【日本三大祭】赤坂・日枝神社山王祭の「御順路」グルメ練り歩き!

【日本三大祭】赤坂・日枝神社山王祭の「御順路」グルメ練り歩き!

記事詳細


東京・赤坂の日枝神社で開催される「山王祭」をご存知でしょうか?その歴史は古く江戸幕府三代将軍徳川家光時代から脈々と続く江戸の一大行事、三社祭、神田祭とならんで江戸三大祭りとしてだけでなく、京都の祇園祭、大阪の天満まつりとならんで日本三大祭りにも数えられています。最大の見どころは、東京のど真ん中を総勢500名、300メートルに渡って優雅な行列が練り歩く2年に一度の「神幸祭」。今年は残念ながら行列の予定はありませんが、これに代わる「御順路」グルメ巡りをご提案。御順路を辿りながら東京が誇る名品、一流ホテルの隠れた逸品までをまとめてチェック!練り歩いたあとはお祭りの本社、日枝神社で厳かに執り行われる事を楽しみましょう!「茅の輪くぐり」という、夏の暑さによる厄災を払うための神事は、参加してくぐることができますよ!

【四ッ谷】最初のスポット四ッ谷で味わう老舗かすてら

【日本三大祭】赤坂・日枝神社山王祭の「御順路」グルメ練り歩き!

まずは「神幸祭」のスタート地点付近にある四ッ谷からグルメ練り歩きスタート!「坂本屋」は、1897年(明治30年)に創業した老舗の和菓子店。「かすてら」は、卵、砂糖、小麦と、いずれも吟味した材料のみを使い、昔ながらの製法で、毎日1枚1枚丁寧に焼き上げたもの。手作り感あふれる素朴な味わいで、底のザラメ糖のシャリッとした食感も楽しめます。カステラというと長崎といった連想もありますが、江戸時代に伝わった後、脈々と受け継がれてきた「江戸前のカステラ」というのも粋なお菓子です。

【丸の内】デラックスホテルの大人の粋なスイーツ

【日本三大祭】赤坂・日枝神社山王祭の「御順路」グルメ練り歩き!

四谷から麹町、市ヶ谷を経て半蔵門と進み、丸の内エリアへ。東京駅から至近で豊かな自然を臨む、最高の立地にある「パレスホテル東京」で販売されている【日本酒ケーキ「壱ノ壱ノ壱」】はまさに大人のスイーツ!芳醇な日本酒の香りを楽しんでいただきたいという思いが込められたケーキは、口に含むと、確かに上品で豊かな日本酒の香りが。ホテルオリジナルの純米吟醸酒である壱ノ壱ノ壱と、新潟の銘酒「八海山」の酒粕で風味を効かせています。

 

祭りの熱気を味わいながらちょっと一息つきたい時に味わいたいですね。

【東京駅】150周年記念!東京ジャンドゥーヤチョコパイ

【日本三大祭】赤坂・日枝神社山王祭の「御順路」グルメ練り歩き!

いわずと知れた東京グルメの密集地、東京駅からは、イタリア・トリノの老舗チョコレートブランド 「カファレル」が作り出すジャンドゥーヤをセレクト。その世界最高峰のシャンドゥーヤを使用した、店舗限定の商品「東京ジャンドゥーヤチョコパイ」は、ジャンドゥーヤチョコレート誕生150周年記念の一環として、東京駅グランスタ店のみにて発売が開始されました。ひと口ほおばると、パイ生地はサクッ、はらっとほどける軽く儚い食感。中から濃厚なジャンドゥーヤチョコレートのクリームがあらわれ、ヘーゼルナッツの風味豊かな味わいが口いっぱいに広がり、馨しい香りが鼻腔から抜けていきます。東京の玄関口、東京駅にある期間限定ショップ、見逃せません。

【銀座】今も変わらぬレシピ、元祖鶏の唐揚げ

【日本三大祭】赤坂・日枝神社山王祭の「御順路」グルメ練り歩き!

ルートはさらに進み、いよいよ東京きってのショッピングエリアである銀座・日本橋へ。お昼時の腹ごなしには、銀座・三笠会館の人気料理「鶏の唐揚げ」がおすすめ。冷めてもカラリと美味しい鶏の唐揚げは ビールや白ワインとも相性バツグン。お勧めの食べ方は 白ゴマ塩をつけながら がぶりと手掴みで。お持ち帰りのBOXにはカットレモンも、辛子も、紙ナプキンも、おしぼりも添えられて気が利いています。大正14年から銀座の街を見続けてきた老舗の味、期待を裏切らない正統派の唐揚げで腹ごなし。

【銀座】ジメジメっとしたこの時期は、センスが光るフレーバーで!

【日本三大祭】赤坂・日枝神社山王祭の「御順路」グルメ練り歩き!

午後の暑い時間帯でほしくなるのは冷たいもの、ということで、ここではアイスキャンディーをご紹介。銀座のスイーツショップ「NOAKE(野空)」のそれは、違いのわかる大人向け、こだわりのアイスキャンディーです。「苺とバラ」、「みかんとハチミツ、桂花陳酒」、「りんごとカモミールティー」、「ピオーネとクレーム ドゥ カシス」、「白桃とバニラ」と、いずれもヒネリの効いた上質な果実のフレーバー揃い。どこか懐かしさを感じるアイスキャンディーでありながら、斬新でスタイリッシュ、せっかくの雅なお祭り、見るほうも優雅に涼んでみては?

【日比谷】「帝国ホテル」老舗ホテルで味わう贅沢な一品

【日本三大祭】赤坂・日枝神社山王祭の「御順路」グルメ練り歩き!

歴史ある重さに胸を抱いてしまう「帝国ホテル」。そのベーカリーが特別に焼いた、赤いリボンに包まれたパンバスケット「ガルガンチュワサンドイッチ」は、パーティー界の王様です。素敵なデコレーションがなされていて、蓋をあけると、ハム、スモークサーモン、チキンサラダ、カニサラダのサンドイッチがびっしりと詰め込まれ、真ん中にはベリー類を中心としたフルーツがいっぱい詰まっています。

【赤坂】和菓子と漆器のコラボレーション

【日本三大祭】赤坂・日枝神社山王祭の「御順路」グルメ練り歩き!

最後は「神幸祭」御順路の締めくくり!日枝神社のお膝元は赤坂にある「漆器 山田平安堂」の美しいお重に「赤坂 青野」の和菓子がつまったセットをご紹介。「山田平安堂」は、創業1919年の老舗・漆器専門店。「赤坂青野」は、創業1899年の老舗・和菓子屋。2つの老舗の技の融合により実現した、日本の文化に誇りをもてる逸品です。日本の四季・日本の心が詰まった世界に誇れる日本の食文化のひとつ【和菓子】と、日本の伝統行事に家庭の食卓にと様々なシーンで活用され、日本の伝統文化・食文化を語る上で欠かせない存在である【漆器】という夢のコラボ。祭り気分を味わいながら、日本の美を感じてみませんか。

※掲載情報は 2015/06/13 時点のものとなります。

  • 2
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
【日本三大祭】赤坂・日枝神社山王祭の「御順路」グルメ練り歩き!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ