日本菓子代表「最中」伝統の餡だけじゃない厳選5品

日本菓子代表「最中」伝統の餡だけじゃない厳選5品

記事詳細


江戸時代から今まで日本を代表する和菓子の中に「最中」があります。平安時代に「水の面に 照る月なみを かぞふれば 今宵ぞ秋の 最中なりける」と平安時代に宮中でよまれた句にちなんで、江戸時代に「最中の月」という菓子が誕生しました。

 

このときの「最中の月」という菓子は、もち米粉に水を加えて、こねたものを蒸して円形にして焼き、砂糖をまぶした干菓子だったそうです。この時にはまだ「最中」のなかには餡はなかったそうですが、その後この「最中の月」で餡を挟んだお菓子「最中饅頭」が売られたそうです。それ以来餡を種で挟んだものが「最中」と言われるようになったという説があります。

 

現代になっても人々に愛されるこの和菓子は、時代とともにその姿を少しずつ変えてきました。今回は、皆さんが大好きな最中の中からそのなかからippinのキュレーターがご紹介頂いた最中をご紹介します。

1:まるでクッキーのような最中

日本菓子代表「最中」伝統の餡だけじゃない厳選5品

明治6年(1873年)日本橋で創業した「中里」では、白焼きの最中の皮を油でさっと揚げ、粒あんをはさんで作られています。まるで、クッキーのような見た目のパリっとした最中。塩けと甘みのバランスが絶妙な和菓子です。

2:お腹の中から大量のあんこが!「切腹最中」

日本菓子代表「最中」伝統の餡だけじゃない厳選5品

新橋4丁目に店を構える「新正堂」の看板商品は「切腹最中」です。あんがぎっしり詰まったこの最中は、まるで切腹したお腹に見えます。高級大豆を使用した「あん」が、パリッとした皮にとてもよく合います。「腹を割って話しましょう」というメッセージとともに、ビジネスマンにも人気があるそうです。

3:横浜の老舗和菓子屋がつくる縁起のいい最中

日本菓子代表「最中」伝統の餡だけじゃない厳選5品

横浜にある和菓子屋の老舗「喜月堂」。”あんこオニ盛り”で有名なこちらの「喜最中」は、この量をもってしてもくどくはない職人の技が光る最中です。名前もとても縁起のいいこの最中は、手土産にぴったりのスイーツです。

4:薔薇と梨のコラボレーション最中

日本菓子代表「最中」伝統の餡だけじゃない厳選5品

千葉県市川市は、戦後から市をあげて「バラのあふれる街」を目指しています。そんな街で生まれたのが、薔薇最中。餡には、市川名産の梨のピューレが使用されていてフルーティーな最中を味わえます。

5:かわいいキャラクターとピーナッツの味が人気の秘訣!

日本菓子代表「最中」伝統の餡だけじゃない厳選5品

成田山新勝寺の門前町にて明治時代に創業した老舗和菓子店「なごみの米屋」。こちらの名物は「ピーナッツ最中です。ピーナッツの味わいが絶妙です。おいしさの他に、人気の秘密はそのかわいいパッケージにあります。価格もお得で、結婚式のギフトとしても人気です!

※掲載情報は 2015/06/23 時点のものとなります。

  • 2
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
日本菓子代表「最中」伝統の餡だけじゃない厳選5品
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ