鎧塚シェフが新作スイーツを作るほど惚れたイチゴ『やよいひめ』

鎧塚シェフが新作スイーツを作るほど惚れたイチゴ『やよいひめ』

記事詳細


紹介している商品


美しい橙赤色の群馬の『やよいひめ』

皆が大好きなフルーツのひとつ、いちご。本来の露地栽培は春から初夏が旬ですが、クリスマスシーズンから出荷量が増えることもあり、現在はハウス栽培がメインで、冬から春にかけてのフルーツとなっています。今回は群馬県の『やよいひめ』という、いちごを紹介します。

鎧塚シェフが新作スイーツを作るほど惚れたイチゴ『やよいひめ』

『やよいひめ』は、群馬の『とねほっぺ』と栃木の『とちおとめ』を交配して生まれた品種です。大粒で上品な橙赤色(とうせきいろ)の実で、糖度が高く、まろやかな酸味が特徴。一般的に、いちごは気温が高くなると、色が黒ずんだり果肉が柔らかくなりやすいのですが、収穫時期が3月(旧暦で弥生)になっても、美しい色としっかりとした実を保っています。昨年は観測史上経験のない規模の大雪が群馬県を襲い、県内のビニールハウスの半数が倒壊。農家さんの被害は甚大でしたが、栽培・出荷再開のため皆さん頑張ってらっしゃいました。

人気パティシエ鎧塚氏×やよいひめ

鎧塚シェフが新作スイーツを作るほど惚れたイチゴ『やよいひめ』

そんな『やよいひめ』と世界的なパティシエ鎧塚俊彦氏がコラボし、新作スイーツが生まれました。その名も、『春のおとずれ“やよいひめ” Arrivee du printemps YAYOIHIME』。鎧塚氏といえば、一夜城ヨロイヅカファーム(神奈川県小田原市)という、農場付きのパティスリーがあることでもわかるように、フルーツやハーブ類など、素材へのこだわりが非常に高い方です。そんな彼の手によって、『やよいひめ』が季節を感じる、なんともキュートな姿になって登場しました。中にいちごジャムが入った真っ白な練乳ムースの下には、可愛らしいピンク色のフワフワいちごソース。いちごと練乳はゴールデンコンビですから、合わないはずがありません。その上に、柚子のアイスクリームが入った飴細工のカゴが乗っています。

鎧塚シェフが新作スイーツを作るほど惚れたイチゴ『やよいひめ』

お皿の縁には、フリーズドライの『やよいひめ』を使ったいちごシュガーがふわり。初めは「いちごと柚子って合うのかな?」と思ったのですが、実際に食べてみると、『やよいひめ』の味を活かしつつ、柚子という別の酸味が素晴らしいアクセントになっていました。鎧塚氏は「いい素材を使うほどプレッシャーを感じます。『やよいひめ』は、色がキレイで酸味と甘みのバランスがとってもいいので、そのまま食べても十分美味しい。その良さを残しつつ、さらに別の酸味で味を膨らませることにしました」とおっしゃっていました。

鎧塚シェフが新作スイーツを作るほど惚れたイチゴ『やよいひめ』

3月18日(水)から31日(火)までの期間限定で、Toshi Yoroizuka六本木ミッドタウン店でイートインのみの提供です。「やさしい気持ちでほんわか食べてほしい。六本木だけに六感で楽しめますよ」。

一気に暖かくなっていく3月は、一流パティシエも注目する『やよいひめ』から目が離せませんね!

※掲載情報は 2015/03/13 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
鎧塚シェフが新作スイーツを作るほど惚れたイチゴ『やよいひめ』
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

椿

ご当地グルメ研究家/日本外食リサーチ&PR協会理事​

椿

日本全国の美味しいモノを世の中に残すために日々奮闘中。「その地域で長く愛されているローカルフード」を探し、そこに如何に根付いているのかを研究。職業は“テレビの中の人”。WEB、雑誌などでも、グルメ情報に関するリサーチ・取材・レシピ提供・寄稿を行っている。耕作放棄地を再び田んぼにして酒米を作り純米酒にする「僕らの酒プロジェクト」に参加。
日本外食リサーチ&PR協会理事​

次へ

前へ