですよね!

※掲載情報は 2015/07/30 時点のものとなります。

  • 0
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
【7月30日は梅干の日!】梅で夏バテと難を吹き飛ばせ!?
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ