島根県「萩・石見空港」敷地内でとれた「空港はちみつ」を使用したタルト

島根県「萩・石見空港」敷地内でとれた「空港はちみつ」を使用したタルト

記事詳細


紹介している商品


第3回ハニーオブザイヤーを受賞した「空港はちみつ」を使用した「萩・石見空港はちみつタルト」

島根県「萩・石見空港」敷地内でとれた「空港はちみつ」を使用したタルト

萩・石見空港。山口県と島根県の日本海側県境、益田市にある空港でANAが1日2便東京と行き来しているのどかなローカルエアポートです。ちなみに益田市は日照時間が最も長い町として有名で、11月中旬に訪れた際に驚いたのは夕方5時でも明るくてびっくり。なんとなく春も一番早く来そうな綺麗な街です。

 

街の玄関ともいえる萩・石見空港横の丘の上では全国でも珍しく、空港に養蜂場があるのです。春先からミツバチがぶんぶんと飛び交い、賑やかに蜜を集めているではありませんか!雨が少ない温暖な気候と長い日照時間という好環境のなか、生産量は多くはないものの、味わい深い蜂蜜が生れています。

 

そのはちみつを使った商品開発も盛んで、今回ご紹介するのは「タルト」。これは手の込んだものではなく、気軽に日々のおやつとしていただけるもの。パッケージを開けるとほんのりとはちみつの香りが漂い、さくっとした食感ととともにふわっとした甘みが人がります。

 

お値段も10個入りで1,100円(税込)とお手頃価格でになっています。箱も青空が広がるイメージを再現し、お土産で受け取った方もきっと晴れ晴れとした気分になるでしょう。

 

メジャーな空港ではありませんが、地域に根付いた静かな空の玄関口。そこに飛び交うミツバチは多くのスイーツを生み出し、小さな貢献を続けています。萩・石見空港はちみつタルト、ちょっとしたお土産やお取り寄せギフトにおススメです。

島根県「萩・石見空港」敷地内でとれた「空港はちみつ」を使用したタルト

※掲載情報は 2020/02/14 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
島根県「萩・石見空港」敷地内でとれた「空港はちみつ」を使用したタルト
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

嶋啓祐

フードビジネスデザイナー

嶋啓祐

全国の農村漁村をくまなく巡り、そこで使うホンモノの素材を探すことをライフワークにしています。ホンモノはいつも隠れているものです。全国の肥沃な土地で、頑固で不器用な生産者が作る「オーガニックな作品」を見つけて、そこ料理人が少し手を加える。それが「ホンモノの料理」です。注目しているのは島根(出雲、石見、隠岐)、石川(能登)、佐渡、岩手(釜石、紫波、雫石)、宮城(石巻)北海道(網走)など。毎月足を運び、民泊に泊まり、地元の方々とのコミュニケーションを作るのが楽しみです。総合情報サイト、オールアバウトでフレンチを書き続けて13年になり、書いた記事は380本に上ります。趣味は全国の神社巡りとご朱印集め。自然豊かな日本全体が食の宝庫です。自然、風土、生産者、素材、そして流通と料理人とその先にいる顧客。食に関わるすべての方が幸せになるような「デザイン」を仕事にしています。1963年に北海道は砂川(日本一美味しいお米がとれる)で生まれ、18歳上京。大好物はイクラ、クレソン、納豆、ハーブ、苦手なのは天津丼(食べたことがない)、奈良漬、豚足、酢豚、焼酎。

次へ

前へ