宮崎の奥深い山村で見つけた至宝の調味料

宮崎の奥深い山村で見つけた至宝の調味料

記事詳細


紹介している商品


辛いいだけではなく、料理に味わいの深さを与えてくれるまさに和の旨みスパイス

宮崎の奥深い山村で見つけた至宝の調味料

宮崎県諸塚村。といっても知っている人はほとんどいないかもしれません。ここで言いたい。「日本の村」って素晴らしいところなんだぞ、って。人気の観光地巡りのあとはぜひ村を巡ってみましょう。

さて、諸塚村。ちょうど九州のど真ん中あたりでしょうか。いわゆる天孫降臨の地のひとつと言われる「高千穂」の一角ですね。空港からも遠く、駅もありません。道も狭く、“ぽつんと一軒家”がたくさんあるぞ!的な雰囲気が漂う村です。このエリアは山深い近隣の町村とともに2015年「高千穂郷・椎葉山の山間地農林業複合システム」として世界農業遺産に認定されており、持続可能な自然と人間との営みが守られているところです。

 

3月に初めて訪れたときに役場の方にご案内いただいたのが七ツ山地区で味噌や柚子加工品、お弁当などを製造している七ツ山婦人加工グループの製造拠点でした。幹線道路(といっても超狭いですが)から山を上り数キロ。山の中腹に佇む小さな工場は実に活気にあふれたところでした。

代表の日吉和美さんほか集落のスタッフは交代でほぼ毎日加工品製造に従事し、自宅に帰ると農作業や家事など「いや~休む暇なんてないのよ~」。皆さん、おしゃべりが達者で和気あいあいと楽しそう。今回ご紹介する調味料はにんにくと柚子を使った唐辛子ベースのもの。もちろんすべての素材が地元産で当たり前のように無添加無化調です。辛いだけではなく、料理に味わいの深さを与えてくれるまさに和の旨みスパイス。

味噌汁に入れると香りが湧きたち、ほんのりとした上品な辛さが食欲を高めます。納豆に入れるのもいいですね。なにか血の巡りがよくなって免疫力が上がった気になります。

 

宮崎県諸塚村ぜひチェックしてみてください。

 

諸塚村公式サイト

https://www.vill.morotsuka.miyazaki.jp/

※掲載情報は 2021/04/09 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
宮崎の奥深い山村で見つけた至宝の調味料
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

嶋啓祐

フードビジネスデザイナー

嶋啓祐

全国の農村漁村をくまなく巡り、そこで使うホンモノの素材を探すことをライフワークにしています。ホンモノはいつも隠れているものです。全国の肥沃な土地で、頑固で不器用な生産者が作る「オーガニックな作品」を見つけて、そこ料理人が少し手を加える。それが「ホンモノの料理」です。注目しているのは島根(出雲、石見、隠岐)、石川(能登)、佐渡、岩手(釜石、紫波、雫石)、宮城(石巻)北海道(網走)など。毎月足を運び、民泊に泊まり、地元の方々とのコミュニケーションを作るのが楽しみです。総合情報サイト、オールアバウトでフレンチを書き続けて13年になり、書いた記事は380本に上ります。趣味は全国の神社巡りとご朱印集め。自然豊かな日本全体が食の宝庫です。自然、風土、生産者、素材、そして流通と料理人とその先にいる顧客。食に関わるすべての方が幸せになるような「デザイン」を仕事にしています。1963年に北海道は砂川(日本一美味しいお米がとれる)で生まれ、18歳上京。大好物はイクラ、クレソン、納豆、ハーブ、苦手なのは天津丼(食べたことがない)、奈良漬、豚足、酢豚、焼酎。

次へ

前へ